第474回:レクサスが全国各地の若き匠のモノづくりを支援
「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017」をリポート

2018.01.27 エディターから一言
2016年度に引き続き、スーパーバイザーを務めるプロデューサーの小山薫堂さん(中央)とサポートメンバーの皆さん。
2016年度に引き続き、スーパーバイザーを務めるプロデューサーの小山薫堂さん(中央)とサポートメンバーの皆さん。拡大

今年で2回目を迎えた「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT(レクサス ニュー タクミ プロジェクト)」、その集大成となる制作発表イベント(商談会)が2018年1月17日に東京・日本橋で開催された。会場で出会った匠(たくみ)たちに、作品に込める思いを聞いた。

匠として選出されるのは、各都道府県から約1人ずつ。その一人ひとりが主役となったポスターからは、それぞれの個性が見て取れる。
匠として選出されるのは、各都道府県から約1人ずつ。その一人ひとりが主役となったポスターからは、それぞれの個性が見て取れる。拡大
「桐の筒に入れたコーヒー豆が1年たっても新鮮なままだったことに驚いた」という小山さん(左)。「この桐のカップを手にすることで、東さん(右)の本業である桐箪笥が欲しくなってしまった」と語った。
「桐の筒に入れたコーヒー豆が1年たっても新鮮なままだったことに驚いた」という小山さん(左)。「この桐のカップを手にすることで、東さん(右)の本業である桐箪笥が欲しくなってしまった」と語った。拡大
サポートメンバーのグエナエル・二コラさん(右)は大館曲げわっぱ伝統工芸士・柴田昌正さん(左)の「酒セット」に注目。「『これは何?』という好奇心をきっかけに日本の文化を説明しやすい」と評価した。
サポートメンバーのグエナエル・二コラさん(右)は大館曲げわっぱ伝統工芸士・柴田昌正さん(左)の「酒セット」に注目。「『これは何?』という好奇心をきっかけに日本の文化を説明しやすい」と評価した。拡大
サポートメンバーの清川あさみさんが選んだ注目の匠は、京都府代表の陶板画作家・河原尚子さん。出品したのは障子や襖(ふすま)などに取り付ける「引き手」。“物語性のある作品”と高く評価された。
サポートメンバーの清川あさみさんが選んだ注目の匠は、京都府代表の陶板画作家・河原尚子さん。出品したのは障子や襖(ふすま)などに取り付ける「引き手」。“物語性のある作品”と高く評価された。拡大
会場には51のブースが設けられ、素材も形もさまざまな作品が並んでいた。こちらは津軽打刃物の技術を使った鐘。手のひらサイズだが、ずっしりとした重みがある。
会場には51のブースが設けられ、素材も形もさまざまな作品が並んでいた。こちらは津軽打刃物の技術を使った鐘。手のひらサイズだが、ずっしりとした重みがある。拡大

日本の伝統技術を世界へ

LEXUS NEW TAKUMI PROJECTは、まだ広く世に知られていない若手の職人・工芸家・デザイナーの才能を発掘し、彼らの新たなモノづくりが、ゆくゆくは世界レベルで戦えるようなプロダクトとして世に出るのを後押しするというもの。

2年目となる本年度の匠は総勢51人。制作にあたっては、昨年に引き続きスーパーバイザーを務めた、プロデューサーの小山薫堂さんや、サポートメンバーを務めた建築家の隈 研吾さんらが匠たちの工房に足を運び、直接アドバイスなどを行ってきたという。

今回、選ばれた「注目の匠」は木工や陶磁器を手がける作家など4人。
中でも、小山さんが注目したのは、桐のビアカップを発表した、和歌山県代表の伝統工芸士、東 福太郎さんだ。

小山さんは、「桐箪笥(きりだんす)職人さんが桐の魅力を発信するためにこのカップを作ったところがステキ。桐のカップから本業に興味がいくという素晴らしさに感動した」と講評。これを受け、東さんは「このプロジェクトを通じてたくさんの人に出会えたのが良かった。これを良い機会として桐箪笥業界をもっと盛り上げていき、先の世代にもつなげていきたい」と思いを語った。

スーパーバイザーとしてスピーチを求められた小山さんは、「(商談会場も兼ねるこの場で)去年よりもたくさんのプロダクトを買ってしまった」という自身の体験を交えつつ、「自分が使って、体感して、気持ちがいいと愛着を感じるものこそ、現代の“ラグジュアリー”。匠が愛着を持って作ったものが、愛のバトンを渡すように皆に渡っていくことが理想的だ」と提言。

さらに「10年後ぐらいに500人の匠が参加した1台のレクサスを作ってみるとか、何か値段のつけられないものを作って社会に生かすとか、いろんな展開があると思う。今後も発展し続けていく予感がする」と続け、このプロジェクトへの期待感をにじませた。

あなたにおすすめの記事
新着記事