第529回:長野県の白馬村を舞台に誕生70周年を祝う
「70TH ANNIVERSARY JAPAN LAND ROVER DAY」

2018.10.18 エディターから一言
白馬の景色をバックに、全国から集まったランドローバーがパレードを繰り広げる姿は実に壮観だった。
白馬の景色をバックに、全国から集まったランドローバーがパレードを繰り広げる姿は実に壮観だった。拡大

「百聞は一見に如(し)かず」とはよく言ったもので、会場に足を運び実際にこのイベントに参加しなければ、おそらく日本のオーナーたちの情熱や愛情を一生理解することなく終わったかもしれない。場所は長野県の白馬村。そのイベントとは、ランドローバーのブランド誕生70周年を祝う「70TH ANNIVERSARY JAPAN LAND ROVER DAY」である。

パレードの前に、メインステージ前で記念撮影。中央の「レンジローバー イヴォークコンバーチブル」が先導を行った。
パレードの前に、メインステージ前で記念撮影。中央の「レンジローバー イヴォークコンバーチブル」が先導を行った。拡大
貴重な初代レンジローバー(1978年式)も展示。大勢の参加者のフォトスポットになっていた。
貴重な初代レンジローバー(1978年式)も展示。大勢の参加者のフォトスポットになっていた。拡大
ステージではトークショーやランドローバーにまつわるクイズなどが行われ、大いに盛り上がっていた。
ステージではトークショーやランドローバーにまつわるクイズなどが行われ、大いに盛り上がっていた。拡大

2018年の今年は70周年

ファンには今更の説明かもしれないが、ランドローバーは1948年に誕生したイギリスの自動車ブランドだ。同年4月、オランダはアムステルダムで開催されたモーターショーに「ランドローバー」という四輪駆動モデルを出展したことが、同ブランドの始まりだとジャガー・ランドローバー社は紹介している。よって2018年の今年は70周年、という計算である。

70周年といえば、昨2017年に70周年を迎えたフェラーリとほぼ同い年。「老舗の四駆メーカーっぽく思われているけど意外と歴史が浅いのね」と思ったアナタ、しかし、もともとは第1次世界大戦前の1904年に「ローバー8」を生み出した今はなきローバー社がルーツ。例えば、プジョーのように歯車の製造まで入れて200年の歴史……的なロジックで言えば、ルーツから数えるとちょうど今年が140周年という、倍の歴史的重みが加わる。

ランドローバーは、そのローバー社が開発した四輪駆動モデルだというのは前述の通りで、2015年に生産が終了し現在でも根強いファンを持つ「ディフェンダー」の源流だ。今でこそ「シリーズI」と呼ばれるが(それは後にシリーズII、IIIと進化していったからだ)、当時はこのランドローバーがそのまま車名でもあった。

小学生のころ、タミヤの「1/35MMシリーズ」にラインナップしていた「イギリス陸軍Special Air Service(SAS)ランドローバー・ピンクパンサー」(シリーズIがベースでボディーがその名の通りピンクなのだ)を、同じシリーズの「イギリスSASジープ」とともに何台も作り込み、勝手に一個小隊を編成し(片や戦後、片や戦中という史実を無視……というよりも全く知らなかった)悦に入っていたのは、今考えれば恥ずかし過ぎて誰にも言えない黒歴史である。

あなたにおすすめの記事
新着記事