クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第551回:日の当たらない名車に“第2の人生”を!
「フィアット127」を乗りこなす若者に密着

2018.04.27 マッキナ あらモーダ!

往年のカー・オブ・ザ・イヤーなのに

大衆車とは、悲しいものである。

現役時代は毎日人の役にたっているが、よほどデザイン的に特異だったり、かなりのロングセラーだったりしなければ、一般人の記憶から消えてゆく。

イタリアを代表する大衆車といえば先代「フィアット500」、そして「600」である。その2台は、新車時代を生きていない若者でも一般知識として知っている。いっぽうで他のイタリア製大衆車は、どうだ。世代の変化もあって、どんどん忘れられている。

その代表的な一台が「フィアット127」である。1971年に誕生した127は、ダンテ・ジアコーザ式前輪駆動を採用していた。これはすでにグループ傘下のアウトビアンキにおいて、1964年の「プリムラ」と1969年の「A112」で信頼性を確認済みの技術であった。サスペンションは四輪独立だった。

ボディーをデザインしたのは、ピオ・マンズーという人物である。20世紀のイタリアを代表する彫刻家のひとり、ジャコモ・マンズーの息子として、ムッソリーニ政権下の1939年にベルガモで生まれた彼は、ドイツ・ウルムの工科大学を卒業した。

その後、イタリアで工業デザイナーとして活躍。デサイナーズ・ショップにおける定番で、今日アレッシィが生産している置き時計「クロノタイム」は、彼の代表作である。

しかし1969年、まさに127のモックアップのプレゼンテーションを行うためトリノへと向かう途中、自ら運転していたクルマでの事故により、わずか30歳でこの世を去っている。

フィアット127は発表翌年の1972年に、欧州カー・オブ・ザ・イヤーに選定された。その後2回のフェイスリフトを経ると同時に、さまざまなバリエーションを生みながら、1987年に「ウーノ」にバトンタッチするまで、16年にわたるロングセラーとなった。

127の前輪駆動レイアウトや2ボックスのデザインは、1970年代に多くの大衆車の範となった。しかし、本国イタリアでは500や600の存在があまりに大きすぎたこともあり、127はもはや人々の記憶から失われつつある。

「フィアット127」。これは1971~1977年にかけて販売された初期型のファクトリーフォト。
「フィアット127」。これは1971~1977年にかけて販売された初期型のファクトリーフォト。拡大
同じく新車当時の広報写真から。トリノのスペルガ聖堂をバックに。
同じく新車当時の広報写真から。トリノのスペルガ聖堂をバックに。拡大
後方に見えるのはフィアットが第2次大戦前、トリノ県セストリエレに開発したスキーリゾート。
後方に見えるのはフィアットが第2次大戦前、トリノ県セストリエレに開発したスキーリゾート。拡大
筆者画。ピオ・マンズーがデザインした置き時計「クロノタイム」。
筆者画。ピオ・マンズーがデザインした置き時計「クロノタイム」。拡大
フィアット の中古車

127に乗る若者を発見

先日、ひょんなことから127オーナーと遭遇することになった。場所はボクが住むシエナと同じ県内にあるガイオーレ・イン・キャンティという村である。

夏はワイナリーめぐりの外国人観光客でにぎわいをみせ、秋はヴィンテージモデルオンリーの自転車イベント「エロイカ」のスタート/ゴール地点として盛り上がる。ただし普段は人口2700人ちょっとの静かな村だ。

村の風景写真を撮っていたときである。通りをやってくるクルマといえば、ドイツ人による、これ見よがしの大型SUVばかりだ。これでは絵にならない。ふてくされて帰ろうかと思った瞬間、ファインダーの中に、ひなびた風景にぴったりのクルマが現れた。思わずカメラから目を上げて実像を見ると、白いフィアット127であった。

ちょうど停車し、かつウィンドウが降りていたので、運転者に声をかけてみることにした。イタリアで今日127に乗っている人といえば、車齢にふさわしいお年寄りが大半である。そういう年齢の方々は、いきなり声をかける東洋人に警戒し、ときによっては逃げ去る人さえいるから、やや緊張感をもって車内をのぞいた。

ところがどうだ。ドライバーは若者であった。それも極めてフレンドリーである。「いいですねえ」とボクが声をかけると、「グラーツィエ!」と元気な声が返ってきた。名前はエドアルド・バウザーニさん。実をいうと、2週間前の本稿で、カシオ製スタンダードウオッチ愛用者のひとりとして紹介した彼である。

仕事を聞けば、ツアーガイドだという。より詳しくいうと、トレッキングやマウンテンバイクのツアーを先導する「アクティブ・トリップリーダー」というのが肩書だそうだ。

シエナ出身でありながら南部パレルモ大学を卒業し、ドイツのベルリン在住などを経て、今は再びトスカーナをベースにしているアクティブ派である。

2018年3月下旬、ガイオーレ・イン・キャンティの村にて。ファインダーをのぞいていると、レトロなクルマがフレームの中に現れた。
2018年3月下旬、ガイオーレ・イン・キャンティの村にて。ファインダーをのぞいていると、レトロなクルマがフレームの中に現れた。拡大
「127」のオーナーは気さくな青年、エドアルドさんだった。この127は1977年から5年にわたって造られた「シリーズ2」である。
「127」のオーナーは気さくな青年、エドアルドさんだった。この127は1977年から5年にわたって造られた「シリーズ2」である。拡大
ダッシュボード。「シリーズ2」以降のモダンなメーターパネルにも注目。
ダッシュボード。「シリーズ2」以降のモダンなメーターパネルにも注目。拡大
普段の足にガンガン使うのがエドアルドさん流。
普段の足にガンガン使うのがエドアルドさん流。拡大

明るい未来の兆し?

ところで、なぜ127に? 祖父のお古だろうか? すると彼は首を横に振った。「父の住まいの下階に、とあるお年寄りがガレージを持っていたんだ。彼が長年大切にしまっておいた127を譲ってもらったんだよ」

イタリアにおけるクルマの扱い方は2タイプに分かれる。クルマはサンダル代わりとする人がいるいっぽうで、かつて一生一代のお宝という覚悟で購入した人は、ひたすら大切に扱う。後者のタイプは大抵、イタリア人独特の古いものに対する愛着も持ち合わせている。元127オーナーのお年寄りは、まさにそうだったに違いない。

しかし、寄る年波によっていよいよ運転できなくなり、良好な状態のままガレージに死蔵してしまっている例が、昨今少なくない。

イタリアで若者が操るちょっと古いクルマというと、妙なチューニングやドレスアップが施されてしまっている場合が多い。しかしエドアルドさんのクルマは、まさに“素”である。趣味の良さを感じた。

彼に聞けば、これから80km離れた村を起点にしたトレッキングに行くという。例えクルマのことに詳しくないお客でも、一風変わったモデルで現れたガイドに、より親近感を抱くに違いない。

世界的なコンクール・デレガンスは、今日でも希少性がひとつの重要な尺度である。大衆車は「大量に生産された」というだけで、セレクションから外されてしまう。

エドアルドさんは2018年で32歳。今までの価値基準にとらわれない新たな感覚で古いクルマを楽しむ人によって、埋もれてしまったクルマにスポットが当てられることを、ボクはとてもうれしく感じるのである。

(文とイラスト=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=FCA、Akio Lorenzo OYA/編集=藤沢 勝)

ガレージも見せてもらった。ヴェスパもご覧のとおり。古いモノをこよなく愛する彼の趣味がうかがえる。
ガレージも見せてもらった。ヴェスパもご覧のとおり。古いモノをこよなく愛する彼の趣味がうかがえる。拡大
壁には自転車のコレクションも。地元のヴィンテージ自転車レースにも参加歴あり。
壁には自転車のコレクションも。地元のヴィンテージ自転車レースにも参加歴あり。拡大
「フィアット127」は、16年にわたるロングセラーとなった。
「フィアット127」は、16年にわたるロングセラーとなった。拡大
エドアルドさんは、愛車に乗って仕事先へと向かって行った。
エドアルドさんは、愛車に乗って仕事先へと向かって行った。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フィアット の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。