三菱電機「UR-D200S」

こだわりの日本国内設計・生産モデル

三菱電機のドライブレコーダーは、幅62mm、高さ48mmの外寸の中に2インチのカラー液晶を配したコンパクト設計。他の新鋭機と比べて際立った新機能は特にないが、ドライブレコーダーとして求められる性能は第一級。高解像度200万画素と高精細1/2.9インチのイメージセンサー、対角154.8度の広角レンズを搭載し、画角の広い高画質映像を記録。さらにHDR(ハイダイナミックレンジ)合成技術により、トンネルから出たあとの明暗差が激しい場面での白つぶれ、夜間の黒つぶれを防止し、鮮明な映像を記録する。フレームレートと点滅周期が重なって無灯録画になりかねないLED信号にもしっかりと全国対応。GPS内蔵により専用ビューアー使用時に位置情報がわかる。また、24V電源にも対応し、大型トラックなどにも使用可能。広角レンズによりトラックなど高い視点でもクリアな映像の録画ができる。さらに本体の設計・生産は日本国内にこだわり、三菱電機ならではの検品体制で信頼の3年保証を実現している。

【スペック】
録画解像度:1920×1080(1080P HDの場合)
撮影素子:200万画素 1/2.9型CMOSイメージセンサー
レンズ画角:対角154.8°(水平121.3°・垂直62°)
フレームレート:29.9fps(5?30fps設定可)
後方録画:─
駐車監視:─
HDR:○
モニター:2インチ液晶
記録媒体:microSDカード(16GB)同梱

三菱電機「UR-D200S」
実勢価格 2万3000円前後
三菱電機「UR-D200S」
	実勢価格 2万3000円前後拡大
新着記事