コンサバなセダンなんて言わせない!
トヨタ・クラウンの“挑戦の歴史”を振り返る

2018.06.29 デイリーコラム

自動車産業を変えたクルマ

1955年の誕生から60年以上にわたり、トヨタの看板車種として君臨してきた国産最長寿ブランドであり、日本を代表する高級車である「クラウン」。その伝統といい、成り立ちといい、ユーザー層といい、保守の王道のような存在……というイメージは、ここにきて従来より薄れつつあるのではないだろうか。そう思わせるきっかけとなったのは、2012年に登場した先代の「アスリート」のアグレッシブな顔つきであり、ピンクや空色、若草色の限定車などである。

先日発表された、6ライトウィンドウを採用した4ドアクーペ風の15代目のうたい文句は「挑戦と革新を続ける初代コネクティッドカー」。思い返せば、先代がデビューしたときの広報資料にも「クラウンはどの時代にも常に『革新』へと挑戦してきたクルマ」という記述があった。コンサバなイメージの払拭(ふっしょく)にやっきになっているように見えるが、トヨタがそう言いたくなる気持ちもわかる。その歴史を振り返ってみれば、決して保守一辺倒のクルマではなかったからだ。

そもそも戦後、他社が外国メーカーと技術提携を結び、乗用車のライセンス生産を進める中で、純国産にこだわったトヨタが独力で初代クラウンを開発したのは、その後の日本の自動車産業の方向性を左右するほどのチャレンジだった。「乗用車など輸入すればいい」という輸入車依存派と国産車育成派による国策レベルの議論は、クラウンの登場と成功によって終止符を打たれたのである。

クラウンが先陣をきって採用した技術や、切り開いたマーケットも少なくない。初代から例を挙げれば、ダブルウイッシュボーン/コイルの前輪独立懸架。四輪独立ならともかく前輪だけで? と訝(いぶか)る向きもあろうが、当時の日本では、ライセンス生産されていた外国車を除けば、乗用車といえども前後リーフリジッドのトラックシャシーを流用していた。ちなみにクラウンの前輪独立懸架の耐久性に不安を抱くタクシー業界向けに、トヨタは前後リーフリジッドのサスペンションを備えた「トヨペット・マスター」という兄弟車を同時に発売したのだった。

「トヨグライド」と名乗る自動変速機の登場も初代の時代、1959年である。当初は半自動の2段式で効率も低かったが、イージードライブ時代の到来を予測したトヨタの読みが正しかったことは、日本が世界一のAT大国となった後年の歴史が証明している。また、ごく少数しか作られなかったといわれているが、同年には国産乗用車としては初となるディーゼルエンジン搭載車も発表されている。

1955年1月に発売された「トヨペット・クラウン(RS)」。最高出力48psを発生する1.5リッター直4 OHVエンジンを搭載し、3段MTを介して最高速度100km/hを実現した。当初はモノグレード(スタンダード仕様)で、価格は101万5000円だった。ちなみに当時の大卒初任給は1万円前後である。
1955年1月に発売された「トヨペット・クラウン(RS)」。最高出力48psを発生する1.5リッター直4 OHVエンジンを搭載し、3段MTを介して最高速度100km/hを実現した。当初はモノグレード(スタンダード仕様)で、価格は101万5000円だった。ちなみに当時の大卒初任給は1万円前後である。拡大
初代「クラウン」と同時にデビューした「トヨペット・マスター(RR)」。前後リーフリジッドのサスペンションを持つシャシーに、クラウンと共通のパワートレインを搭載したタクシーキャブ用セダン。ドアなどボディーの一部は初代「コロナ」に流用された。
初代「クラウン」と同時にデビューした「トヨペット・マスター(RR)」。前後リーフリジッドのサスペンションを持つシャシーに、クラウンと共通のパワートレインを搭載したタクシーキャブ用セダン。ドアなどボディーの一部は初代「コロナ」に流用された。拡大
最初期の「トヨグライド」。Lレンジで発進してDレンジにセレクトする2段式で、「クラウン」セダンではなく、4ナンバーの商用バン/ピックアップの「マスターライン」にオプション設定された。トヨタとしても売れるとは思っていなかったのであろう。
最初期の「トヨグライド」。Lレンジで発進してDレンジにセレクトする2段式で、「クラウン」セダンではなく、4ナンバーの商用バン/ピックアップの「マスターライン」にオプション設定された。トヨタとしても売れるとは思っていなかったのであろう。拡大
1959年に追加された「クラウン ディーゼル」(CS20)。スタンダード仕様のボディーに1.5リッターディーゼルエンジンを積んだ国産初のディーゼル乗用車。約1.2tの車重に対して最高出力40psでは、さぞかし走らなかったのではないだろうか。
1959年に追加された「クラウン ディーゼル」(CS20)。スタンダード仕様のボディーに1.5リッターディーゼルエンジンを積んだ国産初のディーゼル乗用車。約1.2tの車重に対して最高出力40psでは、さぞかし走らなかったのではないだろうか。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(後編)【試乗記】 2020.1.9 試乗記 国産セダンユーザーの取り込みを狙う「ボルボS60」と、日本を代表するセダン「トヨタ・クラウン」を比較試乗。後編ではパワートレインとシャシー性能に注目し、SUV全盛期にあえてセダンを選ぶ理由を考える。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る