プジョーがディーゼルの「308GT」に新開発の8段ATを搭載

2018.07.18 自動車ニュース
「プジョー308GT BlueHDi」
「プジョー308GT BlueHDi」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年7月18日、「プジョー308」の2リッターディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のトランスミッションを6段ATから8段ATへと変更し、販売を開始した。

 
プジョーがディーゼルの「308GT」に新開発の8段ATを搭載の画像拡大

今回の8段AT「EAT8」は、仏グループPSAの設計に基づき、アイシン・エィ・ダブリュが製造するもの。プジョー車としては日本初導入となる。

新たなユニットは小型かつ軽量であることがうたわれており、ギアの小型化やオイルポンプ外径の小径化、ケースの小型化などにより、従来の6段ATと同等の全長を実現。容積では逆に小さくなっているという。新たに採用したシフトバイワイヤも軽量化に寄与しており、車重も6段ATモデルと同等にとどめられている。

EAT8の搭載に伴い、従来「通常」と「スポーツ」の2種類であったドライブモードを、「エコ」を加えた3種類に拡充。あわせて、アダプティブクルーズコントロールを標準装備としている。

価格は従来モデルから2万円アップとなっており、5ドアハッチバックの「308GT BlueHDi」が359万円、ステーションワゴンの「308SW GT BlueHDi」が383万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る