フェラーリ812スーパーファスト(後編)

2018.06.21 谷口信輝の新車試乗 「フェラーリ812スーパーファスト」の走りは、プロのレーシングドライバーである谷口信輝の目にどう映ったのか? 意外とも思えるその評価を、箱根のワインディングロードからお伝えする。

オトナのムードがただよっている

フェラーリのフラッグシップモデル、812スーパーファストをいつものように箱根のワインディングロードで試乗した谷口信輝。運転席から降り立つと、その伸びやかなデザインのボディーをしげしげと眺め始めた。

「外観は、フェラーリの割にはちょっとオトナな感じがしますね」 

フロントにV12エンジンを積んだ812スーパーファストは、スーパースポーツカーであると同時にグランドツアラー的な要素も備えている。しかも、フラッグシップなのだから威厳があって当然。そうした部分を指して谷口は「オトナ」と評したのだろうが、前作の「F12ベルリネッタ」に比べると、細部の処理を見直した影響でよりダイナミックな印象を与えるようになった。その説明に、谷口は次のように応えた。

「ああ、たしかにそうかもしれませんね。いずれにしても、一目でフェラーリとわかることだけは間違いありません。ところで、せっかくだからちょっとボンネットを開けてみませんか?」

スタッフが812スーパーファストの長いボンネットを開くと、その下からヘッドに赤い結晶塗装を施したV12エンジンが現れた。しかし、その位置はノーズの先端側から見るとはるか後方で、キャビンにめり込むようにして搭載されていることがわかる。

「エンジンは結構、遠いですね。なるほど、ノーズが長いのは、実はここのせいなんですね」 

 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
 
フェラーリ812スーパーファスト(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る