BEST BUY 2018 カーナビ | カロッツェリア サイバーナビ「AVIC-CL902-M」

基本性能だけでも価値がある 2018.06.30 Gear Up! 2018 Summer

サイバーがサイバーたるゆえん

2018年のサイバーナビ「902シリーズ」はこれまでの「901シリーズ」に、スマートフォン(以下スマホ)との連携を大幅に強化して使い勝手を高めたモデルで、これが最大のセリングポイント。しかしスマホ連携を解説する前に、サイバーナビはなぜサイバーなのか、その本質的な部分から解説したい。

サイバーナビの誕生は1997年、以来優れた測位性能、それを生かした正確無比な案内性能、さらには通信をいち早く採り入れてリアルタイムな渋滞情報を取得、昨今は安全運転支援にも役立てるなど、常に他をリードする存在であり続けている。ここ10年ほどはAV性能も強化、カー、ホームで長年培った音響技術の投入はサイバーナビに新しい魅力を与えた。

2016年に新しく生まれ変わった900シリーズでは通信技術をフル活用、さまざまな周辺データを考慮に入れて各ユーザーに合わせてくれる。これが「スーパールート探索」と呼ばれる機能で、サイバーナビでは現在地から目的地までのルート周辺情報など、長年蓄積された膨大なデータをすべて加味して真に早く到着できるルートを提示するだけでなく、料金が高くても早く着けるルート、時間は多少かかっても安いルートを同時に表示、ドライバーに選択の幅を持たせている。料金計算にはETCの利用日や時間帯まで考慮するという徹底ぶりだ。これらは数多くの秀でた機能のあくまで一部。サーバーを活用することで、音声による検索は認識率をアップ。刻々と状況の変わる駐車場の検索ではリアルタイム性の高い満空情報を提供することができる。

サイバーナビのナビ機能はほとんどが通信を介してサーバーが行なう。通信モジュールを使えば(スマホでも可)高速に処理できるうえ、6ルート表示もサイバーナビならでは。
サイバーナビのナビ機能はほとんどが通信を介してサーバーが行なう。通信モジュールを使えば(スマホでも可)高速に処理できるうえ、6ルート表示もサイバーナビならでは。拡大
ルート案内中により早く到着できる道が見つかった場合に出る新ルートの提案。どちらで行くかを決めるのはドライバー。
ルート案内中により早く到着できる道が見つかった場合に出る新ルートの提案。どちらで行くかを決めるのはドライバー。拡大
複数ルートをリスト表示させると違いが一目瞭然。有料道路を使用するルートでも低料金のルートも提示する。ヒヤリハット地点や冠水の可能性箇所がルート上にあるかどうかも一覧でわかる。
複数ルートをリスト表示させると違いが一目瞭然。有料道路を使用するルートでも低料金のルートも提示する。ヒヤリハット地点や冠水の可能性箇所がルート上にあるかどうかも一覧でわかる。拡大
AVIC-CL902-Mは高精細WXGA液晶の8V型ディスプレイを搭載する。サイバーナビは全機種、スマートコマンダーと呼ぶBluetoothワイヤレスリモコンを標準装備、よく使う機能を画面にタッチすることなく操作が可能。フロントカメラ、通信モジュールは型番に「-M」が付くモデルに同梱(どうこん)される。
オープン価格(実勢価格22万円前後/税別)
AVIC-CL902-Mは高精細WXGA液晶の8V型ディスプレイを搭載する。サイバーナビは全機種、スマートコマンダーと呼ぶBluetoothワイヤレスリモコンを標準装備、よく使う機能を画面にタッチすることなく操作が可能。フロントカメラ、通信モジュールは型番に「-M」が付くモデルに同梱(どうこん)される。
	オープン価格(実勢価格22万円前後/税別)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事