第184回:XC70でも避けられない恐怖とは……
『ヘレディタリー/継承』

2018.11.29 読んでますカー、観てますカー

登場する女性がみんな怖い顔

事前知識なしに『ヘレディタリー/継承』というタイトルを見て、これがホラー映画だと考える人は少ないだろう。hereditaryとは“遺伝的な”とか “親譲りの”という意味の形容詞で、hereditary diseaseは遺伝病、hereditary propertyは世襲財産である。この映画は、確かに家族がテーマになっている。問題は、何が“継承”されるかだ。どうやら、あまり好ましいものではない。

グラハム家では家長の老母エレンが死去し、葬儀が行われた。家族が悲しみに包まれるのは当然だが、解放されたと感じてもいるようだ。精神的支柱であるとともに、厄介な存在でもあったのだろう。彼女の遺品が収められた箱に「私を憎まないで」というメッセージが残されていたのも変だ。

グラハム家の女性たちはみんな顔が怖い。エレンの死に顔が不気味なのは仕方がないが、その娘のアニー(トニ・コレット)の不機嫌さをたたえた怒りの表情には底知れない恐ろしさを感じる。孫娘のチャーリー(ミリー・シャピロ)は、『エクソシスト』『エスター』と続くホラー系恐怖少女の正統な後継者である。無表情の向こうに悪魔が控えているように見える。実際、死んだ鳥の首をハサミでちょん切ったりするから恐ろしい。

対照的に、男たちは穏健だ。父のスティーブン(ガブリエル・バーン)は落ち着いた風情の思慮深い紳士である。息子のピーター(アレックス・ウォルフ)は神経質なきらいはあるが、どちらかというとコメディー顔だ。

(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC拡大
 
第184回:XC70でも避けられない恐怖とは……『ヘレディタリー/継承』の画像拡大
 
第184回:XC70でも避けられない恐怖とは……『ヘレディタリー/継承』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事