第74回:スバリスト、吼える!

2018.01.23 カーマニア人間国宝への道

スバルってそんなにいいの!?

輸入中古車愛好家の伊達軍曹が「スバルXV」の新車を買い、マリオ二等兵の仲間(スバリスト)になった!? という話の2回目。これまでほぼ国産車を買ったことのなかった伊達軍曹が、生涯初の新車としてスバルXVを購入とはこれいかに。

MJ参謀長(以下 M):アクセル全開にする機会なんかほとんどないんだから、深く踏むと空回り感のあるCVTだってなんの問題もない、ということはわかった。でも、XVの2.0NAエンジンも物足りなくない?

伊達軍曹(以下 伊):確かにきつい上り坂ではそういう面もありますが、大した問題ではないです。

M:パワー的に物足りないっていうより、カーマニアとして味わいが薄いんじゃないか。昔みたいなドコドコ音はしないし、燃費もいま一つだし。

マリオ二等兵(以下 マ):ドコドコ音の消滅は、守旧派スバリストも大いに惜しがりましたが、現在は「これも進歩である」と受け入れております。燃費に関しては、水平対向である限り、限界はあるものと思われます。それでも水平対向にこだわるのがスバルであり、スバリストであります!

伊:いや、XVには、エンジンやトランスミッションの若干の物足りなさを補って余りあるシャシーの良さがあるんです。これはスバルグローバルプラットフォーム(SGP)限定で、他のスバル車にはありません! 現行「インプレッサ」とXVのみ、群馬アウディの面目躍如なのです。

M:そんなにいい~?

伊:日本のスピードレンジなら、「ゴルフ」や「ボルボV40」とは同等レベルと断言します。

M:そうかなぁ。ゴルフやV40あたりって、やっぱ滑るように気持ちよく走るじゃない。XVにそういう感じ、ある?

伊:あります。SGPなので。

MJ参謀長(清水草一)が率いる「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。
MJ参謀長(清水草一)が率いる「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。拡大
伊達軍曹。昨年11月に新車で「スバルXV」を購入。
伊達軍曹。昨年11月に新車で「スバルXV」を購入。拡大
「スバルXV」に採用されている、スバルグローバルプラットフォーム。
「スバルXV」に採用されている、スバルグローバルプラットフォーム。拡大
「スバルXV」の2リッター水平対向エンジン。
「スバルXV」の2リッター水平対向エンジン。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事