第14回:メルセデス・ベンツCLS(後編)

2018.11.28 カーデザイナー明照寺彰の直言
「メルセデス・ベンツCLS」
「メルセデス・ベンツCLS」拡大

メルセデスの新世代デザインを体現した新型「CLS」について、「シンプルだけど工夫が感じられない」と述べた明照寺氏。現役のカーデザイナーが語る、新しいクルマをつくる上で「あきらめてはいけないこと」とは?

「CLS」のフロントマスク。フロントグリルとヘッドランプを“ひとつながり”のデザインとすることで、ワイド感が強調されている。
「CLS」のフロントマスク。フロントグリルとヘッドランプを“ひとつながり”のデザインとすることで、ワイド感が強調されている。拡大
永福:「このヘッドランプ! 絶対なにかの動物ですよね」
明照寺:「そうですか?」
ほった:「そういえば、発表前のティザーイメージはL字形に光るヘッドランプを強調したものでしたね~」
永福:「このヘッドランプ! 絶対なにかの動物ですよね」
	明照寺:「そうですか?」
	ほった:「そういえば、発表前のティザーイメージはL字形に光るヘッドランプを強調したものでしたね~」拡大
逆スラントのフロントマスクが強調された「CLS」のスケッチ。
逆スラントのフロントマスクが強調された「CLS」のスケッチ。拡大

キモはやっぱり“逆スラント”

永福ランプ(以下、永福):われわれ一般人は、顔つきとかヘッドライトの形などのディテールにすごく目がいくわけですけども、その点CLSはどうなんでしょう。個人的には、サイドの面はすごくシンプルになったけど、顔のディテールは逆にやや複雑にして、印象に残るようにしたのかなと思いますが。

明照寺彰(以下、明照寺):細かい印象に関しては、人それぞれになっちゃうんですけど、おそらくグリルからヘッドライトまで1つの長いスパンで見せたいという意図はあるんだろうと思います。遠目から見て、できるだけ幅広く、ダイナミックに見せたかったんじゃないかな。

永福:いや、それはプロの見方ですよ。もっとディテールの話です。特にヘッドライトの形状。完全に何かの動物ですよね、コレ。

明照寺:この顔の一番の特徴は、逆スラントですよ。

永福:そっちですか。

ほった:逆スラント、つまりフロントフェイスの上のほうが突き出ていて、前にかぶさっている形状ですね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る