第111回:「きぬた歯科」の野望

2018.11.13 カーマニア人間国宝への道

広告費は新車フェラーリ3台分

高速道路等から見える看板広告で、悪い夢でも見ているような強烈な印象をくれた「きぬた歯科」のきぬた院長。その原点は、若い頃、首都高から見た光り輝く看板群にあるという!

清水(以下 清):院長の看板は強烈なので、苦情もあるって聞きましたが。

きぬた(以下 き):苦情なんてもんじゃないですよ! そりゃあもう毎日です。一番すごかったのは、首都高1号線から見える品川区の看板ですね。横幅30m。首都高から見える看板の中では最大ですけど、そこに私の広告を出したら、近くのマンションの住民から、「ベランダからお前の顔しか見えない」「これじゃ生活できない」って。

清:ブワッハハハハハハハハハ!

き:そこは準工業地帯なので、まったく適法なんですが、大人の配慮で僕の顔は外しました。

清:きぬた院長の笑顔はナシに!

き:それでもダメだ、ピンクが嫌だと言われましたが、貼り替えるのに160万円かかるんですよ! そんなに何度も貼り替えられません!

清:意外と費用がかかるんですね。出してる枚数もメチャメチャ多いし。もう100枚くらいになってますか?

き:とんでもない! 300枚ですよ! 清水さんはフェラーリに乗ってるそうですけど、年間の看板広告費だけで、フェラーリの新車が3台買えるくらいかかってます。

清:ヒエー! 億ですね! 最近、きぬた歯科そっくりで名字と顔の違う看板も見かけますが、あれはフランチャイズ?

き:いや、全員うちから独立した歯科医です。本当はもう少しデザインを変えてほしいんですけど(笑)、ま、いいだろうと。なにしろうちは300枚出してるんで、うちには勝てませんから(爆笑)。きぬた歯科のマネをしてると捉えてもらえば、うちにもプラスなので。

JR西八王子駅前「きぬた歯科」インプラントセンターにて。
JR西八王子駅前「きぬた歯科」インプラントセンターにて。拡大
首都高速1号線勝島付近に設置されている「きぬた歯科」の看板。写真は貼り替え前のもの。(写真=きぬた歯科)
首都高速1号線勝島付近に設置されている「きぬた歯科」の看板。写真は貼り替え前のもの。(写真=きぬた歯科)拡大
設置場所は準工業地帯となっている。(写真=きぬた歯科)
設置場所は準工業地帯となっている。(写真=きぬた歯科)拡大
首都高速1号線勝島に設置された現在の「きぬた歯科」の看板。院長の顔写真のないデザインに変更されている。(写真=きぬた歯科)
首都高速1号線勝島に設置された現在の「きぬた歯科」の看板。院長の顔写真のないデザインに変更されている。(写真=きぬた歯科)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事