第546回:ジウジアーロが語る「ショーカーを会場まで運転していった、あのころ」

2018.03.23 マッキナ あらモーダ!

出世作を手に入れた巨匠

イタリアのカーデザイン界の巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ氏とその長男ファブリツィオ氏が率いる「GFGスタイル」が、2018年のジュネーブモーターショーに作品を出展したことは前回記したとおりである。

今回彼らが発表した新作はラグジュアリーEV「Sibylla(シビラ)」だったのだが、ブースにはもう1台、懐かしのモデルが展示されていた。

その名は1963年「テスチュード」である。正しくは「ベルトーネ・シボレー・コーヴェア テスチュード」という。名前のとおり、GMシボレーのリアエンジン車「コーヴェア」をベースにしたものであった。

今回は、それにまつわるお話をしよう。

テスチュードは、当時若干24歳でベルトーネのチーフデザイナーを務めていたジウジアーロ氏が手がけ、1963年のジュネーブモーターショーで公開された。ジウジアーロ氏にとっては、ベルトーネから初めてプロジェクトのすべてを任されたクルマであった。

その後テスチュードは長年、トリノ郊外グルリアスコのベルトーネ本社ミュージアムに収蔵されていた。

しかし2008年から始まったベルトーネの経営危機に伴い、債権者によってほかのコンセプトカー5台とともにRMオークションズ社に預けられた。そして2011年5月、コモ湖畔ヴィラ・エルバで開催されたセールに掛けられた。

そのときテスチュードを36万6000ユーロで落札したのは、誰あろう、当時イタルデザイン・ジウジアーロ社の会長だったジウジアーロ氏であった。

かくして“生みの親”のもとに返ってきたテスチュードは、2015年に彼が新たに立ち上げたGFGスタイル社のショールームにおさめられた。

GFGスタイルのブースに飾られた1963年「ベルトーネ・シボレー・コーヴェア テスチュード」。2018年3月6日撮影。
GFGスタイルのブースに飾られた1963年「ベルトーネ・シボレー・コーヴェア テスチュード」。2018年3月6日撮影。拡大
GFGスタイルのカンファレンスで解説するジョルジェット・ジウジアーロ氏。
GFGスタイルのカンファレンスで解説するジョルジェット・ジウジアーロ氏。拡大
2011年5月21日、コモ湖畔で開催されたオークションで。ステージに上げられた「テスチュード」。
2011年5月21日、コモ湖畔で開催されたオークションで。ステージに上げられた「テスチュード」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事