第521回:世界屈指の研究施設が日本に!
「ミシュラン太田サイト」にみるミシュランの商品開発の今

2018.08.19 エディターから一言
静粛性の高いタイヤを研究・開発するために「ミシュラン太田センター」に備えられた半無響室の様子。
静粛性の高いタイヤを研究・開発するために「ミシュラン太田センター」に備えられた半無響室の様子。拡大

世界的なタイヤメーカー、ミシュランが「世界3大R&Dネットワーク」のひとつとして設けている研究拠点「日本ミシュランタイヤ太田サイト(以下、ミシュラン大田サイト)」。群馬県南東部に位置するこの施設では、どのような研究がなされているのか? その内容から、ミシュランの商品開発の“今”を探った。

ミシュランのマスコットキャラクターであるビバンダム。ミシュランは世界第2位のタイヤメーカーであり、日本のブリヂストンと双璧をなす規模を誇る。
ミシュランのマスコットキャラクターであるビバンダム。ミシュランは世界第2位のタイヤメーカーであり、日本のブリヂストンと双璧をなす規模を誇る。拡大
ミシュラン太田サイトは、ミシュランが「世界3大R&Dネットワーク」のひとつに数えている研究開発拠点である。
ミシュラン太田サイトは、ミシュランが「世界3大R&Dネットワーク」のひとつに数えている研究開発拠点である。拡大

世界3大R&Dネットワークのひとつが日本に

『webCG』をご覧の方にとっては、「世界屈指のタイヤメーカー」というのが当然の理解であるはず。けれども例えば、クルマにさしたる興味はなく、免許を持っていないという人々の、特に少なからぬ女性陣の中からは「それって“星付きレストラン”のガイドブックですよね」という答えが返ってきても不思議ではなさそうなのが、今日のミシュランというブランドである。

日本のブリヂストンと共に、「世界のタイヤメーカーの両巨頭」と紹介するにふさわしいフランスのこのメーカーは、当然のように本国に広大なプルービンググラウンド(テストコース)を併設するR&Dセンターを構えている。が、世界に冠たるグローバル企業でもあるこのメーカーが、アメリカはサウスカロライナ州に置かれた拠点と並んで、「世界3大R&Dネットワーク」と呼ばれるもののひとつを日本に置いていることを知る人は、意外に少ないのではないだろうか。

「ジャーナリストを招き入れたことは、まだ数えるほどしかない」という日本のR&Dセンターを、このほど幸運にも取材することができた。訪れたのは、群馬県南東部に位置する人口約22万人の太田市。その郊外にある、「ミシュラン太田サイト」と呼ばれる拠点である。ちなみに、訪問した8月某日は、まさに気温が体温を上回る猛暑日。実はスバルの城下町としても知られるこの地は、日本きっての灼熱(しゃくねつ)の街である埼玉県熊谷市の隣というロケーションなのだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事