クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第508回:ウエットグリップ性能が長持ち!
雨に強い新タイヤ「ミシュラン・プライマシー4」を試す

2018.06.22 エディターから一言
散水路を走行する、「ミシュラン・プライマシー4」を装着した「トヨタ・クラウン」。
散水路を走行する、「ミシュラン・プライマシー4」を装着した「トヨタ・クラウン」。拡大

ミシュランのプレミアムコンフォートタイヤ「プライマシー」シリーズが第4世代に進化。「摩耗しても高いウエットグリップ性能を発揮する」といううたい文句は本当か? 散水路を含む特設コースで、新製品「ミシュラン・プライマシー4」の実力を試した。

2018年6月18日に日本導入が発表された「ミシュラン・プライマシー4」。欧州でも同年2月に発売されたばかりのプレミアムコンフォートタイヤである。
2018年6月18日に日本導入が発表された「ミシュラン・プライマシー4」。欧州でも同年2月に発売されたばかりのプレミアムコンフォートタイヤである。拡大
東京・新宿にて行われた発表会において、撮影に応じる日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長(右)と、“ミシュラン最古の従業員”ことビバンダム氏(左)。
東京・新宿にて行われた発表会において、撮影に応じる日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長(右)と、“ミシュラン最古の従業員”ことビバンダム氏(左)。拡大
発表会場に展示されていた「プライマシー」シリーズの歴代製品。左奥から、第1世代の「パイロットプライマシー」、第2世代の「プライマシーHP」と「プライマシーLC」、第3世代の「プライマシー3」。
発表会場に展示されていた「プライマシー」シリーズの歴代製品。左奥から、第1世代の「パイロットプライマシー」、第2世代の「プライマシーHP」と「プライマシーLC」、第3世代の「プライマシー3」。拡大

同じような見た目でも性能は全然違う

「タイヤなんて、サイズが合って溝さえあれば何だってOKでしょ?」……と、半ばそんな考え方から、摩耗が進んでいざ交換という際に“安さオンリー”で商品を選択するユーザーが少なからず存在するという。

とはいえ、少なくともこのサイトを目にする人にぜひもう一度認識してほしいのは、「唯一路面と接触する部品」であるタイヤとは、“車体を支える”という機能を筆頭に、“走り・曲がり・止まる”という運動性能や、静粛性、乗り心地といった快適性など、他に類を見ない多くの、しかも重要な役割を担っているということだ。

当然それは安全にも直結しているし、日々のカーライフをゆううつにも、あるいは楽しくもしてくれるアイテムといって過言ではない。極端に言えば、それひとつでクルマのキャラクターさえも一変させてしまうのが、1本当たりわずかハガキ1枚ほど――すなわち4本すべてでもA4サイズのコピー紙1枚ほどの面積だけで路面と接している、タイヤという代物なのである。

そんなタイヤは、乱暴に説明すれば、ゴムを中心とした練り物を成形した後、金型に入れて加熱・加圧することで化学反応させた工業製品である。となれば、その“練り物”自体にどのような物質を混ぜ込むかや、どんな温度や圧力で、どの位の時間化学反応させるか等々、そこで生かされるアイデアやノウハウはまさに無限大。それこそがタイヤメーカーの技術の見せ所である。

一見、皆同じように思える黒くて丸いタイヤというのは、1種類ごとにすべて固有のキャラクターを備えている。今回紹介する「ミシュラン・プライマシー4」の試走でも、そうしたタイヤという工業製品の特色を感じずにはいられなかった。

長く持続するウエットグリップ性能が特徴

世界No.1の販売本数を誇るわが日本のブリヂストンと、老舗として名を知られるフランスのミシュラン――規模の大きさや技術力の高さから、“世界のタイヤ両巨頭”とも紹介され、時にモータースポーツの世界でもしのぎを削ってきた双璧の一方であるミシュランが、この6月18日に日本に導入したのが、コンフォートタイヤ「プライマシー4」だ。

名称からも想像がつくように、このモデルは「プライマシー3」の後継として開発されたもの。当初は16インチから19インチまでの計36サイズの設定で販売されるが、2013年に発売されたプライマシー3との世代交代を行うために、順次バリエーションが拡大されていくという。

ヨーロッパ地域で2018年2月に発売されたこの製品の開発作業は、主として本社のあるフランスにおいて行われた。一方で、“プレミアムコンフォート”をうたう商品ゆえ、静粛性や快適性に関する部分では、「日本からの意見も反映されている」とのこと。走ればある程度のノイズが出るのは当たり前というヨーロッパ側の考え方に対し、静かさや乗り心地に対する見方は「やはり日本のユーザーが一番シビア」であるという。

回転方向性を持たないトレッドパターンはオーソドックスで、一見したところではプライマシー3と変わらないようにも思えるものの、摩耗時の溝体積減少を抑制するべくストレートグルーブのサイド壁部分を垂直に近づけたり、横断面の溝面積を周方向で均一化することでパターンノイズの音圧変動を抑える工夫を盛り込んだりと、実は“フルチェンジ”と呼ぶにふさわしい進化を遂げている。低温時の柔軟性を高め、ウエットグリップを向上させる配合剤として知られるシリカも、プライマシー3に対して「配合量をかなり高めている」という。

そんなプライマシー4のセリングポイントは「履き始めから履き替え時までウエットブレーキング性能の向上を実現させたタイヤ」というもの。かくして、テストのための舞台には、さまざまなバリエーションのウエット路面が用意されていた。

「トヨタ・クラウン」に装着された「プライマシー4」。製品名にも表れている通り、「プライマシー」シリーズとしては第4世代の製品となる。
「トヨタ・クラウン」に装着された「プライマシー4」。製品名にも表れている通り、「プライマシー」シリーズとしては第4世代の製品となる。拡大
「ユーザーの安全意識の高まりや、電動車の普及などを考慮し、今回はウエットグリップ性能や静粛性、省燃費性能の向上に力を注いだ」と語る、日本ミシュランタイヤ ブランド戦略マネージャーの大河内昌紀氏。
「ユーザーの安全意識の高まりや、電動車の普及などを考慮し、今回はウエットグリップ性能や静粛性、省燃費性能の向上に力を注いだ」と語る、日本ミシュランタイヤ ブランド戦略マネージャーの大河内昌紀氏。拡大
「プライマシー4」のトレッドパターン。タイヤに彫られたピッチの間隔を調整するなど、各所にロードノイズを抑えるための工夫がなされている。
「プライマシー4」のトレッドパターン。タイヤに彫られたピッチの間隔を調整するなど、各所にロードノイズを抑えるための工夫がなされている。拡大
「プライマシー4」の断面。トレッド部を通る4本の縦溝に注目。他の一般的なタイヤでは台形となっているのに対し、よりスクエアな形状となっている。
「プライマシー4」の断面。トレッド部を通る4本の縦溝に注目。他の一般的なタイヤでは台形となっているのに対し、よりスクエアな形状となっている。拡大
「プライマシー4」は“プレミアムコンフォートタイヤ”とうたうだけに、静的質感についても配慮。18インチ以上のサイズでは、サイドウオールに「プレミアムタッチデザイン」と呼ばれるベルベッド加工が施される。
「プライマシー4」は“プレミアムコンフォートタイヤ”とうたうだけに、静的質感についても配慮。18インチ以上のサイズでは、サイドウオールに「プレミアムタッチデザイン」と呼ばれるベルベッド加工が施される。拡大

うたい文句に偽りなし

テストイベントが開催されたのは、駆動系部品のサプライヤーであるGKNドライブラインが栃木県に所有するプルービンググラウンド。散水設備を備えたハンドリング路も擁するこの場所は、日本のミシュラン開発拠点のひとつでもあるという。

プライマシー4の実力の一端をまず垣間見たのは、ウエット路面上でのフルブレーキング時の挙動である。新品と残り溝2mmの摩耗品をプライマシー3との比較でチェックしたのだが、やはり摩耗品同士では制動距離の差が歴然としていた。特に205/55R16サイズを履いた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を用いての、初速80km/hからのウエットブレーキテストでは、減速Gの違いを体感できるほどだった。

一方、散水されたハンドリング路での、215/55R17サイズを履いた「トヨタ・クラウンアスリート ハイブリッド」での走行では、コンフォートタイヤらしからぬグリップ力の高さが印象に残った。

また、絶対的なグリップ力の高さもさることながら、限界を超えた際の挙動の穏やかさも注目に値するポイントで、「そろそろ前輪がグリップ力のピークだな」と感じられた後、あえてさらにステアリングを切り込んでいっても、急激にグリップ力を失うようなそぶりは見せなかった。雨の高速道路出口ランプへとオーバースピード気味に進入してしまったシーンを想像してもらえれば、こうした特性がそのまま安全性に貢献していることがイメージできるだろう。

プライマシー4のもうひとつの売り物である静粛性や乗り心地に関しては、今回のテストフィールドのみではなかなか判定が難しかったというのが正直なところ。それでも、荷重が高まってもパターンノイズが急増することがなかったのは、バンク下のフラット部分で横Gが高まった際に確認できた。

総じて、「幅広い車種とのマッチングが取りやすそうな、ウエット路面にすこぶる強いコンフォートタイヤ」というのが、今回のテストで得られた実感である。その仕上がりぶりは、なるほどミシュランの主力商品の一翼を担うに十分な実力という印象だ。

(文=河村康彦/写真=日本ミシュランタイヤ、webCG/編集=堀田剛資)

まずはウエット路面にて「プライマシー4」のブレーキング性能を試す。
まずはウエット路面にて「プライマシー4」のブレーキング性能を試す。拡大
今回の試走では、新品状態と残溝2mmまで磨耗させた状態の、2つの「プライマシー4」を使用。ちなみに、タイヤの残溝が1.6mm以上ないと車検に合格しない。
今回の試走では、新品状態と残溝2mmまで磨耗させた状態の、2つの「プライマシー4」を使用。ちなみに、タイヤの残溝が1.6mm以上ないと車検に合格しない。拡大
磨耗した「プライマシー4」と「プライマシー3」のウエットブレーキ性能の差は、制動距離はもちろん、減速Gの違いを体感できるほどだった。
磨耗した「プライマシー4」と「プライマシー3」のウエットブレーキ性能の差は、制動距離はもちろん、減速Gの違いを体感できるほどだった。拡大
水を撒いたハンドリング路において「プライマシー4」の性能をチェック。絶対的なグリップ性能の高さはもちろん、限界を超えた際の挙動の穏やかさも特徴だった。
水を撒いたハンドリング路において「プライマシー4」の性能をチェック。絶対的なグリップ性能の高さはもちろん、限界を超えた際の挙動の穏やかさも特徴だった。拡大
オーバルコースでの高速走行において、「プライマシー4」の静粛性を確かめる筆者。
オーバルコースでの高速走行において、「プライマシー4」の静粛性を確かめる筆者。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。