クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BEST BUY 2018 カースピーカー | スピーカー グレードアップへのいざない

いまどきのカーナビならスピーカーもアップグレードしたい 2018.06.30 Gear Up! 2018 Summer

その音で満足できますか?

ハイレゾだブルーレイオーディオだと高音質の音楽再生を声高にうたう昨今のカーナビ。だが、それはあくまで「高音質に再生できます」というだけで、実際あなたの耳に届く音は高音質でないかもしれない。なぜならカーナビから出る音楽信号は高音質でも、それにつながるスピーカーの能力が低いと高音質な再生音にならないからだ。音楽再生においてスピーカーが受け持つ役割は極めて大きく、再生音の善しあしはスピーカーで決まると言っても過言ではない。それはホームでもカーでも同じ。カーの場合、カーナビを新たに購入してもそれだけだと、クルマにもともと付いているスピーカーにつなぐことになる。すなわち音の出どころは純正スピーカー。高級車は別として、ハイレベルなスピーカーが最初から付いている例は極めてまれである。なぜか。コストを抑えたいからである。そこで車内でいい音で音楽を楽しみたいのなら、純正スピーカーを少し高級なスピーカーに交換することをお勧めする。

【エントリーユーザーにおすすめ】
今夏、カロッツェリアのカスタムフィットスピーカーに、ハイレゾ音源に対応したエントリーモデル「Fシリーズ」が発売された。TS-F1740Sは17cmウーファーと2.9cmトゥイーターの組み合わせ。1万6000円(税別)と求めやすい価格のセットモデルだが、ウーファーとトゥイーターそれぞれ単独の販売もある。Fシリーズの上にはCシリーズとVシリーズがある。
【エントリーユーザーにおすすめ】
	今夏、カロッツェリアのカスタムフィットスピーカーに、ハイレゾ音源に対応したエントリーモデル「Fシリーズ」が発売された。TS-F1740Sは17cmウーファーと2.9cmトゥイーターの組み合わせ。1万6000円(税別)と求めやすい価格のセットモデルだが、ウーファーとトゥイーターそれぞれ単独の販売もある。Fシリーズの上にはCシリーズとVシリーズがある。拡大
Fシリーズ(TS-F1740Sのみ)は、様々なクルマの取付けに広く対応するウーファー用のブランケットや、純正位置へ取付けできるトゥイーター用のブランケットを付属。
Fシリーズ(TS-F1740Sのみ)は、様々なクルマの取付けに広く対応するウーファー用のブランケットや、純正位置へ取付けできるトゥイーター用のブランケットを付属。拡大

メーカーお墨付きのスピーカーを選びたい

しかしどのスピーカーにも交換できると思ったら大間違い。クルマにはさまざまな制約があり、特に問題になるのが寸法。このクルマには何センチ径のスピーカーが入るのか、奥行きは大丈夫か、これらは正直、内張りを外してみないことにはわからない。スピーカーを買ってきたはいいが、いざ当て込んでみたらドアパネルと干渉して入らないでは話にならないからだ。この問題を解決してくれるのがパイオニアで言うところの、カスタムフィットスピーカーの名称で販売されている市販のスピーカーだ。人によってはトレードインスピーカーと言ったほうがわかりやすいかもしれない。これらはメーカーが事前にこのクルマに装着可能かどうかチェックがされたスピーカーのことである。特にドア内部に装着するウーファーについては取り付け寸法の問題が大きいので、対応済みのお墨付きは必須だ。ウーファーの装着にはさらにスピーカーが車両側と接する部分に対応できているかどうかも重要で、両者の間にバッフルボード、あるいはスペーサーと呼ばれるリング状のものが用意されているかどうかも重要事項。それを介することでビビリのないクリアな音が実現できるからだ。これもカスタムフィットスピーカーなら車種ごとに形状、厚さが最適なものが用意されているので安心できる。

【お手軽なモデル】
17cmウーファーと2.9cmトゥイーターを同軸配置したコアキシャルスピーカー、TS-F1740。8000円(税別)だから気軽にスピーカーチューンナップが楽しめる。
【お手軽なモデル】
	17cmウーファーと2.9cmトゥイーターを同軸配置したコアキシャルスピーカー、TS-F1740。8000円(税別)だから気軽にスピーカーチューンナップが楽しめる。拡大
【お手軽なモデル】
トゥイーターも単独販売される。型番はTST440、価格は5500円(税別)。車両の事情でウーファーの取り替えができない場合、トゥイーターの交換だけでも音質改善は望める。より高音質を望むならTS-T730〔1万2000円(税別)〕などという選択肢もある。
【お手軽なモデル】
	トゥイーターも単独販売される。型番はTST440、価格は5500円(税別)。車両の事情でウーファーの取り替えができない場合、トゥイーターの交換だけでも音質改善は望める。より高音質を望むならTS-T730〔1万2000円(税別)〕などという選択肢もある。拡大

幅広く対応できるカロッツェリアの製品群

中高音用のトゥイーターも交換することで音質は一変する。トゥイーターは指向性が高いのでガラスに反射させることなく直接リスナーの耳に向けられる角度調整機構をもつトゥイーターであれば望ましいが、純正の見栄えを残したい人は埋め込み型トゥイーターを選ぶこともできる。

こうしたあらゆる要望に応える体制を作っているのがパイオニア。カロッツェリアのブランドで長きにわたって車内音楽再生の実績を積み上げてきたメーカーだから音質への安心感は絶大だ。ハイエンドスピーカーを頂点にしたラインナップの中で、このカスタムフィットスピーカー群も充実した内容となっている。ウーファーとトゥイーターをセットにしたセパレートタイプを7モデルをそろえ、ウーファーはそれぞれに17cmと16cmを用意、廉価なモデルには10cmウーファーの用意もある。また、ダッシュにトゥイーターを設置できないクルマのためにウーファーとトゥイーターを同軸配置したコアキシャルタイプも5モデルを用意しているので、あらゆるクルマに対応していると言っていいだろう。

【ミドルユーザーにおすすめ】
こちらはかなりの音楽通でも満足できるカスタムフィットスピーカーのハイエンドモデルでVシリーズの、TS-V173S。レスポンスよく解像度の高い音楽再生が可能なため、ハイレゾ音源には最適なシステム。トゥイーター、ウーファーそれぞれに専用のクロスオーバー・ネットワークが与えられ、4chアンプで駆動すれば運転席に最適な音場空間を作ることができる。価格は6万円(税別)。
【ミドルユーザーにおすすめ】
	こちらはかなりの音楽通でも満足できるカスタムフィットスピーカーのハイエンドモデルでVシリーズの、TS-V173S。レスポンスよく解像度の高い音楽再生が可能なため、ハイレゾ音源には最適なシステム。トゥイーター、ウーファーそれぞれに専用のクロスオーバー・ネットワークが与えられ、4chアンプで駆動すれば運転席に最適な音場空間を作ることができる。価格は6万円(税別)。拡大
【ハイエンドユーザーにおすすめ】
カーオーディオを突き詰めた先にあるのがハイエンドの世界。これはウーファー、トゥイーターともに最高の部材、最高の設計で原音に極めて忠実な再生を追求した最高級スピーカーユニット、TSZ1000RS。価格は28万円(税別)。
【ハイエンドユーザーにおすすめ】
	カーオーディオを突き詰めた先にあるのがハイエンドの世界。これはウーファー、トゥイーターともに最高の部材、最高の設計で原音に極めて忠実な再生を追求した最高級スピーカーユニット、TSZ1000RS。価格は28万円(税別)。拡大

注意点を理解したうえで高音質カーライフを楽しみたい

なお、各種電子デバイスが車両内部を行き交う近年のクルマには内装を外す作業を推奨しないものもある。たとえばドア内部にエアバッグセンサーを置いているため、そこで下手な作業するとエアバッグが作動しなくなる可能性もあるからだ。それを理解したうえでスピーカー交換するのなら自己責任になるので、事前に自分のクルマは問題ないかどうか、自動車ディーラーに問い合わせておくとよい。

取り付けに関しても無難なのは専門店に任せること。彼らはこのクルマにはどんな製品が最適かをよく知っているし、配線もお手の物。カーナビで行う複雑な音質調整なども専門知識を生かしてユーザーの希望する音に短時間で仕立ててくれるからだ。

BEST BUY 2018 カーナビ | カロッツェリア サイバーナビ「AVIC-CL902-M」
BEST BUY 2018 カーナビ | パナソニック ストラーダ「CN-F1XD」
BEST BUY 2018 カーナビ | ケンウッド「MDV-Z905W」
BEST BUY 2018 カーナビ | その他の個性派ナビ4モデルを紹介
BEST BUY 2018 ドライブレコーダー | Data System「DVR3100」
BEST BUY 2018 ドライブレコーダー | その他の人気のドライブレコーダー8モデルはコレ!

音を極めたい人はバッフルにも最上級を求める。ハイグレードパッケージと呼ばれる高級仕様のこちらは、複数の異なる金属を組み合わせて不要な共振を徹底的に抑制した高級仕様。低域のレスポンスが劇的に向上するという。上の写真はホンダ車/BMW MINI向けのインナーバッフルで価格は2万1000円(税別)。こちらのパッケージも全9種が用意されている。
音を極めたい人はバッフルにも最上級を求める。ハイグレードパッケージと呼ばれる高級仕様のこちらは、複数の異なる金属を組み合わせて不要な共振を徹底的に抑制した高級仕様。低域のレスポンスが劇的に向上するという。上の写真はホンダ車/BMW MINI向けのインナーバッフルで価格は2万1000円(税別)。こちらのパッケージも全9種が用意されている。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。