フェラーリ812スーパーファスト(後編)

2018.06.21 谷口信輝の新車試乗 「フェラーリ812スーパーファスト」の走りは、プロのレーシングドライバーである谷口信輝の目にどう映ったのか? 意外とも思えるその評価を、箱根のワインディングロードからお伝えする。

オトナのムードがただよっている

フェラーリのフラッグシップモデル、812スーパーファストをいつものように箱根のワインディングロードで試乗した谷口信輝。運転席から降り立つと、その伸びやかなデザインのボディーをしげしげと眺め始めた。

「外観は、フェラーリの割にはちょっとオトナな感じがしますね」 

フロントにV12エンジンを積んだ812スーパーファストは、スーパースポーツカーであると同時にグランドツアラー的な要素も備えている。しかも、フラッグシップなのだから威厳があって当然。そうした部分を指して谷口は「オトナ」と評したのだろうが、前作の「F12ベルリネッタ」に比べると、細部の処理を見直した影響でよりダイナミックな印象を与えるようになった。その説明に、谷口は次のように応えた。

「ああ、たしかにそうかもしれませんね。いずれにしても、一目でフェラーリとわかることだけは間違いありません。ところで、せっかくだからちょっとボンネットを開けてみませんか?」

スタッフが812スーパーファストの長いボンネットを開くと、その下からヘッドに赤い結晶塗装を施したV12エンジンが現れた。しかし、その位置はノーズの先端側から見るとはるか後方で、キャビンにめり込むようにして搭載されていることがわかる。

「エンジンは結構、遠いですね。なるほど、ノーズが長いのは、実はここのせいなんですね」 

 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大

フェラーリ812スーパーファスト
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/ホイールベース:2720mm/車重:1630kg(空車重量)/1525kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:800ps(588kW)/8500rpm/最大トルク:718Nm(73.2kgm)/7000rpm/タイヤ:(前)275/35R20/(後)315/35R20(ピレリPゼロ)/価格:4000万円


	フェラーリ812スーパーファスト
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/ホイールベース:2720mm/車重:1630kg(空車重量)/1525kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:800ps(588kW)/8500rpm/最大トルク:718Nm(73.2kgm)/7000rpm/タイヤ:(前)275/35R20/(後)315/35R20(ピレリPゼロ)/価格:4000万円
	拡大

関連キーワード:
812スーパーファスト, フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • 「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場 2019.9.9 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年9月9日、最高出力800PSの12気筒エンジンを搭載するオープントップモデル「フェラーリ812GTS」を発表した。最高速は340km/h、0-100km/hの加速タイムは3秒未満と公表される。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る