第4回:アメリカンクルーザーならではの悠然とした走りに浸る

2018.05.09 JAIA輸入二輪車試乗会2018
 
第4回:アメリカンクルーザーならではの悠然とした走りに浸るの画像拡大

大排気量Vツインならではの悠然とした走りが身上のアメリカンクルーザー。今回は「ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト」と「インディアン・スカウト ボバー」という、キャラクターの異なる2台の最新モデルを紹介する。

ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト
ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト拡大
 
第4回:アメリカンクルーザーならではの悠然とした走りに浸るの画像拡大
 
第4回:アメリカンクルーザーならではの悠然とした走りに浸るの画像拡大
 
第4回:アメリカンクルーザーならではの悠然とした走りに浸るの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2370×--×--mm
ホイールベース:1695mm
重量:305kg
エンジン:1868cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 4バルブ
最高出力:73ps(54kW)/8250rpm
最大トルク:155Nm(15.8kgm)/3000rpm
価格:273万4000円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2370×--×--mm
	ホイールベース:1695mm
	重量:305kg
	エンジン:1868cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 4バルブ
	最高出力:73ps(54kW)/8250rpm
	最大トルク:155Nm(15.8kgm)/3000rpm
	価格:273万4000円拡大

“黒船”の威容を感じる
ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト……273万4000円

大きさや力に物言わすというのは、良しあしはさておき圧倒的な手法だ。19世紀の東京湾に突如として現れたアメリカの軍艦が撃ち放った空砲に江戸の町民が腰を抜かして以来、僕らはアメリカに、少なくともアメリカンプロダクトに畏怖(いふ)の念を抱き続けている。などという大仰なことを、ハーレーの2018年モデルで採用された新しいユニット、ミルウォーキーエイトであらためて、かつ本気で思い知らされました。

このユニットで採用されている排気量は107と114。単位はキュービックインチ。慣れ親しんでいる数値に置き換えると1745ccと1868cc。今回初めて114に乗ったが、ハンパないっす。10mくらい先の地面を剛腕でつかまえて、鍛え上げた胸筋とともにグイッと手前に引き寄せるような、体ごと持っていかれる暴力的な加速。同じ2気筒でもレーサー的に速いエンジンは他にあるけれど、スピードの質が違う感じ。というか筋肉質。何より片方のシリンダーだけで900cc超って、今回の試乗会で乗ったドゥカティのスクランブラーが入っちゃうっつうの。いや、シリンダーにオートバイは入らないけれど、とにかく二輪では異次元的な大排気量をカタログモデルで成立させるハーレーの黒船的手法には恐れ入谷です。

さらにこのブレイクアウト、元はハーレーの特別仕様車CVO(カスタム・ヴィークル・オペレーション)で登場した出自を受け継ぎ、一見質素に見えつつ相当なカスタマイジングが施されている。フロントは自転車みたいな130mm幅の21インチタイヤ。リアは極薄40偏平で240mm幅の18インチタイヤを装着。光源を3分割したLEDヘッドライトに、ハンドルクランプに内蔵したデジタルメーターand more……。ここまでのカスタム要素を標準で盛り込むのもハーレーの真骨頂である。

圧倒的って英語でなんて言うんだ? ブレイクアウトか。違うね。Breakoutは「何かが起きる」だっけ。いずれにせよハーレーは事を起こし続けています。黒船以来ずっと。それも違うけれど、ニュアンスは伝わるでしょ?

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハーレーダビッドソン・ローライダーS 2019.8.28 画像・写真 ハーレーダビッドソンのラインナップに、豪快な走りが身上の「ローライダーS」が復活。大排気量の「ミルウォーキーエイト114」エンジンと、よりアグレッシブに調律されたサスペンション、各部がブラックアウトされたスタイリングが特徴の新型を、写真で紹介する。
  • ハーレーダビッドソンから「ローライダーS」登場 黒が特徴のアグレッシブなニューモデル 2019.8.22 自動車ニュース ハーレーダビッドソンからニューモデル「ローライダーS」が登場。ソフテイルファミリーに属する国内11番目のモデルで、パワフルで俊敏性の高い走りのキャラクターと、各部がブラックアウトされたデザインが特徴となっている。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
ホームへ戻る