第541回:レトロモビル2018
消滅ブランドを愛するすてきな人たち

2018.02.16 マッキナ あらモーダ!

イベントを盛り上げる新企画も

ヨーロッパ最大級のヒストリックカーの見本市「レトロモビル」が2018年2月7日から11日まで、パリのポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で開催された。

43回目を迎えた今回は、2017年と同様に、3つのパビリオンを使用。展示面積は東京ドームのおよそ1.5倍にあたる6万9000平方メートルに及んだ。

今回のテーマは「過去には、いつも未来がある」。新企画として「車齢30年以上かつ2万5000ユーロ(約330万円)以下の車両」ばかりを集めた展示即売コーナーも設けられた。

シトロエンのアーカイブ部門の顔として長く働き、2018年からレトロモビルに合流したドゥニ・ユイユ氏は「レトロモビルでは、常に新しいものを模索していく。古いクルマの愛好者を、より若い世代にまで広げたい」と、新企画実施の理由を筆者に語った。

米国ではやや陰りが見えてきたものの、欧州でヒストリックカー市場はいまだ高値が続いている。そうした状況下で、旧車ファンの間口を広げる試みは興味深い。

もうひとつの“初の試み”は、開場前日のプレスデーに入場できる50ユーロ(約6600円)のプレミアムチケットだ。ドイツのヒストリックカーショー「テヒノクラシカ・エッセン」に範をとったものと思われる。

シトロエンは「2CV」の誕生70年を祝った。写真手前は1939年の試作車で、コードネームは「TPV(Tres Petite Voiture:極めて小さい自動車)」。
シトロエンは「2CV」の誕生70年を祝った。写真手前は1939年の試作車で、コードネームは「TPV(Tres Petite Voiture:極めて小さい自動車)」。拡大
「車齢30年以上、2万5000ユーロ以下」のコーナーで。1985年「シトロエン・ヴィザ14RTS」には6900ユーロ(約92万円)のプライスタグが。
「車齢30年以上、2万5000ユーロ以下」のコーナーで。1985年「シトロエン・ヴィザ14RTS」には6900ユーロ(約92万円)のプライスタグが。拡大
「シトロエンDS」の廉価版「ID19」は1968年型で2万1000ユーロ(約280万円)。DSと比べて、各種油圧アシストが簡略化されている分、維持費は節約できるかもしれない。
「シトロエンDS」の廉価版「ID19」は1968年型で2万1000ユーロ(約280万円)。DSと比べて、各種油圧アシストが簡略化されている分、維持費は節約できるかもしれない。拡大
レトロモビルのオーガナイザーにとって新たな戦力となった、ドゥニ・ユイユ氏は、シトロエンのアーカイブ部門出身。
レトロモビルのオーガナイザーにとって新たな戦力となった、ドゥニ・ユイユ氏は、シトロエンのアーカイブ部門出身。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事