第4回:スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ(後編)

2018.09.19 カーデザイナー明照寺彰の直言
「スズキ・ジムニーシエラJC」
「スズキ・ジムニーシエラJC」拡大

「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」のデザインを“完成している”と評した、現役カーデザイナーの明照寺氏。スズキが誇るもう1台の「デザイン的傑作」の話題も交えつつ、軽自動車のデザインの難しさ、ジムニーの造形の“すごさ”を語った。

2013年のクリスマスイブに発表、翌年1月に発売された「スズキ・ハスラー」。スタイリッシュな軽クロスオーバーとして、今でも根強い人気を保っている。
2013年のクリスマスイブに発表、翌年1月に発売された「スズキ・ハスラー」。スタイリッシュな軽クロスオーバーとして、今でも根強い人気を保っている。拡大
「ハスラー」の凝ったデザインを象徴するボディーサイドの処理。フェンダーパネルをふくらませつつ、ホイールアーチの縁に沿ってへこませることで、ホイールアーチが張り出しているように見せているのだ。
「ハスラー」の凝ったデザインを象徴するボディーサイドの処理。フェンダーパネルをふくらませつつ、ホイールアーチの縁に沿ってへこませることで、ホイールアーチが張り出しているように見せているのだ。拡大
今回のテーマはあくまで「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」だが、スズキがいかに軽自動車のデザインに卓越しているかを知るためにも、しばらくは「ハスラー」にまつわるトークをお楽しみください。
今回のテーマはあくまで「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」だが、スズキがいかに軽自動車のデザインに卓越しているかを知るためにも、しばらくは「ハスラー」にまつわるトークをお楽しみください。拡大

今日のスズキを代表するもう1台の“傑作”

プロも絶賛の新型ジムニーのデザインだが、その裏には「ハスラー」の成功もあると聞く。つまり、ハスラーで新しい軽SUV像を打ち出せたからこそ、ジムニーは思い切って原点回帰できたと、スズキの開発陣は語っていたのだが……。

******

明照寺彰(以下、明照寺):僕も、スズキといえば個人的にはハスラーです。ハスラーのデザインは、軽自動車の中でも一番かなと思っています。

永福ランプ(以下、永福):同感です。新しいのに奇をてらってない。シンプルでかわいくて力強い。

明照寺:ハスラーの何がすごいかというと、軽自動車はドア断面とかフェンダー部分に、寸法の余裕がまったくないわけですよ。その中で、わずかな寸法をうまく使って、結構丸みや厚みを感じさせているんです。

永福:そういうところですか!

明照寺:フェンダー部を見ると、上側のブリスターがしっかり付いて、その下に黒のクラッディング(樹脂部分)をこう回しているじゃないですか。だから、断面でいくと、1回出て引っ込んで、また出てって感じで、2段になっている。こういうことは、普通のクルマではしないです。「軽自動車を知りつくしてるな」って思いますね。

永福:実際には、オーバーフェンダーは出っ張ってないけど、出っ張っているように見せているということですか?

明照寺:そうです。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC/ジムニーシエラJC 2018.7.5 画像・写真 スズキが誇る本格オフロード4WD「ジムニー/ジムニーシエラ」が20年ぶりにフルモデルチェンジ。満を持して登場した新型の、いかにも“クロスカントリー車”といった武骨でスクエアなスタイリングを写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • スズキ・ジムニー『動く茶室』(Kiwakoto CRAFT-CAR) 2021.5.8 画像・写真 放送作家・脚本家である小山薫堂氏の要望を受け、Kiwakoto(キワコト)が京都の工芸職人とともにつくり上げた「スズキ・ジムニー」のビスポークカー。“動く茶室”となったジムニーの姿を、匠(たくみ)の技がやどるディテールとともに紹介する。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
ホームへ戻る