第586回:“花の都”の名にそぐわない!?
パリで“粘着テープぐるぐる補修車”が目立つ理由

2018.12.28 マッキナ あらモーダ!

ドライバーなら誰でも持ってる

2018年11月中旬、パリを中心にフランス各地で、マクロン大統領の燃料税引き上げに反対する人々が黄色い蛍光ベスト(gilets jaunes)を着用して抗議活動を展開した。

このベスト、日本の報道では「作業用の黄色いベスト」とだけ説明されているものが大半だ。しかし、フランス人なら誰でも持っているといってもいいほどのアイテムである。なぜか?

この国では車両故障の際などに車外へと出る場合、高い視認性を備えたベストを着用することが道路交通法で義務付けられている。そのため、クルマのグローブボックスや、ドアの内張りポケットの中などに常備されているものなのだ。

ちなみに筆者が住むイタリアでも2004年に法制化され、緊急時に着用していないと41ユーロから169ユーロ(約5000円~約2万1000円)の反則金、そして20点満点の免許証から2点が減点される。

筆者も法制化されたとき、慌てて自分と女房の分をカー用品店で買い求めた。ところが直後に自動車誌『クアトロルオーテ』に付録として付いてきた。なんだよ、早く教えてくれれば1着買うだけで済んだじゃないかと、ミラノの編集部に電話をかけたくなった。

今回、フランスで人々が着用しているのは黄色の蛍光ベストである。だが、EU統一基準に適合した製品として、黄色のほかにオレンジや赤も販売されている。

また、フランス・イタリア両国とも自動車を追う形で――順守している人はクルマに比べて少ないが――自転車に乗車する場合にも着用が義務付けられている。

このベスト、ガソリンスタンドやホームセンターのほか、大きなスーパーのカー用品売り場でも、かなりの確率で入手できる。だからこそみんなが着てデモに参加しやすいのだが、日本のメディアの報道からはこの事実が欠落している。

パリにて。国立工芸院前に駐車された「プジョー205」。車内には黄色いベストとともに「グローバル金融帝国主義者・移民推進主義者を阻止せよ」の貼り紙が。2018年12月撮影。
パリにて。国立工芸院前に駐車された「プジョー205」。車内には黄色いベストとともに「グローバル金融帝国主義者・移民推進主義者を阻止せよ」の貼り紙が。2018年12月撮影。拡大
週末デモの開催地のひとつ、レピュブリーク広場にて。この日は平日だったため集会こそなかったが、獅子像には黄色いベストならぬ黄色い布が掛けられていた。
週末デモの開催地のひとつ、レピュブリーク広場にて。この日は平日だったため集会こそなかったが、獅子像には黄色いベストならぬ黄色い布が掛けられていた。拡大
黄色の蛍光ベストを着用する筆者(模擬)。
黄色の蛍光ベストを着用する筆者(模擬)。拡大
路肩で救援を求める筆者(模擬)。黄色いベストは高品質なものでなければ、日本円にして400円程度が相場である。
路肩で救援を求める筆者(模擬)。黄色いベストは高品質なものでなければ、日本円にして400円程度が相場である。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事