第561回:ブランド撤退からはや5年……
イタリアにおけるダイハツ車の“いま”

2018.07.06 マッキナ あらモーダ!

イタリア人が見たミラ トコット

日本では2018年6月25日に、ダイハツの新型車「ミラ トコット」が発売された。いっぽうヨーロッパでは、ダイハツは2013年1月末で新車販売を終了している。2018年6月末で、はや5年5カ月も過ぎたことになる。

ミラ トコットを話のタネに、かつてダイハツ車を取り扱っていたシエナの地元自動車ディーラー、ユーロモータースに顔を出してみた。現在はトヨタの販売店である。所長のジャン・カルロさんにミラ トコットの写真を見せると、早速関心をもって観察し始めた。

ボクが印象を聞くと、「ヨーロッパ人向けというよりも、やはり日本市場で歓迎されそうなクルマですね」と彼は語る。理由を尋ねると、「スクエア基調のデザインですよね。イタリアでは今も、ボディーのコーナーを湾曲させたクルマが主流ですから」と、目の前にあった「トヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)」の形を手でなぞりながら語った。

ボクの目からすると、ミラ トコットからは過去のダイハツ製市販車にたびたび見られた「どこかで見たデザイン」的要素がほとんどなく、高いオリジナリティーを感じる。独自のマス(塊)感は、軽としては太めのA・B・C各ピラーと相まって、セリングポイントである安全運転サポートデバイスの存在を見る者に予感させる。

しかしながら、その“マス感”がヨーロッパ的感性とは異なる。カテゴリー違いであることを承知で記せば、ミラ トコットのそれは、「フォルクスワーゲンup!」にみられる、獲物を狙うかのような躍動感とは異なるのである。

こればかりは正解がないので、これ以上記すと不毛な議論になってしまう。言えるのは、ヨーロッパの人々の感性は、ミラ トコットとは別の次元にあるということだ。

「ダイハツ・ミラ トコット」
「ダイハツ・ミラ トコット」拡大
パリ・オペラ座前で、「ダイハツ・トレヴィス(日本名:ミラ ジーノ)」。2018年2月撮影。
パリ・オペラ座前で、「ダイハツ・トレヴィス(日本名:ミラ ジーノ)」。2018年2月撮影。拡大
2011年のジュネーブショーにて。同ショーへのダイハツの出展は、これが最後となった。
2011年のジュネーブショーにて。同ショーへのダイハツの出展は、これが最後となった。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事