第572回:ブランド初のSUV「カリナン」を最後に電撃移籍!
ロールス・ロイスのデザイントップが中国の紅旗に

2018.09.21 マッキナ あらモーダ!

西の王者から東の王者へ

中国第一汽車集団(FAW)といえば、中国屈指の自動車メーカーであり、トヨタ、マツダそしてフォルクスワーゲンとの合弁でも知られている。

そのFAWが2018年9月11日、世界のカーデザインウオッチャーにとって驚くべきニュースを発表した。

ロールス・ロイス(RR)のデザインダイレクターであったジャイルズ・テイラー氏を、グローバルデザイン副社長兼チーフクリエイティブオフィサー(CCO)として抜てきしたのだ。

テイラー氏は1992年に英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業。同年にPSAプジョー・シトロエンにエクステリアデザイナーとして入社し、シトロエンの「クサラ」と「C3」のプロジェクトに携わった。

その後に移ったジャガーでは、現行「XJ」や「XK」を手がけた。

2011年には14年間勤務したジャガーを去ってRRに移籍。エクステリアデザイン統括となる。2012年からはデザインダイレクターに就任し、「ドーン」「ファントムVIII」のデザイン開発を主導した。最新作は2018年の「カリナン」であったが、去る6月に突如退職した。

テイラー氏の新たな活動拠点は、FAWがミュンヘンに新設するデザインセンターだ。そこでは、FAWの統一デザインストラテジーに携わるとともに、FAWの最高級車ブランドである紅旗のデザインを担当するという。

中国メーカーによる欧州のトップデザイナー採用例は、元アウディのヴォルフガング・エッガー氏を引き抜いたBYDなど、数々の前例がある。しかしテイラー氏の場合、洋の東西を代表する歴史的プレステージカーブランドを渡り歩くことになった。

2018年5月25日、イタリア・コモのコンコルソ・ヴィラ・デステ前夜祭で。「ロールス・ロイス・カリナン」とジャイルズ・テイラー氏。この1週間後に彼はロールス・ロイスを後にした。
2018年5月25日、イタリア・コモのコンコルソ・ヴィラ・デステ前夜祭で。「ロールス・ロイス・カリナン」とジャイルズ・テイラー氏。この1週間後に彼はロールス・ロイスを後にした。拡大
テイラー氏のグローバルデザイン副社長兼チーフクリエイティブオフィサー就任を伝える中国第一汽車(FAW)のウェブサイト。2018年9月11日。
テイラー氏のグローバルデザイン副社長兼チーフクリエイティブオフィサー就任を伝える中国第一汽車(FAW)のウェブサイト。2018年9月11日。拡大
「カリナン」公開の場となったヴィラ・デステで。テイラー氏はパッセンジャーシートに乗って現れた。
「カリナン」公開の場となったヴィラ・デステで。テイラー氏はパッセンジャーシートに乗って現れた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・カリナン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 ロールス・ロイス初のSUVは、単なる“SUVブームの産物”なのか? 北米で試乗した「カリナン」は、そんな思いを吹き飛ばすほどの実力と将来性、そして老舗高級ブランドならではのマナーを兼ね備えていた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ロールス・ロイス・カリナン 2018.5.11 画像・写真 2018年5月10日(英国現地時間)、「ラグジュアリーな正統派オフロード走行を実現する」とうたわれる、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」がデビューした。その姿を写真で紹介する。
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • BMW R18B(6MT)【レビュー】 2021.9.22 試乗記 BMWのビッグクルーザー「R18」シリーズに、巨大なカウルとサイドケースを備えた「R18B」が登場。ドイツ発のアメリカンツアラーは、どのような走りを味わわせてくれるのか。セグメントのど真ん中に切り込んだBMWの本気度を探った。
ホームへ戻る