フェラーリ812スーパーファスト(前編)

2018.06.14 谷口信輝の新車試乗 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。

“ありえないサウンド”にほれぼれ

今回は趣向を変えて、谷口信輝がドライブするフェラーリ812スーパーファストの助手席から彼のコメントを拾ってみることにした。

まずはステアリング上のスタート/ストップボタンを押してエンジンを始動。瞬時にして回り始めた珠玉のV12ユニットは、普通のクルマとは明らかに異なる高回転でアイドリングを始めた。

「えーと、走り始めるときはどうしたらいいんでしたっけ?」

そう問いかけてきた谷口に「右側のパドルを引くだけで発進できます。でも、もしもギアボックスはマニュアルがお好みなら、センタートンネルのところにあるオートスイッチを一度押してマニュアルモードに切り替えてください」と説明すると、「いや、まずはオートマチックで走ってみます」との答えが返ってきた。ほほー、意外にも谷口はオートマチックモード派なのか……。

オートマチックモードの場合、軽くアクセルを踏み込んだ状態ではトップエンドまで引っ張ることなく、3000~4000rpmで次々とシフトアップしていくが、それでも「フワーーーンッ!」と軽やかに響く抜けのいい音色は、フェラーリ以外にはありえない美しいサウンド。フェラーリミュージックと呼ばれるゆえんである。

ここで谷口は、まだ余力を残して走っていることを釈明するかのように「いやあ、ストレートじゃないと踏む気になれないですね」と口にしたが、いやいや、それでもすでにかなりのペースだ。

 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る