コンサバなセダンなんて言わせない!
トヨタ・クラウンの“挑戦の歴史”を振り返る

2018.06.29 デイリーコラム

自動車産業を変えたクルマ

1955年の誕生から60年以上にわたり、トヨタの看板車種として君臨してきた国産最長寿ブランドであり、日本を代表する高級車である「クラウン」。その伝統といい、成り立ちといい、ユーザー層といい、保守の王道のような存在……というイメージは、ここにきて従来より薄れつつあるのではないだろうか。そう思わせるきっかけとなったのは、2012年に登場した先代の「アスリート」のアグレッシブな顔つきであり、ピンクや空色、若草色の限定車などである。

先日発表された、6ライトウィンドウを採用した4ドアクーペ風の15代目のうたい文句は「挑戦と革新を続ける初代コネクティッドカー」。思い返せば、先代がデビューしたときの広報資料にも「クラウンはどの時代にも常に『革新』へと挑戦してきたクルマ」という記述があった。コンサバなイメージの払拭(ふっしょく)にやっきになっているように見えるが、トヨタがそう言いたくなる気持ちもわかる。その歴史を振り返ってみれば、決して保守一辺倒のクルマではなかったからだ。

そもそも戦後、他社が外国メーカーと技術提携を結び、乗用車のライセンス生産を進める中で、純国産にこだわったトヨタが独力で初代クラウンを開発したのは、その後の日本の自動車産業の方向性を左右するほどのチャレンジだった。「乗用車など輸入すればいい」という輸入車依存派と国産車育成派による国策レベルの議論は、クラウンの登場と成功によって終止符を打たれたのである。

クラウンが先陣をきって採用した技術や、切り開いたマーケットも少なくない。初代から例を挙げれば、ダブルウイッシュボーン/コイルの前輪独立懸架。四輪独立ならともかく前輪だけで? と訝(いぶか)る向きもあろうが、当時の日本では、ライセンス生産されていた外国車を除けば、乗用車といえども前後リーフリジッドのトラックシャシーを流用していた。ちなみにクラウンの前輪独立懸架の耐久性に不安を抱くタクシー業界向けに、トヨタは前後リーフリジッドのサスペンションを備えた「トヨペット・マスター」という兄弟車を同時に発売したのだった。

「トヨグライド」と名乗る自動変速機の登場も初代の時代、1959年である。当初は半自動の2段式で効率も低かったが、イージードライブ時代の到来を予測したトヨタの読みが正しかったことは、日本が世界一のAT大国となった後年の歴史が証明している。また、ごく少数しか作られなかったといわれているが、同年には国産乗用車としては初となるディーゼルエンジン搭載車も発表されている。

1955年1月に発売された「トヨペット・クラウン(RS)」。最高出力48psを発生する1.5リッター直4 OHVエンジンを搭載し、3段MTを介して最高速度100km/hを実現した。当初はモノグレード(スタンダード仕様)で、価格は101万5000円だった。ちなみに当時の大卒初任給は1万円前後である。
1955年1月に発売された「トヨペット・クラウン(RS)」。最高出力48psを発生する1.5リッター直4 OHVエンジンを搭載し、3段MTを介して最高速度100km/hを実現した。当初はモノグレード(スタンダード仕様)で、価格は101万5000円だった。ちなみに当時の大卒初任給は1万円前後である。拡大
初代「クラウン」と同時にデビューした「トヨペット・マスター(RR)」。前後リーフリジッドのサスペンションを持つシャシーに、クラウンと共通のパワートレインを搭載したタクシーキャブ用セダン。ドアなどボディーの一部は初代「コロナ」に流用された。
初代「クラウン」と同時にデビューした「トヨペット・マスター(RR)」。前後リーフリジッドのサスペンションを持つシャシーに、クラウンと共通のパワートレインを搭載したタクシーキャブ用セダン。ドアなどボディーの一部は初代「コロナ」に流用された。拡大
最初期の「トヨグライド」。Lレンジで発進してDレンジにセレクトする2段式で、「クラウン」セダンではなく、4ナンバーの商用バン/ピックアップの「マスターライン」にオプション設定された。トヨタとしても売れるとは思っていなかったのであろう。
最初期の「トヨグライド」。Lレンジで発進してDレンジにセレクトする2段式で、「クラウン」セダンではなく、4ナンバーの商用バン/ピックアップの「マスターライン」にオプション設定された。トヨタとしても売れるとは思っていなかったのであろう。拡大
1959年に追加された「クラウン ディーゼル」(CS20)。スタンダード仕様のボディーに1.5リッターディーゼルエンジンを積んだ国産初のディーゼル乗用車。約1.2tの車重に対して最高出力40psでは、さぞかし走らなかったのではないだろうか。
1959年に追加された「クラウン ディーゼル」(CS20)。スタンダード仕様のボディーに1.5リッターディーゼルエンジンを積んだ国産初のディーゼル乗用車。約1.2tの車重に対して最高出力40psでは、さぞかし走らなかったのではないだろうか。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること 2020.3.27 デイリーコラム モデル末期をにおわせる「トヨタ86」の限定車が登場。兄弟車「スバルBRZ」ともども、いよいよフルモデルチェンジのときが近づいてきたようだ。現時点で考えうる、デビュー時期やメカニズムについて予想してみた。
  • 2台そろって新世代へ 新型の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3スポーツバック」はどう違う? 2020.3.25 デイリーコラム 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続いて「アウディA3スポーツバック」の新型が登場した。ともにグループ内でCセグメントハッチバックの基幹車種と呼べるモデルだが、ブランドヒエラルキーのもとでどのような差がつけられているのだろうか。細かくチェックした。
ホームへ戻る