クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第295回:伝説の中国車「紅旗」が新世代に突入!
お金があっても買えないクルマ!?

2013.05.10 マッキナ あらモーダ!

人民服は、もういない

中国・上海を歩く人々のファッションは、訪れるたびに洗練されていくのがわかる。YMO世代のボクは今でも中国というと、悲しいかな真っ先に人民服を想像してしまう。だが、今や上海でそれを着用しているのは「懐かしい姿で写真を撮ろう!」と叫びながら記念写真館の前で呼び込みをしているお姉さんだけである。

路上のクルマもしかりだ。昔の中国車など皆無である。
第294回の動画編をご覧いただければわかるように、今日この街の路上は、主に上海汽車(上汽)系の合弁会社である上海通用(上海GM)と上海大衆(上海VW)のクルマ、そして現地生産のドイツブランド車であふれている。

1958年8月、「紅旗」生産型第1号の「CA72-IE」型。エンジンは200馬力のV8。ラジエーターグリルは、扇を模したものである。なお、これ以前に、生産前に毛沢東主席の視察を受けた「CA71」と呼ばれる試作車も存在した。
1958年8月、「紅旗」生産型第1号の「CA72-IE」型。エンジンは200馬力のV8。ラジエーターグリルは、扇を模したものである。なお、これ以前に、生産前に毛沢東主席の視察を受けた「CA71」と呼ばれる試作車も存在した。
    拡大
 
「CA770」リムジン。1965年9月。
「CA770」リムジン。1965年9月。 拡大
記録には、このようなモダンなモデルもある。1975年「CA774」。
記録には、このようなモダンなモデルもある。1975年「CA774」。 拡大
「CA772TJ」特装パレードカー。
「CA772TJ」特装パレードカー。 拡大
アウディベースの「紅旗」。これは2005年に中国人宇宙飛行士の帰還パレードに用いた車両。
アウディベースの「紅旗」。これは2005年に中国人宇宙飛行士の帰還パレードに用いた車両。 拡大
「紅旗H7」。エンジンは2リッター直列4気筒と、2.5リッター/3リッターのV型6気筒、そして2リッター直列4気筒のプラグインハイブリッドの4種類。
「紅旗H7」。エンジンは2リッター直列4気筒と、2.5リッター/3リッターのV型6気筒、そして2リッター直列4気筒のプラグインハイブリッドの4種類。
    拡大

国の威信を背負ったクルマ

いっぽう、1966年生まれの筆者にとって、子どもの頃「世界の自動車」の類いで親しんだ中国車といえば「紅旗(ホンチー)」である。中国の政府高官、共産党幹部および国賓送迎用に造られた高級車だ。メーカーである第一汽車の資料によると、同社の長春(ちょうしゅん)第一工場で紅旗が誕生したのは、1958年8月のことだ。翌1959年の中華人民共和国建国10周年を控え、式典と技術力の象徴に高級車が必要だったのである。

エンジンは200馬力のV8が搭載されていた。初代「CA72」を設計するにあたり下敷きとなったのは1955年型クライスラーというのが定説だ。だが同時に、同じ社会主義国であったソビエトの高級車「ジル」あたりを参考にした可能性も十分にある。何しろ長春の自動車工場は、ソビエト製のトラック製造が、その始まりだからである。

1カ月後の1959年9月にはパレード用オープンモデル、さらに3座リムジンと、紅旗はそのバリエーションを増やしていった。やがて1965年には、「CA72」系の後継モデルである「CA770」系が誕生する。厳密には「CA770」がリムジン、「CA771」がセダン、「CA770J」がリムジンのオープン仕様だった。1969年には防弾仕様の「CA772」も加わる。

一般的にボクと同じか前後の世代が「紅旗」と聞いて想像するのは、国慶節などで鄧小平をはじめとする中国歴代国家首脳が乗っていた、このCA770系に違いない。

個人的なことで恐縮だが、1989年にボクは日本で紅旗を見たことがある。当時ボクが住んでいた東京郊外の街で、線路際の駐車場に雨ざらしで放置されていたのだ。そこは、手広く商業に携わっていた地元企業の所有だった。ましてやバブル全盛の時代だったことからして、客寄せのため、どこからか中古を手に入れたのだろう。
ある日、その生(?)の紅旗に近づいてみた。時代を超越した武骨な姿ながら、エンジンフード上の赤旗を模したマスコットや、トランクリッドの漢字バッジに、思わず「クール!」と声をあげてしまった。
それからしばらくして、その紅旗はこつぜんと姿を消した。まったく不動だったことからして、エンジンの調子が悪いか何かで展示するタイミングを失ってしまったものと思われる。

「ザ・紅旗」ともいえるCA770系に話を戻すと、メーカーの記録によれば、その後も1984年にランドー型の「CA770TJ」、リムジンの発展型「7560LH」といったバリエーションが造られた。

 
「紅旗H7」のインテリア。紅旗と聞いて、外国人が期待するエキゾチック感には乏しい。
「紅旗H7」のインテリア。紅旗と聞いて、外国人が期待するエキゾチック感には乏しい。 拡大
上海モーターショー2013に展示された「紅旗H7プラグインハイブリッド」。
上海モーターショー2013に展示された「紅旗H7プラグインハイブリッド」。 拡大
往年のモデルより単純化されているものの、H7にも赤旗をモチーフにしたマスコットが備わる。
往年のモデルより単純化されているものの、H7にも赤旗をモチーフにしたマスコットが備わる。 拡大
トランクリッドの漢字バッジも、「CA770」時代と同じ。
トランクリッドの漢字バッジも、「CA770」時代と同じ。
    拡大
上海ショー2013に展示された、「Lシリーズ」で最もホイールベースが短い「L5」。
上海ショー2013に展示された、「Lシリーズ」で最もホイールベースが短い「L5」。
    拡大
先に公表されていた「Lシリーズ」の最高級車であるリムジンの「L9」。なお中間車種「L7」も含め、Lシリーズは政府関係のみに納入されるとのこと。
先に公表されていた「Lシリーズ」の最高級車であるリムジンの「L9」。なお中間車種「L7」も含め、Lシリーズは政府関係のみに納入されるとのこと。
    拡大

今も顧客は政府関係のみ

やがて1992年に 新しい経済システム「社会主義市場経済」が中国に導入されると、紅旗も様変わりしてゆく。1995年にはアウディをベースに、数年後にはリンカーンの「タウンカー」を基にした紅旗が誕生した。
そして2006年7月には、4代目「トヨタ・クラウンマジェスタ」(S180型)をベースにした「HQシリーズ」が登場する。
このHQシリーズは昨2012年に新型である「H7シリーズ」に置き換えられ、中国におけるCセグメントモデルとして今日に至っている。

そうした“外資系”紅旗の傍らで、よりオリジナルに近いモデルの模索も続いていた。その先駆けとなったのは、2009年の建国60周年閲兵用に開発された「HQE」だった。エンジンは自社開発のV12といわれた。最初期モデルを知らない大半の人にとってそのラジエターグリルはパルテノン型を思わせたうえ、サイドのスタイルが「ロールス・ロイス ファンタム」に近似していたたことから、海外では「コピー車」としての報道が先行する結果となってしまった。

代って翌2012年の北京ショーで公開されたリムジン「L9」は、そのHQEの改良型でありながら、フロントやリアに往年のCA770系のイメージをよく再現していた。先日の上海モーターショーではL9とセダン版である「L7」、そしてさらにホイールベースが短い「L5」が展示された。このL5は今回がショー初公開という。紅旗のブースには、伝統的高級ブランドの再来をカメラに収めようと、多くの観客が押し掛けていた。

前述のように、長年にわたる紅旗ファンの筆者である。人波をかき分け、なんとか前方にたどり着き、担当スタッフに質問した。
彼によると、「H7」の価格は30万元(約480万円)からという。
ただし肝心のL系は、「政府関係にのみ納入します」というではないか。そう、昔の紅旗と同じ要人専用車なのである。
わが国の「トヨタ・センチュリーロイヤル」などとともに、いくらお金があっても新車を買えない、今日珍しいクルマということになる。

読者もご存じのとおり、今回の上海モーターショーでは、ランボルギーニ50周年記念の「アヴェンタドール」や、ブガッティの世界最速オープンカーなど、習近平体制の綱紀粛正策もどこ吹く風のような豪華モデルが次々と公開された。

「誰でもお金があれば何でも買える」時代に、その原則から外れたクルマがあってもいい。特にその昔誰にも買えなかった紅旗のトップレンジは、いつまでも「天上車」であってほしいと願うボクである。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=第一汽車、Akio Lorenzo OYA、Mari OYA)

 

 

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。