レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売

2018.04.05 自動車ニュース
「レクサスLC500h“ストラクチュラルブルー”」
「レクサスLC500h“ストラクチュラルブルー”」拡大

トヨタ自動車は2018年4月5日、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC」に特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”を設定し、販売を開始した。

 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大
 
レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売の画像拡大

今回のレクサスLC“ストラクチュラルブルー”は、日本国内におけるレクサス車の累計販売台数が、2018年3月末の時点で50万台に達したことを記念したもの。ガソリンエンジン車の「LC500」とハイブリッド車の「LC500h」にそれぞれ設定され、特別な内外装を特徴としている。

ボディーカラーに採用した新規開発色の「ストラクチュラルブルー」は、南米に生息するモルフォチョウ(蝶)の羽に着想を得た「構造発色」という原理を応用したもの。モルフォチョウの羽は無色であるが、光を受けると特定の波長のみを反射・強調する仕組みとなっており、人間の目には青く輝いて見える。レクサスは15年の開発期間を経て、この原理を応用した自動車用の構造発色性顔料を生み出したという。

内装色には、「日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景」をモチーフに、外装色との調和が考慮された、専用色の「ブルーモーメント」と「ブリージーブルー」の2色を設定した。

このほかの特別装備の内容は以下の通り。

  • フロント245/40RF21+リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
  • 特別仕様車スカッフプレート(CFRP)
  • “マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • ステアリングヒーター
  • 寒冷地仕様

価格は「LC500“ストラクチュラルブルー”」が1475万円で、「LC500h“ストラクチュラルブルー”」が1525万円。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る