クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第483回:海洋レースの醍醐味ここにあり!
ボルボ・オーシャンレースの魅力とブランド戦略を考察する

2018.02.17 エディターから一言
カオルーンベイで行われたインポートレースの様子。
カオルーンベイで行われたインポートレースの様子。拡大

試合期間は9カ月! フルカーボンのレーシングヨットで5つの海を渡る、過酷で熾烈(しれつ)な世界一周レース「ボルボ・オーシャンレース」。この大会をオーガナイズするボルボのブランド戦略を、他の競技にはない海洋レースならではの魅力とともに紹介する。

向かい風の中、折り返し地点のマーカーに到達する東風レーシングチームのヨット。
向かい風の中、折り返し地点のマーカーに到達する東風レーシングチームのヨット。拡大
旋回を済ますと、追い風を効率よく受けられるように、素早く帆を張り替える。
旋回を済ますと、追い風を効率よく受けられるように、素早く帆を張り替える。拡大
船体を傾け、高速で走るヨットの上で素早く帆をたたむクルー。今回取材したのはスプリントレースだが、ボルボ・オーシャンレースのだいご味は長期間かけて大洋を渡るオフショアレースにある。
船体を傾け、高速で走るヨットの上で素早く帆をたたむクルー。今回取材したのはスプリントレースだが、ボルボ・オーシャンレースのだいご味は長期間かけて大洋を渡るオフショアレースにある。拡大

レースの舞台は地球です

手元の資料をもとに電卓をはじいてみたところ、1シーズンにおけるF1世界選手権の走行距離は、2017年を例にとると合計で6091.164kmだった。伝統のルマンを含む世界耐久選手権では、各レースの優勝車の走行距離を合計すると、1万3173kmとなる。

レースという極限状態でこれだけの距離を走るというのだから、レーシングドライバーのメンタルとフィジカルには恐れ入るよりほかにないが、同じ1シーズンでそれよりはるかに長い距離を、しかもエンジンやモーターといった動力に頼らずに走破する競技が存在する。それが、ボルボ・オーシャンレースである。

アメリカズカップやオリンピックと並び、世界3大ヨットレースに数えられるこのイベントの航行距離は、過去最長となった今大会(2017-2018大会)で、実に8万km。クルーたちは9カ月という時間をかけて地球2周分の海を走破し、雌雄を決する。

「スエズ運河も、パナマ運河もなかった時代の航海を味わいたい」
そんなセーラーたちの冒険心から、この地球一周レースが誕生したのは1973年。当初は好事家たちの冒険といった意味合いの強いイベントだったが、かつてのラリーがそうだったように、やがて競技として先鋭化。多くの観客を集め、有力チームを世界の一流企業がスポンサードする一大イベントとなって現在に至っている。

今日、そんなボルボ・オーシャンレースをオーガナイズしているのが、スウェーデンを代表する複合企業のボルボグループと、私たちもよく知るボルボ・カーズである。

ボルボ の中古車

単なる冠スポンサーではない

今回、私たちが取材したのは、これがボルボ・オーシャンレース初開催となる香港でのレースである。香港は今大会における4番目の寄港地であり、九龍湾(カオルーンベイ)で開催されるインポートレースと香港島一周レース(HongKong Around the Island)といったスプリントレースの舞台となる。その拠点となるのが、啓徳跑道公園に設置されたレースビレッジだ。

ちなみに啓徳跑道公園とは、1998年に閉港した啓徳空港の跡地、かつての滑走路の先端部に位置している。香港に詳しい人なら、この説明でその場所や周辺環境を想像してもらえることだろう。そこに設けられたレースビレッジには、ライブステージやレースの内容を紹介するテント、クライアント企業のブースなどが軒を連ねており、レースが行われていない間も時間を持て余すことはない。

さらに奥に位置しているのが、オーガナイザーであるボルボグループとボルボ・カーズのパビリオンである。彼らは企業としてたもとを分かつ前の1998年からこの海洋レースを後援しているのだ。

興味深いのは、ボルボが単に冠スポンサーとなっているだけではなく、今や下部組織を介して大会の組織・運営を担っている、文字通りオーガナイズしている点にある。競技そのものの運営やルール作りに加え、イベントを介した環境保護活動や教育支援に至るまで、その活動は多岐にわたる。セーラーの間では、ボルボ・オーシャンレースのことを単に「ボルボ(The Volvo)」と呼んでいるそうだが、彼らの間では、それほどまでに両者のイメージは一体化しているのだ。

パビリオンの周辺ではボルボ・オーシャンレースの歴史やオーガナイザーを務める両企業が拠点を構えるスウェーデンの紹介に加え、大型SUV「ボルボXC90」とVR技術を駆使したアトラクションや、ボルボ・カーズの最新モデルの展示なども行われていた。中でも新型SUVの「XC40」は、これがアジアで初披露とのこと。ボルボがこのイベントをいかに大事にし、同時に期待を寄せているかをうかがわせた。

香港のビル群を背景に、レーシングビレッジのさん橋につながれる6杯のレーシングヨット。今回の大会にエントリーしているのは7杯だが、1杯は第4レグの終了直前にトラブルに見舞われ、香港でのレースを欠場することとなった。
香港のビル群を背景に、レーシングビレッジのさん橋につながれる6杯のレーシングヨット。今回の大会にエントリーしているのは7杯だが、1杯は第4レグの終了直前にトラブルに見舞われ、香港でのレースを欠場することとなった。拡大
レーシングビレッジには子供向けの遊び場や飲食エリアも設けられており、家族連れでも楽しむことができる。
レーシングビレッジには子供向けの遊び場や飲食エリアも設けられており、家族連れでも楽しむことができる。拡大
ボルボのパビリオンと、その脇に展示された5台の現行モデル。
ボルボのパビリオンと、その脇に展示された5台の現行モデル。拡大
ボルボ・オーシャンレースが行われるたびに設定される特別仕様車「オーシャンレース エディション」。今回のモデルも日本に導入される予定とのことなので、気になる人はニュースをチェックしておこう。
ボルボ・オーシャンレースが行われるたびに設定される特別仕様車「オーシャンレース エディション」。今回のモデルも日本に導入される予定とのことなので、気になる人はニュースをチェックしておこう。拡大
デビューしたばかりの最新モデル「XC40」は、香港でも大いに注目を集めていた。
デビューしたばかりの最新モデル「XC40」は、香港でも大いに注目を集めていた。拡大

根気強いブランディングのたまもの

それにしても、スウェーデンに居を構えるボルボが、なぜイギリス発祥の海洋レースを20年にわたり支援、そして運営するのに至ったのか。

ひとつは当然のことながら、3大ヨットレースの一つに数えられる同大会の人気が理由だろう。今大会においても、これまでにすでに40万人がレースビレッジに訪れ、ソーシャルメディアのビュー数は700万を数えている。もっとわかりやすい数字を上げると、ボルボパビリオンの来場者数は10万人とのことだ。権威あるイベントのオーガナイザーであるというブランド価値に加え、ホスト国や“観客”の間でボルボの認知度を高めるという点でも、ボルボ・オーシャンレースは重要な存在となっているのだ。

そしてもう一つの理由として、ボルボ・オーシャンレースのコマーシャルディレクターであるカリン・バックランド氏が挙げたのが、このイベントとボルボの持つイメージの親和性である。海洋レースならではの冒険心や探究心、限界に挑戦する選手たちの姿勢、チーム競技に求められる信頼関係、フルカーボンのレーシングヨットや通信技術を駆使した視聴サービスに宿る先進性など、このイベントにはボルボの掲げる企業理念や、訴求したいブランドイメージが詰まっているという。

もちろん、この海洋レースが最初からそうした側面をすべて持ち合わせていたわけではないし、これほど多くの人に訴求するイベントであったわけでもない。いずれも長年にわたるオーガナイザーの取り組みあってのもので、そしてその歴史の半分をボルボが担っているのだから、ある意味、近視眼的な戦略に陥らなかった彼らの根気強いブランディングの成果ともいえるだろう。ありきたりな上にちょっと古くさい言葉で恐縮だが、典型的なwin-winの関係ではないだろうか。

全11レグで競われる今回のボルボ・オーシャンレースだが、第4レグが終わった現段階でのレースビレッジの来場者数は40万人。ボルボパビリオンにも10万人が足を運んだという。
全11レグで競われる今回のボルボ・オーシャンレースだが、第4レグが終わった現段階でのレースビレッジの来場者数は40万人。ボルボパビリオンにも10万人が足を運んだという。拡大
ボルボ・オーシャンレースのコマーシャルディレクターを務めるカリン・バックランド氏。
ボルボ・オーシャンレースのコマーシャルディレクターを務めるカリン・バックランド氏。拡大
ボルボ・オーシャンレースは国連の海洋プラスチックごみ削減キャンペーン「クリーンシーズ」を支援しており、レースと並行して啓発活動に取り組むとともに、各海域で海洋汚染調査を行っている。
ボルボ・オーシャンレースは国連の海洋プラスチックごみ削減キャンペーン「クリーンシーズ」を支援しており、レースと並行して啓発活動に取り組むとともに、各海域で海洋汚染調査を行っている。拡大
ボルボパビリオンから見た香港の街並みとさん橋の様子。
ボルボパビリオンから見た香港の街並みとさん橋の様子。拡大

今日に受け継がれる“冒険”の醍醐味

一方で、セーラーや私たち観客からすれば、当然のことながらボルボ・オーシャンレースには全く違った意義がある。

スペインの有力チームであり、今シーズンもポイントランキングのトップを走るマフレのスキッパー、ザビ・フェルナンデス氏によると、ボルボ・オーシャンレースには他のヨットレースにはない魅力があるのだとか。いわく「インショアレースは競技が終わったら家に帰るだけだけど、ボルボ・オーシャンレースはずっとレースをしていられるからね」。

過酷な南極海での航海を含め、長期間にわたり大洋での戦いが繰り広げられるこのレースでは、他のチーム以前にまずは強大な自然を相手にしなければならず、超ハイカロリーな食事を取っていてもなお、選手たちはシーズンが終わると十数kgも痩せるという。その過酷さゆえ、「一度参加したら、二度と参加したくなくなるか、病み付きになるか」といわれるボルボ・オーシャンレースだが、フェルナンデス氏はどっぷり後者だったようだ。

また私たちにとっては、外洋セーリングならではの迫力あるレースの模様と、大洋の美しさをソーシャルメディアを通して味わうことができる。これもまたインショアレースのアメリカズカップやオリンピックにはない、世界一周レースならではの醍醐味(だいごみ)だろう。

もちろん、実際にレースビレッジに赴き、インポートレースなりを観戦するのが望ましいのだが、あいにくボルボ・オーシャンレースのホストシティーに日本の都市は含まれていない。

ただ、かつては日本のチームや日本人セーラーが挑戦したこともあるようだし、フェルナンデス氏も「コージロー(白石康次郎、単独世界一周ヨットレースに挑戦し続ける日本の海洋冒険家)みたいなセーラーがいるじゃないか」と言っていた通り、この国にも世界的なセーラーはいる。いつか、このイベントが日本にも来てくれることに期待したい。

(文=webCG ほった/写真=ボルボ・カーズ)

スペインの有力チーム、マフレのスキッパーを務めるザビ・フェルナンデス氏。アテネオリンピックの金メダリストであり、ボルボ・オーシャンレースについては今回が4度目の出場となる。
スペインの有力チーム、マフレのスキッパーを務めるザビ・フェルナンデス氏。アテネオリンピックの金メダリストであり、ボルボ・オーシャンレースについては今回が4度目の出場となる。拡大
マフレのレーシングヨット。ボルボ・オーシャンレースは、競技性の向上や参加費用の削減を目的に、前回の2014-2015大会から全チーム共通のヨットで競う“ワンメイクレース”となっている。
マフレのレーシングヨット。ボルボ・オーシャンレースは、競技性の向上や参加費用の削減を目的に、前回の2014-2015大会から全チーム共通のヨットで競う“ワンメイクレース”となっている。拡大
現在、ポイントランキング2位でマフレを追う中国の東風レーシングチーム。今回の大会には、中国と香港から1チームずつ、アジア勢が参戦している。
現在、ポイントランキング2位でマフレを追う中国の東風レーシングチーム。今回の大会には、中国と香港から1チームずつ、アジア勢が参戦している。拡大
同じヨットレースでも、アメリカズカップについては日本でも行われたことがある。ボルボ・オーシャンレースについても、ぜひ将来の開催を期待したい。
同じヨットレースでも、アメリカズカップについては日本でも行われたことがある。ボルボ・オーシャンレースについても、ぜひ将来の開催を期待したい。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。