第525回:スゴ腕テスターの走りを体験!
助手席で知った新型メガーヌ ルノースポールの魅力と実力

2018.08.31 エディターから一言
新型「メガーヌ ルノースポール」と、同車の開発に携わったルノー・スポールのロラン・ウルゴン氏(左)とフィリップ・メリメ氏(右)。
新型「メガーヌ ルノースポール」と、同車の開発に携わったルノー・スポールのロラン・ウルゴン氏(左)とフィリップ・メリメ氏(右)。拡大

新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」(以下、メガーヌR.S.)の日本導入に合わせ、ルノースポールの“走り”を決めるキーマンが来日。驚きのドライビング技術を持つ2人の運転を通し、新しいメガーヌR.S.の実力を体験した。

いよいよ日本に導入された「ルノー・メガーヌR.S.」。メガーヌR.S.としては3代目のモデルにあたる。
いよいよ日本に導入された「ルノー・メガーヌR.S.」。メガーヌR.S.としては3代目のモデルにあたる。拡大
ルノー・スポールでテストドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏。ニュルブルクリンクや鈴鹿サーキットなどでのタイムアタックも担当する、“FF車最速タイム請負人”である。
ルノー・スポールでテストドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏。ニュルブルクリンクや鈴鹿サーキットなどでのタイムアタックも担当する、“FF車最速タイム請負人”である。拡大
フィリップ・メリメ氏の肩書は「RIDE AND HANDLING CHIEF ENGINEER」。本人いわく「シャシー全般が私の担当」とのこと。ハンドリングが身上のルノー・スポールにとっては、重要人物である。
フィリップ・メリメ氏の肩書は「RIDE AND HANDLING CHIEF ENGINEER」。本人いわく「シャシー全般が私の担当」とのこと。ハンドリングが身上のルノー・スポールにとっては、重要人物である。拡大
「メガーヌR.S.」のテールゲートに装着された「R.S.」のバッジ。
「メガーヌR.S.」のテールゲートに装着された「R.S.」のバッジ。拡大

R.S.の実力をスゴ腕ドライバーの走りで知る

例えばスポーツカーなんかだと、いくら取材で借りたとしても公道では……というか、レーサーでもテストドライバーでもないぺーぺー編集部員の私では、実力を引き出せる範囲に限度ってものがある。メーカーのブランドイメージをけん引するハイパフォーマンスモデルともなれば、なおのことだ。

だからこそ、今回ルノー・ジャポンが開いたイベントは、個人的にもホントに興味深いものだった。タイトルは「新型メガーヌ ルノースポール ワークショップ」。いよいよ日本で発表&発売された新型メガーヌR.S.の実力を、同車を鍛えた2人のキーマンのドライビングで体感できるというものだ。しかもステアリングを握るのは、かつてニュルブルクリンク北コースで“FF車最速タイム”を記録したテストドライバーのロラン・ウルゴン氏と、ルノースポールのキモ中のキモであるシャシーのチーフエンジニア、フィリップ・メリメ氏である。記者は普段の試乗会とはまた違う緊張感をもって、会場である日本サイクルスポーツセンターへと向かった。

早速、助手席で感じたメガーヌR.S.の走りと、ウルゴン氏&メリメ氏のドラテクについて語りたいのだが、その前に新型メガーヌR.S.のおさらいをさせていただく。

2代目ルノー・メガーヌの時代に誕生したメガーヌR.S.は、今回の新型で3代目。2017年9月のフランクフルトショーで世界初公開され、日本でも同年の東京モーターショーでお披露目された。それから実に10カ月。ルノーファンをジラしにジラして日本導入が開始された新型メガーヌR.S.は、業界随一のハンドリングオタク軍団として誉れ高い(失礼!)、ルノー・スポールの面目躍如なクルマに仕上がっていた。ポイントはもちろん、マニアックな足まわりだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入 2019.6.18 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンが「A110S」を2020年の前半に日本に導入すると発表。292psの高出力エンジンを搭載した「A110」の高性能版で、サスペンションの剛性アップやワイドタイヤの装着といった改良が施されるほか、オプションでカーボンルーフも用意されている。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
ホームへ戻る