CAR NAVIGATION SYSTEM | Column
楽ナビかサイバーかユーザーの立場で語るカロナビ比較論

2018.12.03 Gear Up! 2019 Winter
【メニュー画面】
「プリウスPHV」のナビなし仕様に収まったカロッツェリア「AVIC-CL902-M」。ナビのまわりの黒いパネルがエスカッションパネル。これだけで2万1000円もする。9V型だと不要なのだが。
【メニュー画面】
	「プリウスPHV」のナビなし仕様に収まったカロッツェリア「AVIC-CL902-M」。ナビのまわりの黒いパネルがエスカッションパネル。これだけで2万1000円もする。9V型だと不要なのだが。拡大

6月に8V型サイバーナビを購入した筆者、その時点では楽ナビは視野になかったが、この秋9V型が出たとなると心は穏やかではない。微妙な立ち位置の両モデル。今ならどちらを選ぶ?

 
「トヨタ・プリウスPHV GRスポーツ」
「トヨタ・プリウスPHV GRスポーツ」拡大

サイバーナビを付けた!

私事だが、2018年6月に「トヨタ・プリウスPHV GRスポーツ」を購入したときに、発売されたばかりのサイバーナビ(以下サイバー)を装着した。選択肢はいくつかあった。条件は大画面であること、ドライブレコーダーと連携すること、測位性能や案内性能に優れていること、音楽の音質がよいこと、であった。プリウスPHVは9インチナビに対応しており、もちろん9インチナビを付けたかったのだが、該当する機種が少なく、上記の条件に合うものはなかった。ディーラー純正に9インチはあったが、高価格だし性能がイマイチ(そう)だったので除外した。そもそもこの車のユーザーならメーカー純正を選ぶのが普通である。なにしろ、縦長11.6インチの大画面は未来を感じさせるし、先進的なT-Connectサービスも付属する。でも、市販ナビをリポートする立場にある筆者が純正を選んでどうする。超魅力的な純正ナビに背を向け、あえてナビなし仕様を発注したのだった。

9インチに適当なものがなければ8インチに目を向けるしかない。このフィールドは結構粒ぞろい。三菱NR-MZ300PREMI、ケンウッドMDV-M805Lなどが手招きする。音がハンパないですよ、こちらはTYPE-Z譲りのハイレスポンスで価格も安いですよ、こんな甘い誘惑を振り切ってサイバーCL902-Mを選んだのは、やはりダントツな測位性能を持っていることを経験的に知っていたからだ。この性能の善しあしは筆者にとってナビの価値を計る最大の尺度なのである。もうひとつ、モニターが唯一XGAであることもサイバーを後押しした。どうせ買うならVGAより高精細なXGAのほうがいいに決まっている。

購入したモデルは型番にMが付くことからもわかるように、マルチドライブアシストユニット付きである。わざわざ高いモデルにしたのは、実際のドライブでこれがどう機能するか知りたかったのが第一だが、MAユニットはドライブレコーダー機能を持っているしスマートループを利用する際に必要な通信モジュールも同梱(どうこん)されるので、どちらも同時購入を考えるならMA付きモデルを選んだほうが割安感がある。なにせ別々に買えばナビ連動型の単品ドライブレコーダーND-DVR1で2万円(注:今ならVRECDS600が約2万1000円)、通信モジュールで2万5000円で計4万5000円。同じ機能が内蔵され、便利な運転支援機能も付いて6万円なら誰もがMAユニット付きを選ぶだろう。うまい価格設定である。

あなたにおすすめの記事
新着記事