第583回:【Movie】おじさんよ、熱く語れ!
イタリアの3輪トラック「アペ」のファンイベントに潜入

2018.12.07 マッキナ あらモーダ!

ファンの心に宿る独特の世界観

イタリア版3輪トラック「ピアッジオ・アペ」が2018年に誕生70周年を迎えたことは、本稿第574回の冒頭で記した。

イタリアには、アペのファンクラブ「アペ・クラブ・ディタリア」が2006年から存在する。ヒストリックカーとして珍重するコレクター、そして実用使いのヘビーユーザー、そのいずれもクラブでは歓迎している。そして「歴史を語り、ミーティングで情熱を分かち合う」と目的がうたわれている。

彼らは以前から、イタリア北部パルマ県のサルソマッジョーレ・テルメでファンイベント「ユーロアペ」を開催してきた。ことに、9月21日から23日まで3日間にわたって開催された2018年度は特別だった。

ロケーションはイタリア屈指の温泉保養地で、かつてミス・イタリアの定番開催地だったサルソマッジョーレ・テルメ。さらに、メーカーであるピアッジオが欧州排出ガス基準「ユーロ4」に適合した改良型を初日にメイン会場で発表するなど、70周年にふさわしい、盛りだくさんのプログラムとなった。

参加したのはドイツのクラブからの8台も含め約80台。その多くはより大きなトラックや陸送車に積載しての来場だった。しかし近隣都市からは自走組の姿もあった。さらに、ベルガモ在住の2人組は――法規上、アペは高速道路を走行禁止のため――深夜発で一般道を片道160km走ってやってきた。 

会期中は、周辺景勝地へのエクスカーションが毎日催された。距離は毎回往復24~30km程度。だが、ワイン蔵やチーズ工房見学をはさみながら、毎回5時間近くかけて走るという、スローなアペのスローツーリングが実践された。

おっと、前置きはこのくらいにして、アペのユーモラスかつにぎやかな走行シーンをとくとご覧いただこう。登場するアペファンたちの語りが、フェラーリやマセラティの愛好者に勝るとも劣らない独自の世界観に満ちているのにも注目していただきたい。

【パート1】

【パート2】

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真と動画=Akio Lorenzo OYA、大矢麻里<Mari OYA>/編集=藤沢 勝)

「ユーロアペ2018」は、サルソマッジョーレ・テルメ市街がベース。
「ユーロアペ2018」は、サルソマッジョーレ・テルメ市街がベース。拡大
ヴェローナのクラブ車両たちが並ぶ。
ヴェローナのクラブ車両たちが並ぶ。拡大
周辺景勝地へのエクスカーションが毎日催された。距離は往復24~30km程度だが、毎回5時間近くかけて楽しんだ。
周辺景勝地へのエクスカーションが毎日催された。距離は往復24~30km程度だが、毎回5時間近くかけて楽しんだ。拡大
「アペ」に対する愛情は、時に激しく。
「アペ」に対する愛情は、時に激しく。拡大
オフィシャルの皆さん。ジウジアーロデザインの「アペTM」をベースにしたトレーラーで参加車両を誘導した。
オフィシャルの皆さん。ジウジアーロデザインの「アペTM」をベースにしたトレーラーで参加車両を誘導した。拡大
地元エンターテイナーによるライブも。「お兄さん、脚きれい!」と女性参加者から羨望(せんぼう)のため息が。
地元エンターテイナーによるライブも。「お兄さん、脚きれい!」と女性参加者から羨望(せんぼう)のため息が。拡大
ファンによれば「スローな速度ゆえ、見えてくる景色がある」という。彼らの世界観に感化された筆者。
ファンによれば「スローな速度ゆえ、見えてくる景色がある」という。彼らの世界観に感化された筆者。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事