第524回:花の都で「日産リーフ」大増殖!
どうするヒュンダイ!?

2017.10.20 マッキナ あらモーダ!

若き元市長の活躍

2017年10月15日、オーストリアの総選挙でセバスティアン・クルツ氏(31歳)率いる国民党が勝利した。これにより、欧州最年少のリーダー誕生が現実味を帯びてきた。

同じ2017年に当選したフランスのエマニュエル・マクロン新大統領の39歳という記録は、あっけなく塗り替えられた。さらに遠い記憶となってしまったのは、2014年2月、マクロン氏と同じ39歳のときイタリア史上最年少で首相に就任したマッテオ・レンツィ元首相である。

そのレンツィ氏は首相になる直前、「花の都」として知られるフィレンツェ市の市長を務めていた。在任期間はわずか4年半。市民の中には、レンツィ氏が市長職を首相への踏み台代わりにしたという印象を抱く人がいるのも事実だ。

そんなレンツィ氏が短い市長時代に力を入れたことのひとつに、交通政策がある。まずは、2010年に開通した市電1号線だ。以前から計画されていながら遅々として進んでいなかったものが、ようやく実現へとこぎつけた。さらに、翌2011年には、本エッセイ第336回で紹介したとおり、旧市街の永久歩行者天国化を実現した。

レンツィ市政が終わってからは、市内の交通に関する大きなニュースも途絶えていた。市内から空港までを結ぶ第2の市電も2度にわたる工期延長により、着工後6年たった今も開通していない。

ひさしぶりに訪れた、フィレンツェ旧市街にて。いきなり「日産リーフ」のタクシーが増えていた!
ひさしぶりに訪れた、フィレンツェ旧市街にて。いきなり「日産リーフ」のタクシーが増えていた!拡大
2010年に開通したフィレンツェ市電1号線。2017年には終点駅に隣接した公共駐車場が完成。高速道路「太陽の道」にも直結しているため、郊外からのパーク&ライドが可能になった。
2010年に開通したフィレンツェ市電1号線。2017年には終点駅に隣接した公共駐車場が完成。高速道路「太陽の道」にも直結しているため、郊外からのパーク&ライドが可能になった。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産、航続距離を向上させた「リーフe+」を追加設定 2019.1.9 自動車ニュース 日産自動車は2019年1月9日、電気自動車「リーフ」にパフォーマンスと航続距離を向上させた「リーフe+(イープラス)」を追加設定し、同年1月23日に発売すると発表した。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
ホームへ戻る