レクサスLS500h“バージョンL”(後編)

2018.03.01 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「レクサスLS500h“バージョンL”」に試乗する。エクステリアもインテリアも大絶賛の谷口だが、走りの評価になると一転してトーンが下がり気味。谷口が指摘する、ハイブリッドモデルの“らしからぬところ”とは何か?

ハイブリッドは“無音”を貫いてほしい

新型レクサスLS500hのデザインや作り込みを高く評価した谷口信輝。では、試乗してみての印象はどうだったのか? まずは乗り心地についてたずねた。
「正直、乗り味に関して飛び抜けて特徴のあるところはありません。それでも、日本車のなかではいちばん快適な部類に入ると思います」

新型LSでは空気が抜けた状態のまま最長160kmまで走行できるランフラットタイヤが全車に標準装備されたが、一部にはその快適性に疑問を投げかける声も聞かれる。
「そうですか? 僕は全然気になりませんでしたよ。ロードノイズは少し大きめかもしれませんが、全体的にはとても快適です」

では、ハンドリングはどうか?
「正直、特に魅力は感じないけれど『ダメだこりゃ』っていうほどひどくもない。ステアリングは1時間20分くらい切れるからまずまずですが、ホイールベースが長いので小回りが利くという印象はあまりありませんね」

長距離移動が多い谷口はアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストの仕上がりにも常に関心を抱いている。「日本車としてはかなりいいほうじゃないですか」と谷口。
「特にレーンキープアシストは車線の中央を保ってくれる感じで、安心感が強いと思いました。とてもいいですよね」

ただし、新たにマルチステージハイブリッドを採用したパワートレインに関する評価は厳しいものだった。
「エンジン音が意外と大きくて、いわゆる“聞かせる”タイプじゃないですか。正直、僕には『なんでこんなにうるさくしちゃったの?』と感じられるレベルです」

そう指摘する理由を、谷口は次のように解説してくれた。
「だって、これハイブリッドじゃないですか。だからエンジンが止まっているときは無音で走っていく。なのに、エンジンがかかった途端に“ブウォン”って音が聞こえてきてガッカリ。いや、これをエンジン車でやるのは構いませんよ。エンジン車だったら、当たり前ですが、ずっとエンジンがかかりっぱなしだから音量の急激な変化は起こらない。でも、ハイブリッドにはそれがあります。だから、いっそのことハイブリッドはハイブリッドらしく無音で貫いたほうがわかりやすいと思うんですよね」

 
レクサスLS500h“バージョンL”(後編)の画像拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(後編)の画像拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(後編)の画像拡大
レクサスLS500h“バージョンL”
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5235×1900×1460mm/ホイールベース:3125mm/車重:2370kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299ps(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgm)/5100rpm/モーター最高出力:180ps(132kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:359ps(264kW)/タイヤ:(前)245/45RF20 (後)245/45RF20/価格:1500万円
レクサスLS500h“バージョンL”
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5235×1900×1460mm/ホイールベース:3125mm/車重:2370kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299ps(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgm)/5100rpm/モーター最高出力:180ps(132kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:359ps(264kW)/タイヤ:(前)245/45RF20 (後)245/45RF20/価格:1500万円拡大
関連記事
  • レクサスIS500“Fスポーツ パフォーマンス ファーストエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2022.11.21 試乗記 レクサスのスポーツセダン「IS」に、自然吸気の5リッターV8エンジンを搭載した「IS500“Fスポーツ パフォーマンス”」が登場。大排気量の強心臓に目が奪われがちだが、このクルマ最大の見どころは、職人的に煮詰められたシャシーにあるのだった。
  • メルセデス・ベンツEQS450+(RWD)【試乗記】 2022.11.7 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップ電気自動車(EV)「EQS」が上陸。新開発のEV専用プラットフォームや斬新な内外装デザイン、一充電あたり700kmを誇る走行距離など、自動車大変革時代の嚆矢(こうし)たる存在の仕上がりやいかに。
  • BMW i4 M50(4WD)【試乗記】 2022.11.3 試乗記 「BMW i4 M50」は前後のモーターを合わせたシステム最高出力544PSを誇るハイパフォーマンス電気自動車だ。「M」と「Mスポーツ」の間に入る「Mパフォーマンスモデル」という位置づけだが、その走りにはMっぽさがみじんも感じられなかった。これはどうしたことだろうか。
  • トヨタ・クラウン クロスオーバーRS“アドバンスト”(4WD/6AT)【試乗記】 2022.11.2 試乗記 新しい「クラウン」の「デュアルブーストハイブリッド」は、トヨタとしては異例に燃費への言及が控えめなパワートレインだ。まさに生まれ変わろうとするクラウンの象徴にほかならない。箱根のワインディングロードでその仕上がりを試す。
  • 「レクサスLS」が一部改良 マルチメディアシステムや運転支援システムの機能を強化 2022.10.13 自動車ニュース トヨタ自動車がレクサスの最上級セダン「LS」に一部改良を実施。マルチメディアシステムのインターフェイスを刷新して操作性を改善したほか、先進運転支援システム「レクサスチームメイト」には、他車の死角を走行し続けないよう自車位置を調整する新機能を採用した。
ホームへ戻る