第571回:フィアットの御曹司が家電をプロデュース!
デザインのシンプル化の是非を考える

2018.09.14 マッキナ あらモーダ!

ラポの“ピンク洗濯機”

ガレージ・イタリアとは、フィアットの創業者ジョヴァンニ・アニェッリ(1世)の玄孫(やしゃご)、ラポ・エルカンが率いるデザインファクトリーである。それについては2015年の本稿第421回もご覧いただきたい。

2018年7月には、往年のイタリア製ビーチカーのイメージを踏襲した「フィアット500スピアッジーナ58」をリリースして話題を呼んだ。

そのガレージ・イタリアが2018年8月30日、ドイツ・ベルリンのエレクトロニクスショー「IFA」で、洗濯機「ミレニアル・ピンク」を発表した。イタリアの有名家電メーカー、キャンディとのコラボレーションによるものだ。

既存のキャンディ製ドラム式洗濯機「ビアンカ」をもとに、ボディーカラーにピンク色を採用。投入口のドアに偏光処理を施したものである。クロームパーツも追加した。

ベースとなった洗濯機ビアンカはキャンディの最先端モデル。スマートフォンを介した音声コマンドのほか、ディスプレイを兼ねたタッチ式「スマートリング」による操作を特色とする。

このミレニアル・ピンクは限定販売される予定である。

ガレージ・イタリアによるキャンディのドラム式洗濯機「ミレニアル・ピンク」(一番左)。
ガレージ・イタリアによるキャンディのドラム式洗濯機「ミレニアル・ピンク」(一番左)。拡大
ガレージ・イタリアによる「フィアット500スピアッジーナ58」。ラポ・エルカンがプロデュースし、実際の製作はピニンファリーナが担当している。
ガレージ・イタリアによる「フィアット500スピアッジーナ58」。ラポ・エルカンがプロデュースし、実際の製作はピニンファリーナが担当している。拡大
「ミレニアル・ピンク」。ドアには偏光ガラスが用いられ、本体には「GARAGE ITALIA」のマークも入る。右上がスマートリング。
「ミレニアル・ピンク」。ドアには偏光ガラスが用いられ、本体には「GARAGE ITALIA」のマークも入る。右上がスマートリング。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事