第522回:コンチネンタルタイヤの新製品に見る
複雑で奥深いスタッドレスタイヤ開発の裏側

2018.08.22 エディターから一言
コンチネンタルタイヤの新しいスタッドレスタイヤ「バイキングコンタクト7」。
コンチネンタルタイヤの新しいスタッドレスタイヤ「バイキングコンタクト7」。拡大

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、スタッドレスタイヤ「バイキングコンタクト」シリーズの最新モデルを2018年9月に発売する。この発表に合わせて、商品詳細についてメディア向けの勉強会が開催された。同社の営業部長を務める高橋徹雄氏が教えてくれたスタッドレスタイヤの奥深い世界とは?

従来の「バイキングコンタクト」シリーズとは一線を画す左右対称のトレッドパターンが特徴。サイズは60種類で、オープン価格での販売となる。
従来の「バイキングコンタクト」シリーズとは一線を画す左右対称のトレッドパターンが特徴。サイズは60種類で、オープン価格での販売となる。拡大
欧州で開発・生産される点がユニークな「バイキングコンタクト7」だが、日本での検証もしっかり行われているという。
欧州で開発・生産される点がユニークな「バイキングコンタクト7」だが、日本での検証もしっかり行われているという。拡大

キーワードは“欧州生まれ”

冬のドライブの強い味方となるスタッドレスタイヤは、シーズン前にユーザーへの訴求を図るため、夏に新商品を発表するのが一般的だ。今回、コンチネンタルタイヤからも、9月発売予定の「バイキングコンタクト7(以下、VC7)」がお披露目された。この新商品の特徴は、シリーズ初の左右対称パターンと新開発のコンパウンドにより、スタッドレスタイヤに求められる氷上性能を強化しただけでなく、ドライ路面も含め、冬場に遭遇するさまざまな走行環境下での安全で快適なドライブを可能にする、オールマイティー性を強化したことだ。特に左右対称パターンは回転方向を固定することで排水性を高め、シャーベット路面を含むウエット路面での走行性能を高めているのがポイントである。

もうひとつのポイントは“欧州生まれ”であることだ。国内メーカー、海外メーカーを問わず、日本で販売されるスタッドレスタイヤの多くは日本で開発されている。これに対してVC7は、欧州で開発・生産される生粋の輸入タイヤで、日本以外の地域でも販売される世界共通スペックとなっている。

そもそも、南北に長い日本列島では、ひとえに降雪地といっても場所によって環境が異なる。冬タイヤに求められる要件は多種多様でハードルが高く、海外メーカーでも日本に研究開発拠点を置くところが多い。それが理由で、海外開発のVC7の性能を疑う向きもいるかもしれないが、単に欧州のものを日本に持ち込んだだけと考えるのは早合点だ。このバイキングコンタクトシリーズは、日本市場のニーズにも焦点が当てられているからだ。開発はスカンジナビアやアルプスのテストコースで行うものの、北海道の公道や交通科学研究所の士別試験場など、日本での検証もしっかりと行っているという。

あなたにおすすめの記事
新着記事