第71回:カトパンと結婚したいかぁ!!

2017.12.12 カーマニア人間国宝への道

原点回帰へ!

赤い玉号はついに仕上がった!

確認のため、東名経由で箱根のワインディングを走ったが、中立付近のステアリングインフォメーションが皆無で、何が何だかサッパリわからなかったハンドリングは、まったく正常になっていた。

ここではあえて“正常”という言葉を使い、最高とか無上とかの形容詞は避けたが、それは掛け値なしの“正常”だった。

つまり、金髪リーゼントの酒井君や、フェラーリを2000台直したメカニックの平澤さんがいかにいい仕事をしてくれても、「328」らしいハンドリングの難しさや曖昧さが消え、キレッキレの「458イタリア」のようになるわけはなく、それはあくまで328だったということ。しかしそれこそ私が望んでいた姿だ。

ハンドリングはフツーで十分。フツーといっても、うまく走らせるには相当レベルのコツやスキルが必要だが、いまさら速く走りたいわけじゃないし、カンタンすぎたら逆につまんないし、それで何の問題もない。

もう私は、脳振とう寸前の超絶加速や、UFOの如(ごと)き直角ターンは卒業して、まったり走ってとろけるような快音を発する、ただ美しいだけの自動車芸術へと、原点回帰を果たしたのだ!

それは、個人的には、22年前に出版された『そのフェラーリください!』(三推社レッドバッジカーライフシリーズ:もちろんとっくに絶版)の世界である。

「フェラーリ328GTS」のステアリングはついに解決した!(写真=池之平昌信)
「フェラーリ328GTS」のステアリングはついに解決した!(写真=池之平昌信)拡大
筆者が22年前に上梓(じょうし)した『そのフェラーリください!』。
筆者が22年前に上梓(じょうし)した『そのフェラーリください!』。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
ホームへ戻る