第480回:より新しく、より若々しく
新型「メルセデス・ベンツAクラス」がいよいよ発進

2018.02.09 エディターから一言
ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長と新型「メルセデス・ベンツAクラス」。先代に比べホイールベースが30mm延長されるとともに、フロントのトレッド幅も14mm広げられている。Cd値は0.25とクラストップ。
ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長と新型「メルセデス・ベンツAクラス」。先代に比べホイールベースが30mm延長されるとともに、フロントのトレッド幅も14mm広げられている。Cd値は0.25とクラストップ。拡大

独ダイムラーは2018年2月2日、オランダ・アムステルダムで新型「メルセデス・ベンツAクラス」を発表した。特設会場で行われた発表会は、世界30カ国、約450名の報道関係者が招かれ、ディーター・ツェッチェ会長をはじめとするボードメンバーがそろい踏みでプレゼンテーションを行うなど、新型Aクラスにかける並々ならぬ意気込みを感じさせるものだった。その模様をリポートする。

クルマ、人、自転車が完全に分離されたアムステルダムの街並み。自転車もクルマと同じく右側通行である。
クルマ、人、自転車が完全に分離されたアムステルダムの街並み。自転車もクルマと同じく右側通行である。拡大
奥に見えるシルバーの屋根が、アムステルダム中央駅。対岸までは水上バスが数分おきに往来している。自転車のまま乗り込むことが可能で、料金は無料。
奥に見えるシルバーの屋根が、アムステルダム中央駅。対岸までは水上バスが数分おきに往来している。自転車のまま乗り込むことが可能で、料金は無料。拡大
発表会前に行われた、報道陣向けの“座学”の会場となったアイフィルムミュージアム。世界有数の映像に関する博物館で、ポルシェミュージアムなども手がけた建築事務所DELUGAN MEISSL ASSOCIATED ARCHITECTSの作。
発表会前に行われた、報道陣向けの“座学”の会場となったアイフィルムミュージアム。世界有数の映像に関する博物館で、ポルシェミュージアムなども手がけた建築事務所DELUGAN MEISSL ASSOCIATED ARCHITECTSの作。拡大
ホテルから発表会の会場へはこの水上バスで移動。右手に見えるTolhuistuinという文化会館も、とてもユニークなデザインをしている。
ホテルから発表会の会場へはこの水上バスで移動。右手に見えるTolhuistuinという文化会館も、とてもユニークなデザインをしている。拡大

発表の舞台にアムステルダムが選ばれた理由

オランダは日本人にとっては、チューリップと風車のイメージが強いが、今やその風車のノウハウは再生可能エネルギーに活用されている。北部沿岸には世界最大クラスの洋上風力発電所をもち、公共交通機関を再生可能エネルギーでまかなう取り組みを行うなど、自然エネルギーに関する先進国のひとつだ。

そのオランダの最大都市であるアムステルダムは、中央駅を基点に世界遺産にも登録されている運河が市内に網の目状に広がっており、数多くの水上バスや観光用ボートが行き交う。

この都市における交通手段のメインは自転車だ。車道、歩道、そして車道にも比肩するような広い自転車専用道路が整備された街並みは、見慣れない日本人にはとても驚きだ。ここに住む人たちの多くは、主として自転車、そして水上ボートや電車やバスといった公共交通手段で移動し、個人で所有する自動車はミニマルであることを望む。かくして街を走る乗用車の多くはAクラスのようなコンパクトカーになるというわけだ。

メルセデス・ベンツが新型Aクラスの発表の場にアムステルダムを選んだ理由は、「美術館や博物館などが多く、アートに熱心で若々しくモダンなイメージがAクラスにぴったり」というだけでなく、そうした都市交通のあり方も鑑みての選択だった。さらに言えば、駄じゃれだがAクラスとアムステルダムの「A」がかけられていたようだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る