クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

2018.08.02 読んでますカー、観てますカー

元妻まで登場するオールスターキャスト

トム・クルーズが『ミッション:インポッシブル』シリーズをリスタートさせたのは1996年。第1作で披露したぶら下がりアクションは、今やモノマネ芸の定番になっている。あれから22年、回を重ねるごとに作戦の不可能度はアップし続けている。第6作の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、ヘリコプターを使った超絶バトルが見せ場だ。

映画の冒頭では嵐の夜に不気味な男がイーサン・ハントの隠れ家にやってくる。合言葉という超クラシックな手法で本人確認を行い、渡されたのは『オデュッセイア』。本の中にはテープが仕込まれていて、再生すると今回のミッションが指令される。終了すると自動的に消滅するのは、TVシリーズからのお約束だ。作戦遂行にはデジタル機器が駆使されるようになってきたのに、この部分だけは昔のままである。

イーサンが率いる極秘諜報(ちょうほう)機関IMF(Impossible Mission Force)のチームに与えられた任務は、盗まれたプルトニウムを奪回すること。複数の都市で同時に核爆発を起こして世界を大混乱に陥れる陰謀が進められているらしい。相棒としてベンジー(サイモン・ペッグ)とルーサー(ヴィング・レイムス)というおなじみの2人がイーサンをサポートする。前回初めて登場したMI6の諜報員イルサ(レベッカ・ファーガソン)や、シンジケートのボスであるソロモン・レーン(ショーン・ハリス)も再登板。イーサンの元妻ジュリア(ミシェル・モナハン)まで復帰するというオールスターキャストである。

加えて謎の女“ホワイト・ウィドウ”やらCIAから派遣された監視役のウォーカー(ヘンリー・カヴィル)やらという正体不明のキャラクターがゴソゴソ出てくるので、ストーリーについていくのが大変だ。登場人物たちのセリフをしっかり追っていかないと取り残されてしまう。

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大

記録更新して高度は7620メートルに

裏切ったり出し抜いたりということが重なり、物語は二転三転する。複雑にしすぎていて爽快な展開が楽しめないのはちょっと残念な気もするが、大事なのはアクションシーンだ。今年56歳になったトム・クルーズは、またしてもスタントマンにまかせきりにせず自分で多くのシーンを演じている。

ビルの谷間やノルウェーの断崖絶壁でジャンプする場面が何度もあり、彼は合計106回も飛び降りたという。ついには壁に激突して右足を骨折するというアクシデントに見舞われる。医者は完治するまで9カ月かかると診断したが、リハビリに励んで6週間後には撮影を再開したというから驚く。指の骨はすべて折ったことがあるジャッキー・チェンを見ればわかるとおり、骨折はアクション俳優にとって勲章のようなものだ。

2011年の『ゴースト・プロトコル』では、ドバイのブルジュ・ハリファで地上828メートルのガラス窓に張り付いた。2015年の『ローグ・ネイション』では、軍用輸送機の「A400Mアトラス」のドアにしがみついて飛行。高度はほぼ倍増して1524メートルに達した。今回はその記録を超えることが求められる。アクションが行われる高度で映画の価値が決まるとは思えないが、数字が下がるとトーンダウンしたように受け止められてしまうのは仕方がない。

ということで、最高到達点は7620メートルまでエスカレート。「ボーイングC-17グローブマスターIII」から飛び降りるシーンがある。富士山の2倍以上の高度だから、低酸素症の恐れがある。特殊な酸素マスクを特注して撮影に臨んだというが、これは軍の精鋭部隊が敵地に潜入するためのパラシュート降下である。1日10回以上の訓練を4週間にわたって行い、本番を迎えたという。250km/h以上のスピードで飛ぶC-17から飛び出すという危険なスタントだ。

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大

階段落ちカーチェイスはさらに進化

そして、ヘリコプターのアクションをこなすために、トムは2000時間以上の訓練を経て操縦免許を取得している。狭い峡谷をすり抜けて低空飛行するという高度な技術をマスターし、自ら最新の高性能機を操った。600メートルの高度を飛ぶヘリコプターから垂らされたロープの先にある荷物まで数十メートル落下するというスタントも成功させている。

これ以上エスカレートすると、本気で命に関わりそうだ。年をとってもまだまだやれると意地を張るのも、そろそろやめたほうがいいのではないか。空中アクションがインフレーションを起こしているのに対し、安心して見られるのがカーアクションだ。このシリーズでは、毎回BMWを使ったカーチェイスが行われるのが定例となっている。『ゴースト・プロトコル』では「i8」と「6シリーズ」のカブリオレで、『ローグ・ネイション』では「M3」が登場した。

今回は「M5」である。BMWは現在映画とのコラボモデルを販売しているが、イーサンが乗るのは最新型ではない。5シリーズの第2世代となる「E28」で、M5としては初代モデルだ。撮影が行われたのはパリの中心部。朝6時から2時間だけ凱旋(がいせん)門やオペラ通りを封鎖したという。最初はオートバイに乗って70台ものクルマが走る中を逆走する。M5に乗り換えると、狭い路地をとてつもないスピードで駆け回った。

前回はM3で階段を駆け下りる場面があったが、今回はさらに進化した階段落ちだ。下っていく途中で180度ターンが入る。スタントコーディネーターのウェイド・イーストウッドが出した指示は、「クルマを180度回転させ、残り10度のところでハンドルを切ってクラッチを踏み、ローギアに入れろ」というものだったという。そんな高難度のスタントを要求するのもクレイジーだが、それを涼しい顔でこなしてしまう俳優もどうかしている。

(文=鈴木真人)

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.拡大

「BMW M5」
ミドルサイズセダンの「5シリーズ」をベースにした高性能版がM5。第2世代の「E28」から作られるようになった。初代M5は「M1」由来の直列6気筒エンジンを搭載していた。映画にはV8エンジンの現行モデルも少しだけ登場する。


	「BMW M5」
	ミドルサイズセダンの「5シリーズ」をベースにした高性能版がM5。第2世代の「E28」から作られるようになった。初代M5は「M1」由来の直列6気筒エンジンを搭載していた。映画にはV8エンジンの現行モデルも少しだけ登場する。
	拡大
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
2018年8月3日(金)全国ロードショー
配給:東和ピクチャーズ
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
	2018年8月3日(金)全国ロードショー
	配給:東和ピクチャーズ拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。