第108回:駆けぬける節約

2018.10.23 カーマニア人間国宝への道

事故車上等!

スーパーカーブーム世代のカーマニア、クリさん(『フェラーリ360モデナ』オーナー)が購入を検討中の、修復歴アリ「BMW 320d」。

3年落ち走行2.7万kmで、車両本体価格179万円というのは、猛烈に安い。修復歴ナシだと、相場は300万円弱くらい。それより確実に100万円は安いのだ。さすが激安店の事故車。

中古車の魅力は、なんといっても安さにある。安さは正義。正義はパワー。正義のパワーは修復歴に勝る! うおおおお!

が、かく言う私も、まだ事故車を買ったことはない。これまで中古車を30台以上買ったのに、事故車は微妙に避けてきた。

心持ちとしては「事故車上等!」と思ってきたが、私の場合、買い替えサイクルが早いので、下取りに不利な材料はプラマイゼロになりそうという事情もあった。

なので、クリさんが事故車の購入を検討中と聞いて、つい応援してしまいました。乗りつぶすつもりなら、一点の曇りもなく事故車上等! なのだから。

応援のかいあって、クリさんは男らしく購入を決意。ついに納車の日がやってきた。

クリさん「おはようございます! これから、激安訳アリ320dの引き取りに向かいます。まずは、運転してすぐわかるほどの不具合がないことを祈るばかりです。ドキドキ」

人生初事故車は、やはりドキドキするようだ。初めてフェラーリを買うようなものですね。

筆者が購入した“スーパーエリート号”こと「BMW 335iカブリオレ」の支払総額は279万円だった。
筆者が購入した“スーパーエリート号”こと「BMW 335iカブリオレ」の支払総額は279万円だった。拡大
クリさんは、購入検討中だった修復歴アリの「BMW 320dラグジュアリー」をついに購入。
クリさんは、購入検討中だった修復歴アリの「BMW 320dラグジュアリー」をついに購入。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
ホームへ戻る