第528回:珍品ミニカーもざっくざく!
メルカリよりも面白いイタリアの骨董市

2017.11.17 マッキナ あらモーダ!

あの名作イタリア映画の街で

中部トスカーナの都市アレッツォは、人口9万9000人。この街はイタリア映画『ライフ・イズ・ビューティフル』の舞台となったことで知られる。

そしてもうひとつ有名なのが、毎月第1日曜日とその前日の土曜日に開催されるアンティーク市だ。

始まりは1968年。地元の骨董(こっとう)商イヴァン・ブルスキが町おこしのために催したものだった。今日では毎回約400店が軒を連ねるようになり、欧州屈指のアンティーク市となっている。

基本的に出店できるのは商業者登録をしたプロフェッショナルたちである。そうすることによって、この業界につきまとう怪しげなイメージを少しでも払拭(ふっしょく)しようという努力がうかがえる。

アレッツォのアンティーク市にて。2017年11月撮影。
アレッツォのアンティーク市にて。2017年11月撮影。拡大
アンティーク市では、懐かしい8mmフィルムカメラや映写機の専門屋台も。
アンティーク市では、懐かしい8mmフィルムカメラや映写機の専門屋台も。拡大
コダックのインスタントカメラ(中央)。1970年代中盤にポラロイドのライバルとなるべく登場したものの、ポラロイドが起こした特許権侵害裁判に破れて消滅した。
 
コダックのインスタントカメラ(中央)。1970年代中盤にポラロイドのライバルとなるべく登場したものの、ポラロイドが起こした特許権侵害裁判に破れて消滅した。
	 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事