クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第65回:「ちょっとやってみていーですか」

2017.10.31 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

ウオーターポンプ事件

尾上メカ「ダメだ。ウオーターポンプ本体からも漏れてるや」

私「え? 本体に亀裂が入ってるってこと?」

尾上「うん。ここ。クーラントにじんできてるでしょ」

ホースバンド交換後の確認のため、冷却回路に圧力をかけたらにじみが出たというのだが、シロートの私が見てもまったくわかりませんでした。その程度の、目に見えないくらいのクラックです。走行中水漏れが止まったのは、そっちも「熱膨張でしょうね」つーことで。

思えば、赤い玉号はちょうど30歳。クルマの30歳は人間の年齢でいえば90歳くらいでしょうか? そろそろウオーターポンプがヘタっても当たり前だ。

ちなみに新品ウオーターポンプのお値段は13万6000円。これはアフターパーツの価格で、純正品だと30万円くらいだとか。国産車なら1万円くらいなので、目ン玉が飛び出る価格でありますが、なにせネオクラシックなフェラーリ様の部品でありますし、30年持ってくれたと思えば納得であります。

このようにして水漏れ問題は原因が判明し、私の心はいよいよアライメント調整に飛んだ。

尾上メカの「アライメントだけであんなにハンドルが軽くなるはずがない」という意見には同意するしかないが、なにせそれ以外に原因が思い当たらないし、とにかく測定してみないことには始まらないので!

“赤い玉号”のエンジンルーム。右側にエアフィルターがある。
“赤い玉号”のエンジンルーム。右側にエアフィルターがある。拡大
エアフィルターへのダクトのゴムもちぎれていた。なにせ30歳ですから。でも走行にはまったく支障ナシ。
エアフィルターへのダクトのゴムもちぎれていた。なにせ30歳ですから。でも走行にはまったく支障ナシ。拡大
ウオーターポンプ本体の水漏れ箇所。シロートが見てもどこだかまったくわからない。
ウオーターポンプ本体の水漏れ箇所。シロートが見てもどこだかまったくわからない。拡大

激軽ハンドルに潜む謎

それについて数週間前、中谷明彦氏はこんなことを言ってくれていた。

「『328』のハンドルが軽い? それ、キャスターついてないんじゃないの。事故車でボディー全体が縮んでるとかで(笑)」

23年前、中谷氏は私の「348tb」に試乗し、「ダンパーの中身、水なんじゃないの」とボロクソ言ってくれたが、相変わらずの毒舌であった。

キャスター角とは、自転車でいえばフロントフォークの角度で、直進性を出すために必要だ。これがあることで直進状態に戻ろうとする力も発生し、角度が浅かったりゼロだったりすると、ハンドルがカルカルになるはず。

しかし私はキャスター角は調整できないと思っていたし、「事故車でボディーが縮んでる」説にいたっては笑って済ませるしかないので、「まさか~」と笑って済ませていたのであった。

しかしその後、“跳ね馬を2000台直した男”平澤雅信氏へのインタビューの際、氏も「キャスターかもしれないですね」と指摘した。

私「えっ! 328ってキャスターも調整できるんですか!?」

平澤氏「できますよ。シムで」

そーだったのかぁ! さすが準レーシングカー的作りを誇るフェラーリ様!

となると、キャスター角が浅い説はかなり有力だ。ひょっとして歴代オーナーのうちの誰かが、「パワステないからハンドルが重くてかなわん。なんでもいいから軽くしてくれ!」とリクエストし、それに応えるべくどこかのメカがキャスターを限界まで浅く調整していたとしたら――。つじつまが合うような気がする! よって私は、早くアライメントを測定してみたくて仕方なかったのだ。

レーシングドライバーで、中谷塾 塾長も務める中谷明彦氏と。毒舌は健在であった。
レーシングドライバーで、中谷塾 塾長も務める中谷明彦氏と。毒舌は健在であった。拡大
“跳ね馬を2000台直した男”、アリアガレージの平澤雅信氏。
“跳ね馬を2000台直した男”、アリアガレージの平澤雅信氏。拡大

そこに解はあるのか!?

そこに登場したのは、尾上サービスの新加入メカ・酒井君だった。

酒井「あの~、ハンドルが軽い件で、ちょっと試してみたいことがあるんですけど」

彼が試したいと言い出したのは、ステアリングシャフトのユニバーサルジョイントの調整だった。

私には、言ってる意味がほとんどわからなかったが、彼は寡黙なタイプで、それ以上のことは説明してくれない。

つーか会話を交わすのも初めてだった。私が彼について知っていたのは、髪は金髪、愛車は「930ターボ」で、それにメチャメチャ手を入れているディープなカーマニアということくらいである。

ユニバーサルジョイントとは、日本語では「自在継ぎ手」だが、その調整でカルカルハンドルが直るなんて、私には想像もつかない。つかないが、「ちょっとやってみていーですか」と言われたので、「うん! なんでもやってみて!」と元気よく答えた私だった。

その日はそのまま岡田ピーの激安オペルで帰宅。3日後、尾上メカから連絡が入った。

尾上「水漏れが直ったので、コーナーストーンズの方に持ってってあります。それと、カルカルハンドルも直りました」

私「えええええっ!? あの酒井君の調整で!?」

尾上「ええ。僕が乗った感じ、直ってますよ」

どどどど、どーゆうことだろう!?

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

尾上サービスの酒井メカ。
尾上サービスの酒井メカ。拡大
寡黙に作業する酒井メカ。
寡黙に作業する酒井メカ。拡大
ステアリングシャフトのユニバーサルジョイント。ココの調整でカルカルハンドルが直ったのか!?
ステアリングシャフトのユニバーサルジョイント。ココの調整でカルカルハンドルが直ったのか!?拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。