クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第6回:ボルボXC40(後編)

2018.10.03 カーデザイナー明照寺彰の直言
「ボルボXC40」
「ボルボXC40」拡大

好評を博す「ボルボXC40」の造形について、前編では全幅の広さや斜め後方の視界の悪さを指摘した明照寺彰氏。やはり、実用性を犠牲にした部分に関しては疑問もあるという。しかしディテールを見ていくと、その狙いや技巧にはうならされるところが確かにあったようだ。

すでに紹介したとおり、「XC40」はCセグメントに属するSUVでありながら、その全幅はまさかの1875mm! 前編では大いに物議をかもした。
すでに紹介したとおり、「XC40」はCセグメントに属するSUVでありながら、その全幅はまさかの1875mm! 前編では大いに物議をかもした。拡大
2017年夏にデビューした「ジャガーEペース」。(自称)コンパクトSUVでありながら、その全幅は1900mm(!)に達する。コンパクトとは一体……。
2017年夏にデビューした「ジャガーEペース」。(自称)コンパクトSUVでありながら、その全幅は1900mm(!)に達する。コンパクトとは一体……。拡大
左から「XC60」「XC90」「XC40」。車名の数字からもわかるとおり、なかなかに立派な体格のXC40だが、ボルボのSUV製品群の中ではエントリーモデルに位置する。
左から「XC60」「XC90」「XC40」。車名の数字からもわかるとおり、なかなかに立派な体格のXC40だが、ボルボのSUV製品群の中ではエントリーモデルに位置する。拡大
なんでいきなり「ダッジ・バイパー」なんて車名が出てきたかというと、webCGほったのマイカーがこれだから。全幅もスゴいが、排気量も燃費もスゴいゾ。
なんでいきなり「ダッジ・バイパー」なんて車名が出てきたかというと、webCGほったのマイカーがこれだから。全幅もスゴいが、排気量も燃費もスゴいゾ。拡大

グローバル化が招いた全幅のチキンレース

明照寺彰(以下、明照寺):今は、どこのクルマもグローバルでの販売を考えているので、車幅は広がる方向なわけです。日本車だって、多くのモデルがあらゆる国で売られるようになっていますから、やっぱり幅は広がる方向にあるわけですけど。

ほった:グローバルというのは、主にアメリカや中国なんでしょうか。

永福ランプ(以下、永福):まぁそうですよね。そのあたりの国のユーザーは、全幅をそんなに気にしませんし。

ほった:世間的には「1900mmぐらいまでならいいだろう」という感じなんですかね? 「ジャガーEペース」なんて、コンパクトSUVとか言っときながら幅が1900mmなんですけど。

明照寺:もうすでに、1900mmを超えるか超えないかっていうところまで来ちゃってますよね。自分が自動車デザイナーになった頃は、まだ「5ナンバー枠内で!」という国内市場の要求が、かなり大きかったんですが。

永福:それにしても、5ナンバー枠の全幅1700mm未満と、今の目安の1900mm未満じゃ、200mmも差があるわけで、まさかこんなに急激に肥大化するとは思ってませんでした。

明照寺:国内市場でも、5ナンバー枠にこだわる人があまりいなくなってきているのは確かですけど、それでもCセグで1800mm後半というのは、さすがにやり過ぎな気がするんです。ボルボもそうですが、ブランドによっては一応エントリーモデルじゃないですか。それがそこまで行くというのは、ちょっとどうなのかなぁ。

永福:このまま全幅の拡大が続くかと思うと、怖くなりますよ。果たして揺り戻しはあるのか……。

ほった:あってほしい気もしますね。

永福:「バイパー」の全幅がフツーになっちゃったら、日本の道路は破滅するもんね(笑)!

ボルボ XC40 の中古車

前と後ろの“オーバーハング”に見る狙い

明照寺:全幅はともかく、XC40のデザインはすごくキレイだと思います。たとえばリアゲートの下のほう、“オーバーハング”になってるじゃないですか。他のクルマには、ちょっとこういうのはない。

ほった:えぐれてますね。

明照寺:たぶん狙いとしては、フロントのオーバーハング――逆スラントのフロントマスクとあわせて、ウエストラインあたりからタイヤに向かってボディーがすぼまっていくように見せたいんでしょう。軽快感を出そうとしているのだと思います。

永福:下を軽く見せようとしているんですね。

明照寺:スケッチ段階では、そういうデザインはよく描かれますけど、量産になるまでそのままというのは、なかなかないですよ。なぜなら、どうしてもバランスが取れなくて、頭でっかちで重たい感じになってしまうからです。だけどこいつは、その下のボリューム感が強いので、それを支えられている。

永福:フェンダーを強く張り出すことで、バランスを取っている?

ほった:だから全幅がこんなに広くなっちゃったのかな。

明照寺:それもあるかもしれませんね(笑)。いずれにせよ、とにかくそのあたりの処理がすごくうまい。今どき、スラントが逆のクルマなんてないじゃないですか。空力用件を考えると確実に不利ですから。歩行者保護を考えても不利になる。

永福:ほとんど消えてしまったからこそ、逆スラントの力強さには、魅力を感じますねー。

ここでいうオーバーハングとは、登山用語で岩壁の面が垂直を超えて傾斜している状態のこと。「XC40」のテールゲートも、ガラスエリアの下側が突き出てバンパーの上部が引っ込んだ、オーバーハングの形状をしている。
ここでいうオーバーハングとは、登山用語で岩壁の面が垂直を超えて傾斜している状態のこと。「XC40」のテールゲートも、ガラスエリアの下側が突き出てバンパーの上部が引っ込んだ、オーバーハングの形状をしている。拡大
「XC40」のフロントマスクは、グリルの上部が突き出て下部が引っ込んだ、逆スラント型をしている。昔はBMWや「三菱ギャラン」などでも見られたデザインだが、空力性能や歩行者保護の観点から、今ではあまり見られなくなった。
「XC40」のフロントマスクは、グリルの上部が突き出て下部が引っ込んだ、逆スラント型をしている。昔はBMWや「三菱ギャラン」などでも見られたデザインだが、空力性能や歩行者保護の観点から、今ではあまり見られなくなった。拡大
「XC40」のサイドビュー。フロントとリアに内向きの面を入れ、“安定一辺倒”ではなくすことにより、若々しいイメージを演出しているという。
「XC40」のサイドビュー。フロントとリアに内向きの面を入れ、“安定一辺倒”ではなくすことにより、若々しいイメージを演出しているという。拡大
ほった:「『XC40』って、ずいぶん冒険したデザインのクルマだったんですね」
明照寺:「足元のボリュームがあればこその冒険ではありますが」
ほった:「『XC40』って、ずいぶん冒険したデザインのクルマだったんですね」
	明照寺:「足元のボリュームがあればこその冒険ではありますが」拡大

このデザインは“タイヤの踏ん張り”があればこそ

明照寺:さらに、いわゆるバンパーの出っ張りが明確なんですよ、このクルマ。

永福:うーん、言われてみれば。

明照寺:最近のデザインは、「極力バンパーっぽさをなくそう」という方向に向かっているんですけど、これはいわゆる“普通のバンパー”っぽい。前後とも逆スラントで、自然とバンパーの上に棚(たな)ができてしまうのでこうなるわけです。普通にやると古臭さが出ちゃうんですけど、そこもうまいこと処理されている。そういうところにも感心しますね。まあそれも、車幅がこれぐらい広いから成立しているんでしょうけど。なにはともあれタイヤが支えてくれますからね。

永福:重量ではなく、カタチをですよね。

明照寺:クルマって、タイヤ基準でデザインを考える側面があるので。タイヤの踏ん張り感はすごく重要なんですよ。だからこそ、フェンダーの強さってどんなクルマでも欲しいものなんです。

永福:デザイナーが全幅を余分にもらえたら、基本的にフェンダーのふくらみに使うんでしょうか?

明照寺:ドアに使うのもありますけど、でもまあ、極力フェンダーに使いたいな。

永福:なるほど。ではそろそろ、まとめとしてXC40のデザインについてひと言でお願いします。

明照寺:うーん、「その全幅、私にもよこせ!」って感じですね。

永福:デザイナーとしては、そういう言葉になるんですね~。

ほった:ちょっと思ったんですけど、デザイン画を最初に起こすときにはもう、細かいサイズとかは決まっているんですよね?

明照寺:決まっていることが多いですよ。クルマを造るときは、最初にまずパッケージが決まるんです。乗員の位置関係とか全長、全幅、全高、それと視界関係。それがすべて図面になっていて、それに沿ってデザインをするんです。まあ、場合によっては寸法を変えられないか相談したりもしますね。大きく変わらないことが多いですが。

ほった:じゃあXC40の場合も、デザイン以前の段階からこのべらぼうな全幅は決まっていたんですかね? 誰が言い出して決まったんですかね、この幅。

明照寺:どうでしょう。それはわからないなぁ(笑)。

(文=永福ランプ<清水草一>)

フロントグリルが逆スラントしていることもあり、「XC40」は今どきのクルマとしては珍しいほど、バンパーがはっきりと出っ張ったデザインをしている。
フロントグリルが逆スラントしていることもあり、「XC40」は今どきのクルマとしては珍しいほど、バンパーがはっきりと出っ張ったデザインをしている。拡大
ここまで紹介されてきたデザイン上の技巧も、すべては“タイヤの踏ん張り感”があればこそなのだ。
ここまで紹介されてきたデザイン上の技巧も、すべては“タイヤの踏ん張り感”があればこそなのだ。拡大
横方向はもちろん、前後方向で見ても「XC40」は足元に踏ん張り感がある。写真はホイールベースが同じ「マツダCX-5」との比較。全長が短い分、特にフロントのオーバーハングが切り詰められているのがわかる。
横方向はもちろん、前後方向で見ても「XC40」は足元に踏ん張り感がある。写真はホイールベースが同じ「マツダCX-5」との比較。全長が短い分、特にフロントのオーバーハングが切り詰められているのがわかる。拡大
永福:「明照寺さんも、全幅にゆとりをもらえたら、やっぱりフェンダーに使いますか?」
明照寺:「やっぱり、タイヤの踏ん張りは重要ですからねえ……」
永福:「明照寺さんも、全幅にゆとりをもらえたら、やっぱりフェンダーに使いますか?」
	明照寺:「やっぱり、タイヤの踏ん張りは重要ですからねえ……」拡大
 
第6回:ボルボXC40(後編)の画像拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC40 の中古車
関連キーワード
XC40ボルボ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。