第584回:旧型の人気も急上昇中!
ヨーロッパで「トヨタ・ランドクルーザー」が愛される理由

2018.12.14 マッキナ あらモーダ!

ランドクルーザーの販売が好調

ヨーロッパにおいて、「トヨタ・ランドクルーザー」を見かける頻度が最も高い都市といえば、フランスのパリである。

70系をベースにした駐車違反取り締まり用レッカー車は、もはや街の風景ともいえる。パリモーターショー2018のフォトギャラリーでも記したが、おかげでランドクルーザーにちょっぴり苦い思い出のあるパリジャン/パリジェンヌのドライバーは少なくないはずだ。

いっぽう今日の欧州圏におけるランドクルーザーの新車販売台数をみると、2018年10月には535台を記録している。前年同月が347台だから、1.5倍以上の伸びである。1月からの累計をみても5969台と、前年同期の4444台を大きく上回っている。価格は例えばフランスの場合、3万7400ユーロ(約480万円)からと、決して安い買い物ではないのに、売れているのだ。

パリで「ランドクルーザー」といえば、駐車違反取り締まり用レッカー車。
パリで「ランドクルーザー」といえば、駐車違反取り締まり用レッカー車。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る