ルノー・メガーヌ ルノースポール(後編)

2018.12.20 谷口信輝の新車試乗 「本当に魅力的なクルマです!」 プロのレーシングドライバーである谷口信輝が「ルノー・メガーヌ ルノースポール」を絶賛するのはなぜか? その走りやデザインについて見どころを聞いた。

開発者のすごさが伝わる

新型ルノー・メガーヌ ルノースポール(以下、R.S.)が心底気に入った様子の谷口信輝。前編に続いて、彼が抱いた熱い思いを語ってもらうことにしよう。
「僕が理想としているのは、クルマと会話しながら、もしくはクルマとキャッチボールしながらドライビングすること。それはつまり、クルマからドライバーに正確に情報が伝わると同時に、ドライバーからクルマにも正確に情報が伝わることでもあります。これがメガーヌR.S.は飛び抜けてよくできている。おそらく、このクルマをまとめている人が優秀なんでしょうね」

メガーヌR.S.のまとめ役といえば、ルノー・スポールのスゴ腕テストドライバーとして有名なロラン・ウルゴン氏だろう。谷口はウルゴン氏の名前を知らなくても、彼の存在をメガーヌR.S.のハンドリングから感じ取ったようである。
「僕が言うのもおこがましいですけど、そのウルゴンさんがとにかく素晴らしいというか、完璧な人なんでしょうね。もう、これから出るルノーのクルマは、全部そのウルゴンさんにチューニングしてほしいくらいです」

「メガーヌR.S.にだってもちろんクルマとして完璧でない部分はあります」と谷口。
「例えば、発進するときに1速でフルスロットルにすればトラクションが不足してカタカタってホイールが細かく上下したりする。2速にシフトアップしても、最初はちょっとモヤモヤとしてからギューンと加速し始めるとかはありますよ。でも、これって排気量は1.8リッターでしょ? そりゃあ、探せば苦手なところは出てきますよ。ただし、普通に走っている限り、そんなことはまったく問題にならないと思います」

同じパワートレインでもギアボックスは大いに気に入った様子だった。
「走っている途中で、一度マニュアルシフトを試したんです。でもね、マニュアルだと忙しくて仕方ない。だから、すぐにシフトセレクターを右側に倒してオートマチックモードに戻しちゃいました。そのくらい、メガーヌR.S.のオートマチックモードは賢いですね。例えば、オートマチックのままでもクルマが勝手にどんどんシフトアップしたりしないから、シフトアップしてはキックダウン、またアップしてダウンってことが起きない。もう、オートマチックのままで全然問題ありませんよ」

 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(後編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(後編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(後編)の画像拡大
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(後編)の画像拡大

【ルノー・メガーヌ ルノースポールのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1435mm/ホイールベース:2670mm/車重:1480kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:279ps(205kW)/6000rpm/最大トルク:390Nm(39.8kgm)/2400rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y XL/(後)245/35R19 93Y XL(ブリヂストン・ポテンザS001)/ 燃費:13.3km/リッター(JC08モード)/ 価格:440万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:213.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:17.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:燃費 12.1km/リッター(満タン法)/9.6リッター/100km(約10.4km/リッター、車載燃費計計測値)


	【ルノー・メガーヌ ルノースポールのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1435mm/ホイールベース:2670mm/車重:1480kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:279ps(205kW)/6000rpm/最大トルク:390Nm(39.8kgm)/2400rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y XL/(後)245/35R19 93Y XL(ブリヂストン・ポテンザS001)/ 燃費:13.3km/リッター(JC08モード)/ 価格:440万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:213.6km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:17.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:燃費 12.1km/リッター(満タン法)/9.6リッター/100km(約10.4km/リッター、車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • 東京オートサロン2019(ルノー) 2019.1.11 画像・写真 人気の「メガーヌ ルノースポール」にMTが登場!? 東京オートサロン2019の会場より、「ルーテシア ルノースポール」の限定モデルに「トゥインゴGT」「メガーヌ スポーツツアラーGT」などなど、見どころ満点のルノーブースを紹介。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラック(4WD/6AT)/アルテオン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが開催したオールラインナップ試乗会に参加。webCG編集部は「パサート」の派生モデル「オールトラック」と「アルテオン」の新グレード「エレガンス」という、いずれもニューフェイスをチョイスした。果たしてその出来栄えは!?
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
ホームへ戻る