第584回:旧型の人気も急上昇中!
ヨーロッパで「トヨタ・ランドクルーザー」が愛される理由

2018.12.14 マッキナ あらモーダ!

ランドクルーザーの販売が好調

ヨーロッパにおいて、「トヨタ・ランドクルーザー」を見かける頻度が最も高い都市といえば、フランスのパリである。

70系をベースにした駐車違反取り締まり用レッカー車は、もはや街の風景ともいえる。パリモーターショー2018のフォトギャラリーでも記したが、おかげでランドクルーザーにちょっぴり苦い思い出のあるパリジャン/パリジェンヌのドライバーは少なくないはずだ。

いっぽう今日の欧州圏におけるランドクルーザーの新車販売台数をみると、2018年10月には535台を記録している。前年同月が347台だから、1.5倍以上の伸びである。1月からの累計をみても5969台と、前年同期の4444台を大きく上回っている。価格は例えばフランスの場合、3万7400ユーロ(約480万円)からと、決して安い買い物ではないのに、売れているのだ。

パリで「ランドクルーザー」といえば、駐車違反取り締まり用レッカー車。
パリで「ランドクルーザー」といえば、駐車違反取り締まり用レッカー車。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(前編) 2014.8.25 画像・写真 10年ぶりに復活した本格クロカン「ランクル70」の姿を、写真で紹介する。
  • 第204回:ありがとうお金持ち 2021.4.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。アウディのスーパーSUV「RS Q8」で、夜の首都高に出撃。正直、SUVにさほど興味はなく、600PSともなれば「いったい誰が買うんだろう?」と思っていたのだが、その疑問は辰巳PAであっさり解消した!
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
ホームへ戻る