第16回:スバル・フォレスター(後編)

2018.12.12 カーデザイナー明照寺彰の直言
スバル・フォレスター
スバル・フォレスター拡大

たとえキープコンセプトであっても、従来モデルとの“違い”や“新しさ”を表現する方法はあるというのだが……。今回は、新型「スバル・フォレスター」のディテールを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が「国産車と輸入車の、考え方の違い」を語る。

先代(4代目)「フォレスター」のヘッドランプ。コの字型の発光部といい、ウインカーのレイアウトといい、現行型のデザインとよく似ている。
先代(4代目)「フォレスター」のヘッドランプ。コの字型の発光部といい、ウインカーのレイアウトといい、現行型のデザインとよく似ている。拡大
現行型「フォレスター」のヘッドランプ。ここだけを見て瞬時に新旧が見分けられたアナタは、相当な“スバル通(つう)”だ。
現行型「フォレスター」のヘッドランプ。ここだけを見て瞬時に新旧が見分けられたアナタは、相当な“スバル通(つう)”だ。拡大
先代モデルとの違いとして挙げられるコの字型のリアコンビランプだが、「この形に必然性がない」とのことで、評価はいまひとつの様子。
先代モデルとの違いとして挙げられるコの字型のリアコンビランプだが、「この形に必然性がない」とのことで、評価はいまひとつの様子。拡大
「アストンマーティンDB11」のリアビュー。リアコンビランプは、フェンダーパネルのふくらみやトランクリッドの造形に沿うようにデザインされている。
「アストンマーティンDB11」のリアビュー。リアコンビランプは、フェンダーパネルのふくらみやトランクリッドの造形に沿うようにデザインされている。拡大

洗練はディテールに宿る

永福ランプ(以下、永福):それにしても新型フォレスター、「超キープコンセプトで洗練度を増していく」という考え方自体はいいんですけど、これに関しては特に洗練された感じがしないんですが……。

明照寺彰(以下、明照寺):洗練のポイントっていろいろありますけど、例えばヘッドライトを見ても、輪郭はほぼ変わってませんよね。ライトの中に入ってる、“コの字”をした発光部の形も変わっていません。ヘッドライトやリアコンビランプの形状は、洗練のポイントとして非常にわかりやすい部分なので、そういうところをもう一工夫すれば、かなり印象は変わったんだろうと思います。

ほった:リアコンビランプは、確かに変わったなっていう気もしますけど。

永福:でもあれはいかにも小細工だし、逆に洗練度は落ちたようにも見えるよ。

明照寺:それは、ややグラフィックが強すぎて、造形と絡んでないからそう感じるんだと思います。例えば「アストンマーティンDB11」のリアランプもコの字型ですけれど、あれは造形の結果そうなっているような形状なんですよね。一方フォレスターのコの字型はそうは見えません。

永福:アストンマーティンDB11は、メチャメチャ美しいですよね……。

ほった:ここでDB11の話が出るとは思いませんでした(笑)。

永福:DB11を引き合いに出してもらって、フォレスターも「以て瞑すべし(もってめいすべし)」だね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(後編)【試乗記】 2020.1.9 試乗記 国産セダンユーザーの取り込みを狙う「ボルボS60」と、日本を代表するセダン「トヨタ・クラウン」を比較試乗。後編ではパワートレインとシャシー性能に注目し、SUV全盛期にあえてセダンを選ぶ理由を考える。
ホームへ戻る