スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表

2017.10.27 自動車ニュース
「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「S208」。写真は「NBR CHALLENGE PACKAGE」のカーボンリアウイング装着車。
「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「S208」。写真は「NBR CHALLENGE PACKAGE」のカーボンリアウイング装着車。拡大

スバルは2017年10月25日、スバルテクニカインターナショナルと共同開発した「S208」を発表した。

 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大

目指したのは“究極のドライビングカー”

S208は、「Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー」として開発された、「スバルWRX STI」をベースとした高性能スポーツモデルである。2015年に発売した「S207」に対して、加速性能の向上や、カーボンルーフの採用による低重心化などの改良がされている。

エンジンは独自のチューニングが施された2リッター水平対向4気筒ターボで、最高出力329psを発生。足まわりについてはギア比を11:1とクイックにしたステアリング機構や、フレキシブルタワーバーをはじめとしたSTIのパーツ類、可変減衰力サスペンション「DampMatic II」(フロント)、前後輪のアクティブトルクベクタリング機構の採用などにより、強靱(きょうじん)でしなやかな乗り味とシャープなコーナリング特性を実現したという。

また、BBS 19インチ鍛造アルミホイールや、255/35R19サイズの高性能タイヤ「ダンロップ SPORT MAXX RT」、ドライカーボントランクリップスポイラーの装着により、動力性能も強化。大型フロントアンダースポイラーやRECAROバケットタイプフロントシート、専用スポーツメーターなども装備している。

さらに、WRX STIが参戦し続けているニュルブルクリンク24時間レースを想起させるモデルとして、ドライカーボンルーフや「S208」のロゴ入りドライカーボンリアスポイラーを採用した、「NBR CHALLENGE PACKAGE」も設定。ボディーカラーは「WRブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」の2色とし、NBR CHALLENGE PACKAGEには「クールグレー・カーキ」も用意している。

販売台数はS208全体で450台。このうち、NBR CHALLENGE PACKAGEは350台までの限定となっている。購入に際しては、受け付け期間中(2017年10月26日から11月12日まで)に販売店での商談エントリーが必要で、販売台数を上回るエントリーがあった場合は抽選が行われる。

価格は以下の通り。

  • 標準仕様:626万4000円
  • NBR CHALLENGE PACKAGEカーボントランクリップ:689万0400円
  • NBR CHALLENGE PACKAGEカーボンリアウイング:710万6400円

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX STI, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • 「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場 2018.7.19 自動車ニュース 「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「タイプRA-R」が500台限定で登場。STIの創立30周年を祝う記念モデルで、最高出力を329psに高めたEJ20型エンジンの採用や、装備を簡素化してまでの軽量化などを通して車両運動性能が高められている。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
ホームへ戻る