軽商用車戦線に異状アリ!?
「ホンダN-VAN」がもたらした“革命”

2018.07.18 デイリーコラム

ホンダの「N」シリーズ第5弾は商用車

軽自動車は薄利多売のもうかりにくい商品だが、軽商用車にはこの傾向が特に強い。そこで三菱と日産は、軽乗用車の「eK」&「デイズ」シリーズを共同開発しながら、軽商用車はスズキ製のOEM車を扱う。スズキの「エブリイ」と「キャリイ」は日産と三菱のほか、マツダにも供給され、乗用車を手がける国内大手8社のうちで4社が扱う。「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」も、トヨタとスバルに供給されて、計3社が販売する。

OEM車を含めたエブリイの2017年度の月販平均は1万2139台になり(ワゴン仕様を含む)、「スズキ・ワゴンR」&「マツダ・フレア」や「ダイハツ・タント」&「スバル・シフォン」といった軽乗用車の販売台数を上回る。これくらいの規模で販売しないと軽商用車は成り立たない。

その点でホンダは独自性が強く、OEM関係を持たず、これまで軽商用車の「アクティ」を製造・販売してきた。そして2018年7月13日には、「アクティバン」の後継モデルとして「N-VAN」を発売した。

N-VANは、アクティバンとは開発方法を大幅に変えている。軽商用バンでありながら、軽乗用車の「N-BOX」をベースにした。先代(初代)N-BOXから数えると、Nシリーズとして5番目の車種になる。

N-VANは、N-BOXをベースにしながら、異なる点も多い。最も注目されるのは、助手席側のセンターピラー(天井を支えるボディー中央の柱)を前後のドアに組み込んだことだ。いわゆるピラーレス構造で、前後のドアを両方とも開いた時の開口幅は1580mmに達する。タントも似た構造だが、開口幅は1490mmだから、N-VANはかなりワイドに開く。

シートアレンジについては、後席に加えて助手席も床面へ落とし込むように格納できる。運転席を除いた車内全体がフラットな荷室になるから、荷物の収納性に優れている。ワイドな開口部を持つボディー左側から積む時も便利だ。

ルーフ形状もN-BOXとは異なり、N-VANは背が高い。N-BOXの全高は1790mm(2WD)だが、N-VANはロールーフでも1850mm、グレード数の多いハイルーフは1945mmに達する。荷物をたっぷりと積むことが可能だ。

エンジンはN-BOXと同じ「S07B」型で、自然吸気とターボを用意した。トランスミッションは、CVT(無段変速AT)に加えて、自然吸気エンジンでは6段MTも選べる。「S660」の6段MTをベースに、ギア比をワイド化。発進時は低いギア比で駆動力を高め、高速域では高いギア比によってエンジン回転数を抑えられる。

4WDはすべての仕様に用意されており、N-BOXに比べると、ビスカスカップリングのトルク容量を1.5倍に増やしている。デファレンシャルギアも1.5リッタークラスのものをベースに開発するなど、重い荷物を載せる商用車としての変更を加えている。

N-BOXがベースだから、外観がオシャレなことも特徴だ。特に「+STYLE FUN」や「+STYLE COOL」といった仕様については、内外装の質を高めて快適装備も充実させている。

ホンダの「N」シリーズ第5弾として2018年7月13日に発売された「N-VAN」。月販目標3000台に対し、発売日の時点ですでに6000台以上を受注しているという。
ホンダの「N」シリーズ第5弾として2018年7月13日に発売された「N-VAN」。月販目標3000台に対し、発売日の時点ですでに6000台以上を受注しているという。拡大
ライバル車である「スズキ・エブリイ」は、日産からは「NV100クリッパー」、三菱からは「ミニキャブ バン」、マツダからは「スクラム バン」として販売されている。
ライバル車である「スズキ・エブリイ」は、日産からは「NV100クリッパー」、三菱からは「ミニキャブ バン」、マツダからは「スクラム バン」として販売されている。拡大
「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」はトヨタからは「ピクシス バン」、スバルからは「サンバー バン」としてそれぞれ販売される。
「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」はトヨタからは「ピクシス バン」、スバルからは「サンバー バン」としてそれぞれ販売される。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る