第24回:教えて! ヤマダ先生

2018.05.09 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
過日、さるイベントに参加するために訪れた富士スピードウェイにて。ここに来たら、webCG関係者はここで記念撮影しないとねえ。
過日、さるイベントに参加するために訪れた富士スピードウェイにて。ここに来たら、webCG関係者はここで記念撮影しないとねえ。拡大

すべては「どうせなら、ほった氏のバイパーで行かない?」のヒトコトで始まった……。『webCG』でもおなじみのモータージャーナリスト、山田弘樹氏が、取材先までのアシとして「ダッジ・バイパー」に試乗。ぽんこつリポーター(webCGほった)では気付けなかった、このクルマの魅力(?)を語る。

冬の間に干上がってしまったバッテリーの交換も兼ねて(実際にはバッテリー液の補充だけで済んだ)、この3月に定期点検に出した「トライアンフ・サンダーバードスポーツ」。いろいろな部分が、すっかり若返って帰ってきた。
冬の間に干上がってしまったバッテリーの交換も兼ねて(実際にはバッテリー液の補充だけで済んだ)、この3月に定期点検に出した「トライアンフ・サンダーバードスポーツ」。いろいろな部分が、すっかり若返って帰ってきた。拡大
動かすたびにじんわりガソリンが染み出したフューエルコックも新品に交換。うーん、いい。実にいい。新品の金属部品って、見ているだけですがすがしい気分になりませんか?
動かすたびにじんわりガソリンが染み出したフューエルコックも新品に交換。うーん、いい。実にいい。新品の金属部品って、見ているだけですがすがしい気分になりませんか?拡大
すがすがしい気分そのままに、いつもお世話になっている武蔵境通りのスターバックスに来店。ここのところ週末が忙しかったこともあり、久々の訪問であるが……。
すがすがしい気分そのままに、いつもお世話になっている武蔵境通りのスターバックスに来店。ここのところ週末が忙しかったこともあり、久々の訪問であるが……。拡大
店頭になにやら不穏な看板を発見。これは、記事製作のために長時間店に居座る記者への対策か? でも、その分たくさん飲食してたじゃん。大目に見てよ! ……など言ってもしょうがない。今後、こちらのスタバへは基本的にバイクで来よう。
店頭になにやら不穏な看板を発見。これは、記事製作のために長時間店に居座る記者への対策か? でも、その分たくさん飲食してたじゃん。大目に見てよ! ……など言ってもしょうがない。今後、こちらのスタバへは基本的にバイクで来よう。拡大

長く乗っててもクルマは飽きない

これはバイパーに限った話ではなくて、前に乗っていたミニも、バイクのトライアンフ号でもそうなのだけれど、ジドーシャというのは何年乗っていても、ふとしたきっかけで新しい発見があったりする。

車検をはじめとした定期点検の後の、操作感の変化なんかは最たる例。足腰やドライブトレインがしゃきっとしたクルマを走らせていると、「ああ、新車時のこのクルマって、こんな感じだったのかも」なんてタイムスリップした気分に浸れる。なにせ新車を買ったことがないのでね。

普段とは違う道を、違うペースで走るのも発見のきっかけになることが多い。過日、奥多摩周遊道路を助手席で居眠りする御仁を起こさぬようにしてドライブしたのは、非常に良い経験になった。

これらと並んで新しい発見が得られるのが、誰かと話をすること、人の運転を観察することである。

今回、普段はほとんどバイパーに人を乗せない記者が、ひょんなことからそのハンドルを人に預けることになった。それも、『webCG』でもおなじみの実践派モータージャーナリスト、山田弘樹氏にである。東京・世田谷-神奈川・観音崎間の珍道中で交わされた会話は示唆の宝庫で、かつて記者が記した“なんちゃって試乗記”(前編後編)よりよっぽど有意義だった。私的に記録をとどめる意味でも、その内容をここに記しておこうと思う。

……何が言いたいかというと、「一通りトラブルが解消して、連載のネタが切れました。益荒男(ますらお)2人のもっさい会話で、お茶を濁させてください」ということである。今回もまた、大洋のごとく広い心でお付き合いください。

あなたにおすすめの記事
新着記事