第65回:「ちょっとやってみていーですか」

2017.10.31 カーマニア人間国宝への道

ウオーターポンプ事件

尾上メカ「ダメだ。ウオーターポンプ本体からも漏れてるや」

私「え? 本体に亀裂が入ってるってこと?」

尾上「うん。ここ。クーラントにじんできてるでしょ」

ホースバンド交換後の確認のため、冷却回路に圧力をかけたらにじみが出たというのだが、シロートの私が見てもまったくわかりませんでした。その程度の、目に見えないくらいのクラックです。走行中水漏れが止まったのは、そっちも「熱膨張でしょうね」つーことで。

思えば、赤い玉号はちょうど30歳。クルマの30歳は人間の年齢でいえば90歳くらいでしょうか? そろそろウオーターポンプがヘタっても当たり前だ。

ちなみに新品ウオーターポンプのお値段は13万6000円。これはアフターパーツの価格で、純正品だと30万円くらいだとか。国産車なら1万円くらいなので、目ン玉が飛び出る価格でありますが、なにせネオクラシックなフェラーリ様の部品でありますし、30年持ってくれたと思えば納得であります。

このようにして水漏れ問題は原因が判明し、私の心はいよいよアライメント調整に飛んだ。

尾上メカの「アライメントだけであんなにハンドルが軽くなるはずがない」という意見には同意するしかないが、なにせそれ以外に原因が思い当たらないし、とにかく測定してみないことには始まらないので!

“赤い玉号”のエンジンルーム。右側にエアフィルターがある。
“赤い玉号”のエンジンルーム。右側にエアフィルターがある。拡大
エアフィルターへのダクトのゴムもちぎれていた。なにせ30歳ですから。でも走行にはまったく支障ナシ。
エアフィルターへのダクトのゴムもちぎれていた。なにせ30歳ですから。でも走行にはまったく支障ナシ。拡大
ウオーターポンプ本体の水漏れ箇所。シロートが見てもどこだかまったくわからない。
ウオーターポンプ本体の水漏れ箇所。シロートが見てもどこだかまったくわからない。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事