第542回:日本人が見てもインパクト大
これがパリのポップカルチャーイベントだ!

2018.02.23 マッキナ あらモーダ!

冬のパリには欠かせぬイベント

前回お伝えしたフランス・パリのヒストリックカーイベント、第43回レトロモビルの入場者数が明らかになった。その数10万5000人で、前年比11.2%の減少だった。主催団体は、前半3日間の雪とあわせて、一般入場料を前年の18ユーロから2ユーロ高い20ユーロ(約2600円)に値上げしたことも影響したと分析している。

ところで毎回レトロモビルとほぼ同時期に、これまた同じポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で開催されるのが「PARIS MANGA & SCI-FI SHOW(以下、PARIS MANGA)」である。日本を中心とするポップカルチャーを題材としたイベントだ。

ボクが最初に訪れて、本エッセイの第231回にてリポートしたのは2012年だから、かれこれ6年も通っていることになる。もはやボクの冬期パリ訪問においては、往年の2本立て映画『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』のような恒例イベントになってしまった。

PARIS MANGAは年2回開催で計4日間、レトロモビルは年1回で計5日間なので、容易に比較はできない。だがレトロモビルが会場面積6.9万平方メートルで10万5000人なのに対し、PARIS MANGAはその3分の1以下の2万平方メートルで年間15万人の集客がある。かなりの好成績だ。

2018年2月3日から4日にかけて開催されたPARIS MANGA会場で。
2018年2月3日から4日にかけて開催されたPARIS MANGA会場で。拡大
フィギュア入りキャンドル。「M2Dクレアシィオン」という家族経営の工房による。
フィギュア入りキャンドル。「M2Dクレアシィオン」という家族経営の工房による。拡大
イベントで扱われるジャンルは年々細かくなっている。ボーイズ・ラブ系翻訳出版社のエディター、アントニー・グラシ氏(中央)とスタッフ。
イベントで扱われるジャンルは年々細かくなっている。ボーイズ・ラブ系翻訳出版社のエディター、アントニー・グラシ氏(中央)とスタッフ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事