ホンダ・シビック タイプR(前編)

2017.12.28 谷口信輝の新車試乗 谷口 信輝 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「ホンダ・シビック タイプR」である。「シビックである以前に、理想のFFスポーツカーである」とうたわれる新型。そのハンドリングで一番変わったのはどこか。谷口がじっくり解説する。

ニュルは男の遊園地!

ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで量産FF車最速の7分50秒63を記録した先代のホンダ・シビック タイプR。先ごろ発売された新型はこれを7秒近くしのぐ7分43秒80をマークし、2代続けて量産FF車最速のタイトルを手に入れた。

レーシングドライバーの谷口信輝も、もちろん「世界で最も過酷」と称されるニュルブルクリンクを走った経験がある。
「レーシングドライバーのなかでも、初めてあそこに行くと『もう2度と行きたくない』っていう人と『すげー、楽しい!』っていう人とに、まっぷたつに分かれますよね」

では、谷口自身はどうなのだろうか?
「僕に言わせれば、あそこは“男の遊園地”ですから、もうたまらなく楽しかったですよ。もともと、僕はそっち出身ですし……」

この“そっち出身”を“サーキット出身”と受け止めるのは間違い。もちろんノルドシュライフェは立派なサーキットなのだけれど、走ってみれば高低差は大きいし、路面は摩擦係数が低いうえにアンジュレーションと呼ばれるうねりが強くて、一般道の峠道に酷似している。だからこそ、峠で腕を磨いてきた谷口は自分のことを“そっち出身”と称したのである。

いわば、谷口が愛してやまない“峠”を走るために生まれてきたような新型シビック タイプR、ステアリングを握っての印象はどうだったのか?

「とにかく走ることに関しては素晴らしいクルマですね」
もう、いきなりの絶賛である。
「すごくいいですよ。まず、パワーがすごくあって、トラクションもすごくいい。そしてなによりいいのがリアが安定していること。リアが安定しているから安心してステアリングが切れる。そしてステアリングを切れば切っただけ、クルマがグイグイと曲がっていく」

 
ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像拡大
ホンダ・シビック タイプR
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm/ホイールベース:2700mm/車重:1390kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:320ps(235kW)/6500rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)245/30ZR20/価格:450万0360円
ホンダ・シビック タイプR
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm/ホイールベース:2700mm/車重:1390kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:320ps(235kW)/6500rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)245/30ZR20/価格:450万0360円拡大
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2023.1.21 試乗記 BMWの旗艦「7シリーズ」が7代目に進化。迫力のある造形と、大胆な提案を盛り込んだヒューマン・マシン・インターフェイスが話題を呼ぶ新型だが、それらは私たちにどんな感動をもたらしてくれるのか? 走りはどう進化したのか? 実車に触れて確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEV RS(FF)【試乗記】 2023.1.13 試乗記 「ホンダ・フィット」に待望の「RS」が復活! ビッグネームの帰還にホンダ党は歓喜するだろうが、そもそも「心地よさ」を売りにしている現行型フィットだけに、いわゆるホットハッチのようなクルマとはちょっと違う。「e:HEV」モデルの仕上がりをリポートする。
  • トヨタGRスープラRZ(FR/6MT)【試乗記】 2023.1.30 試乗記 3リッター直6ターボを搭載した「トヨタGRスープラRZ」に、ファン待望の6段マニュアルトランスミッション車が登場! 気になるその出来栄えは? ライバルとの操作感の違いは? そもそもなぜ、ボクらのココロはMTを求めるのか!? 試乗を通して考えた。
  • 第249回:なにごとの おはしますかは しらねども 2023.1.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。あまりの人気に一時受注停止となった新型「ホンダ・シビック タイプR」で夜の首都高に出撃した。環状線を経由しいつものように辰巳PAに向かうと、3代目シビック タイプRに乗るひとりのアメリカ人と出会った。
  • トヨタ・クラウン クロスオーバーRS“アドバンスト”(4WD/6AT)【試乗記】 2023.1.16 試乗記 「トヨタ・クラウン」といえば「ユーザー層の若返り」が積年のテーマだが、すべてが刷新された16代目で、ついにそれが実現しそうだ。走りっぷりは若々しく、何よりも“新しい乗りもの”感にあふれている。ターボハイブリッド車「RS」の仕上がりをリポート。
ホームへ戻る