プジョーがディーゼルの「308GT」に新開発の8段ATを搭載

2018.07.18 自動車ニュース
「プジョー308GT BlueHDi」
「プジョー308GT BlueHDi」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年7月18日、「プジョー308」の2リッターディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のトランスミッションを6段ATから8段ATへと変更し、販売を開始した。

 
プジョーがディーゼルの「308GT」に新開発の8段ATを搭載の画像拡大

今回の8段AT「EAT8」は、仏グループPSAの設計に基づき、アイシン・エィ・ダブリュが製造するもの。プジョー車としては日本初導入となる。

新たなユニットは小型かつ軽量であることがうたわれており、ギアの小型化やオイルポンプ外径の小径化、ケースの小型化などにより、従来の6段ATと同等の全長を実現。容積では逆に小さくなっているという。新たに採用したシフトバイワイヤも軽量化に寄与しており、車重も6段ATモデルと同等にとどめられている。

EAT8の搭載に伴い、従来「通常」と「スポーツ」の2種類であったドライブモードを、「エコ」を加えた3種類に拡充。あわせて、アダプティブクルーズコントロールを標準装備としている。

価格は従来モデルから2万円アップとなっており、5ドアハッチバックの「308GT BlueHDi」が359万円、ステーションワゴンの「308SW GT BlueHDi」が383万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る