第529回:簡単に手に入ると思うなよ!?
イタリアにおける中古車購入への道

2017.11.24 マッキナ あらモーダ!

ねらうは「カンパニーカー崩れ」

歌手の千 昌夫が1980年にリリースした、中山大三郎作詞・作曲による「味噌汁の詩」という歌があった。タイトルの「味噌汁」のほか、「寝るのはふとん」「下着はふんどし」……と日本固有のアイテムが登場する。

その直後に、「金髪だけはいいんじゃないべかねえ」と、千氏の夫人が米国人だったことに絡めて、笑いを誘う“落ち”があった。

ボクが住むイタリアは、気候もよく料理もうまく、美女も多い。でも……というのが今回の話である。

イタリアでは新古車やメーカー認定中古車の人気が、日本とは比べ物にならないくらいほど高い。具体的にどんな車両かというと、ひとつは販売店が目標台数クリアのためにお客がいないまま登録してしまった「0km車(イタリア語でキロメトロゼロ)」。もうひとつは「カンパニーカー(イタリア語でアツィエンダーレ)崩れ」だ。イタリアでは、販売店がセールスマンの福利厚生のために一定期間通勤用に貸与したあと放出されるクルマがたくさんある。ボク自身も過去、手に入れたことがあった。

わが家のクルマも、来年の2018年で10年落ちとなる。そろそろ買い替えるか? と思い立った。次のクルマの条件として欲しいのは「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」である。

イタリアにおけるメーカー認定中古車の展示場。アダプティブクルーズコントロール(ACC)付きの車両は、この国では極めて少ない。
イタリアにおけるメーカー認定中古車の展示場。アダプティブクルーズコントロール(ACC)付きの車両は、この国では極めて少ない。拡大
先日、フランス・パリでレンタカーを借りたら、こちらからは指定していないのにACC付きの個体に当たった!
先日、フランス・パリでレンタカーを借りたら、こちらからは指定していないのにACC付きの個体に当たった!拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事