レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売

2018.04.05 自動車ニュース
「レクサスLC500h“ストラクチュラルブルー”」
「レクサスLC500h“ストラクチュラルブルー”」拡大

トヨタ自動車は2018年4月5日、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC」に特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”を設定し、販売を開始した。

 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大

今回のレクサスLC“ストラクチュラルブルー”は、日本国内におけるレクサス車の累計販売台数が、2018年3月末の時点で50万台に達したことを記念したもの。ガソリンエンジン車の「LC500」とハイブリッド車の「LC500h」にそれぞれ設定され、特別な内外装を特徴としている。

ボディーカラーに採用した新規開発色の「ストラクチュラルブルー」は、南米に生息するモルフォチョウ(蝶)の羽に着想を得た「構造発色」という原理を応用したもの。モルフォチョウの羽は無色であるが、光を受けると特定の波長のみを反射・強調する仕組みとなっており、人間の目には青く輝いて見える。レクサスは15年の開発期間を経て、この原理を応用した自動車用の構造発色性顔料を生み出したという。

内装色には、「日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景」をモチーフに、外装色との調和が考慮された、専用色の「ブルーモーメント」と「ブリージーブルー」の2色を設定した。

このほかの特別装備の内容は以下の通り。

  • フロント245/40RF21+リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
  • 特別仕様車スカッフプレート(CFRP)
  • “マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • ステアリングヒーター
  • 寒冷地仕様

価格は「LC500“ストラクチュラルブルー”」が1475万円で、「LC500h“ストラクチュラルブルー”」が1525万円。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
ホームへ戻る