レクサス、2ドアクーペ「RC」をマイナーチェンジ

2018.08.30 自動車ニュース
「レクサスRC300h」
「レクサスRC300h」拡大

トヨタ自動車は2018年8月30日、2ドアクーペ「レクサスRC」にマイナーチェンジを実施し、世界初公開した。同車はパリモーターショー(開催期間:2018年10月2日~14日)に出展され、日本では同年10月下旬に発売される予定となっている。

「RC300h」のリアビュー。
「RC300h」のリアビュー。拡大
3連LEDのヘッドランプユニットとL字型のLEDクリアランスランプを組み合わせた、新デザインのヘッドランプ。
3連LEDのヘッドランプユニットとL字型のLEDクリアランスランプを組み合わせた、新デザインのヘッドランプ。拡大
新デザインのリアコンビネーションランプ。
新デザインのリアコンビネーションランプ。拡大
「RC300h」のインストゥルメントパネルまわり。
「RC300h」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「RC350」
「RC350」拡大
「RC350」のインテリア。
「RC350」のインテリア。拡大
5ダブルスポークの新しいアルミホイール。
5ダブルスポークの新しいアルミホイール。拡大
「RC350」のリアビュー。
「RC350」のリアビュー。拡大

内外装には上級モデル「LC」のイメージを採用

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアにレクサスの最上級クーペ「LC」の流れをくむデザインを採用。特にフロントまわりについては、ヘッドランプやそこから下に伸びるバンパーコーナー、スピンドルグリルの意匠、形状を変更することで、従来モデルからイメージを一新した。また、リアまわりでは操縦安定性を向上させるとともに、タイヤの“踏ん張り”を強調するためにバンパーコーナーにエアダクトを設置。リアコンビネーションランプもL字のデザインがより際立つものに変更している。

ボディーカラーも見直しを図っており、スポーティーさを際立たせる新規設定色「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」や「スパークリングメテオメタリック」を含む全11色の設定とした。

これらの変更に加え、スポーティーな仕様の「Fスポーツ」については、“F”ブランドに共通する新しい「Fメッシュパターン」のフロントグリルや、「LS」「LC」と同じイメージの専用19インチアルミホイールを採用している。

一方、インテリアについてはヒーターコントロールパネルとオーディオパネルをヘアライン調に変更するとともに、大型の二―パッドで両端から挟み込む構成に形状を変更。インストゥルメントパネルの上には、LCと同じアナログクロックを採用した。また、オーナメントパネルにはFスポーツに新採用した本アルミやダークグレーヘアラインを含む全5種類を用意。インテリアカラーはLCのイメージを継承した「オーカー」や、Fスポーツ専用のツートンカラー「ブラック&アクセントマスタードイエロー」を含む全7種類の設定としている。

多岐にわたる改良を通して走りの質を高める

空力性能の改善やサスペンションの改良、パワートレインのチューニングの変更など、今回のマイナーチェンジでは走りに関連する変更も実施されている。

具体的には、19インチホイール装着車によりグリップ性能の高いタイヤを採用することで、操舵応答性を向上。サスペンションには、ストローク速度が低い状態でも十分な減衰力を発生する改良型ショックアブソーバーや、より高剛性なブッシュを新たに採用した。

空力関連では、サイドウィンドウモールをフィン形状とし、リアバンパーにダクトを追加してホイールハウス内の圧力変動を軽減するなどして操縦安定性を改善。2リッタターボエンジン車については、アクセル操作に対するエンジンレスポンスを向上させることで、よりダイレクトな加速フィーリングを実現したという。

レクサスでは、RCはこれらの改良を通し、「高い車両安定性によるフラットかつ滑らかな乗り味と、LC譲りの運転操作に忠実なハンドリングを味わえる優れた運動性能を実現した」としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
RC, レクサス, モーターショー, パリモーターショー2018, 自動車ニュース

レクサス RC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る